一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは


 

お金がないけど引っ越したい

昔から一人暮らしにかかる家賃は収入の3分の1と言われています。

実際それに従って部屋を決める人も少なくありません。

が、しかし本当に家賃が収入の3分の1で大丈夫なのか。

今回はそんな疑問を解決するために、一人暮らしにかかる費用から適切な家賃と給料の比率についてまとめてみました。

スポンサードリンク

家賃が収入の3分の1だと手元に残るお金は0円?

一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは

仮に給料が手取りで20万円あったとします。

世間的に言われている3分の1に当てはめて計算すると家賃はおおよそ7万円。

項目 金額(月あたり)
家賃 70,000円
光熱費 約10,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約20,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約149,000円

月にかかる“最低コスト”は約15万円ほどです。

人によっては外食が多かったり、交際費や光熱費が増えるので手元に残るお金はもっと少なくなるでしょう。

 

フリーターなら残った5万円から住民税や保険、年金等を支払わなければならないので手元に残るお金はほぼ0円です。

社会人でも実家に毎月仕送りしたりすればほぼ貯金することはできません。恋人がいる人ならもっと交際費がかさみます。

計算してみると給料の3分の1でも生活はできるが、人によってはマイナス(赤字)になる可能性が高く、貯金はほぼできないと考えた方がよさそうです。

東京都内での一人暮らしに必要な金額詳細はこちら!

スポンサードリンク

給料と家賃のベストな比率とは

 

実際に一人暮らしをされている方や自分の経験を踏まえて言えば、家賃は収入の4分の1にするのが理想的だと思います。

同じく給料20万円で計算してみました。

項目 金額(月あたり)
家賃 50,000円
光熱費 約10,000円
ネット代 約4,000円
スマホ代 約5,000円
食費 約20,000円
雑費 約10,000円
交際費(交通費込み) 約30,000円
合計 約129,000円

月にかかる最低コストは約13万円で7万円ほどの余裕があります。

交際費や光熱費が少し高くなったとしても最低5万円ほどは手元に残るので貯金もできますし、ある程度余裕を持った生活ができます。

まぁでも、正直家賃としてはかなり安く、東京都内で一人暮らしをしようと思ったら妥協につぐ妥協をした物件(駅から超遠かったり、オンボロアパートだったり)になってしまいます。

住む場所を少し変えると安く借りられる

仮に職場が東京であったとしても出来れば東京に住むべきではありません。

東京都内は家賃が高いのに部屋が狭く、使い勝手が悪いです。それなら職場から30分程度の家賃が安めの駅近郊に住むべきです。

 

例えば埼玉なら川口、戸田公園などは東京に近く、しかも家賃が安いのでおすすめ。

その分、電車通勤になったり不便さは感じますが、住みたいエリアを少し変えるだけでも家賃相場はかなり変わるので一つの妥協案としてはありだと思います。

安くて条件の良い部屋を借りる方法

【例】

  1. 駅から離れている
  2. 日当たりが悪いなどの訳あり物件
  3. 築年数が古い
  4. 木造や軽量鉄骨のアパート
  5. 人気度の低い駅(急行が止まらない等)

こういった物件は家賃が安いです。築年数が古くても内装がフルリフォームされていると新築物件のような綺麗さで家賃も安いので個人的にはおすすめです。

あとは先ほど挙げたように住みたいエリアを変えるのも手です。

物件の探し方については、とにかく取り扱い物件数の多いサイトを使うようにしてください。スーモやホームズが有名どころで無難。

いきなり不動産に行って探してもらっても時間がかかるだけでたいした物件を提示してくれないのでおすすめしません。

最近は部屋を自分で探すのではなく探してもらうサイトもあるので使ってみるのも手。

イエプラというサイトは細かい条件をチャットで伝えられる上に最新の物件情報が半自動で送られてくるのでかなり効率的に物件を探すことができます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラ公式ページへ

無料で使えるサイトです。

ネットで物件を探すと良い物件を見つけてもすでに成約済みだったり、誰でも見られる情報なので人気物件はすぐに埋まってしまうので人とは違う部屋の探し方をすべきです。

トータルコストを考えるなら礼金と仲介手数料はムダ金なので、初期費用がどのぐらいかかるかも考えながら家賃の妥協ラインを決めましょう。

参考になれば幸いです。

 

の他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す