一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所・お店や値段をまとめてみた


一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所や値段をまとめてみた

一人暮らしを始めると当然鍵を貰えますが、現在その鍵だけで生活していますか?

実はこの鍵をなくしてしまうとお金がかかってしまいます。

鍵は割とすぐに無くしてしまいがちなアイテムですし、作っておいて損はありません。

そこで今回はその合鍵の作り方、作れる場所やかかる値段についてまとめてみましたのでまだ作っていない方は参考にしてみてください!

スポンサードリンク

鍵を無くすといくらかかる?

一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所や値段をまとめてみた

ではまず初めに鍵を無くすとどうなるのか簡単にご説明していきます。

 

もしあなたの過失によりマスターキー(最初に貰った鍵)を無くしてしまっても、その時点でお金を払うわけではありません。

その部屋から引っ越す時に基本的には鍵を返却しなくてはなりませんが、その時に鍵がない場合は鍵交換代として請求されます。

 

ちなみにその鍵交換代はまちまちですが、私の場合は約15000円ほどかかりました。

 

鍵を無くすとノブの方も全て変える必要があるため、高額になっているのでしょう。

 

といっても仲介業者によっては新しい入居者が入るたびに鍵は交換しているはずなので、明確にはなぜ鍵を返却しなくてはならないのか謎ですけどねw

 

ちなみに鍵の紛失についての値段が知りたい場合は契約の時に貰った契約書類に必ず書いてあります。

自分で調べるのが面倒な場合は管理会社に問い合わせると早いですが、だいたい15000円取られることを覚えておいてくださいね!

もちろん鍵の紛失が1本でも2本でも変わりません。

スポンサードリンク


合鍵(スペアキー)を作れる場所や値段について

一人暮らしなら合鍵は作るべき?作れる場所や値段をまとめてみた

合鍵を作ったほうが良いということはお分かりいただけたと思うので、続いて合鍵を作れる場所についてご紹介します。

多くの場合は・・・

  • ホームセンター
  • 大きめのスーパー
  • 街の鍵屋さん

で作ることが出来ます。

私の場合は近くにカインズホームがあったのでそこで作成しましたが、場所によってはスーパーや駅構内にもあるようです。

 

必要なもの等は以下

  • 必要なもの:マスターキー
  • 所要時間:10分程度
  • 値段:約500円

作るにあたってマスターキーは必須です。

私はわからなくてスペアキーを持っていったことがありますが、スペアキーからでは不可能と言われましたので。

混雑状況にもよりますが、だいたい10分程度で出来上がります!

思ったより早いですよね!

 

で、値段は1本あたり400~500円ほど。

ちなみに合鍵を作ったからといってマスターキーを無くしたら退去時にお金を払わされるので注意してください!

合鍵を作っておいてマスターキーの方は大切に保管したり、親に渡しておいて、普段は合鍵の方を使うといざ無くした時でも安心です。

 

いかがでしたでしょうか?

合鍵を作っておけば、恋人が出来た時にも便利ですし、マスターキーを無くすリスクを減らすことが出来るので一人暮らしを始めたら一番最初に作っておいてくださいね!

その他の一人暮らしコラム

NHK受信料に注意!簡単に断る方法をご紹介!

隣りの部屋から壁ドンされた時の正しい対処法

狭い部屋を広く見せる家具の配置や色のレイアウトあれこれ

一人暮らしの部屋への知らない人訪問ランキング

親からの生活費の仕送り額は平均いくら?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す