一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは


一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは

昔から一人暮らしにかかる家賃は収入の3分の1と言われています。

実際それに従って部屋を決める人も少なくありません。

が、しかし本当に家賃が収入の3分の1で大丈夫なのか。

今回はそんな疑問を解決するために、一人暮らしにかかる費用から適切な家賃と給料の比率についてまとめてみました!

スポンサードリンク

家賃が収入の3分の1だと手元は0円?

一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは

仮に給料が20万円あったとします。

世間的に言われている3分の1に当てはめて計算すると家賃はおおよそ7万円。

 

もちろん一人暮らしをするにあたってかかる費用は家賃だけではありません。

  • 光熱費・・・約1万円
  • 食費・・・約2万円
  • 交際費・・・約3万円
  • ネット代・・・約4000円
  • 携帯代・・・約7000円

がかかります。

合計すると家賃を含め14万1000円。

給料から差し引きで残るのは5万9000円となります。

 

確かに生活はできそうです。

しかし、この計算は最低限の費用を仮定しています。

人によっては外食を多くしたり、携帯代が高かったり、趣味にお金を多く使う人もいるでしょう。

 

そうなれば実際に残るお金は3万円ほどになってしまいます。

月に3万円しか貯金ができない、さらに実家に仕送りを送っている方なら手元に残るお金はほとんどないことになってしまいます。

 

つまり収入の3分の1では苦しい生活をすることになるのです。

さらに言えば、この収入よりも少ない場合、赤字になる確率も高くなります。

東京都内での一人暮らしに必要な金額詳細はこちら!

スポンサードリンク


給料と家賃のベストな比率とは

 

実際に一人暮らしをされている方や自分の経験を踏まえて言えば、家賃は収入の4分の1にするのがベストだと思います。

 

20万円の収入なら5万円ほど・・・正直家賃としてはかなり安く、東京都内で一人暮らしをしようと思ったら厳しい金額です。

 

しかし、この比率にすれば自分の自由に使えるお金は多く、さらに貯金することも可能。

 

結果から言えば仮に職場が東京であったとしても出来れば東京に住むべきではありません。

こちらが東京都内の家賃相場↓

一人暮らしの「家賃は収入の3分の1」は嘘?給料と家賃のベストな比率とは

東京都内は家賃が高いのに部屋が狭く、使い勝手が悪いです。

それなら職場から30分程度の家賃が安めの駅近郊に住むのがベストと言えます。

 

例えば埼玉なら川口、戸田公園などは東京に近く、しかも家賃が安いのでおすすめ!

 

住む土地を少し変えたり、駅からの距離を妥協するだけでもだいぶ家賃の安い場所に住めるので部屋を決める前にぜひ一度考えてみてくださいね!

 

まとめると・・・

一人暮らしの家賃は収入・給料の4分の1(25%)がベストである

と言えます。

どうしても見つからない場合は仕方ないですが、部屋には共益費がかかることがほとんどなので予想しているよりもお金がかかる場合が多いです。

しっかりと計画を立てることで今後快適な人生を過ごすことに繋がりますのでぜひ参考にしてみてくださいね!

の他の一人暮らしコラム

部屋や階によって家賃が違う理由とは

一人暮らしで後悔したことランキング

一人暮らしにおすすめ賃貸不動産情報サイトランキング

いい部屋を見つけるコツとは

一人暮らしの共益費・管理費の平均相場はいくら?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す