一人暮らしが引きこもりになる原因はお金?その脱出方法とは


一人暮らしが引きこもりになる原因はお金?その脱出方法とは

一人暮らしは家賃や光熱費、携帯代やネット代などかなりのお金がかかります。

しかし、一方で一人暮らしは引きこもりがちになりやすいというのも心理的には理に適っているのです。

今回は一人暮らしで引きこもりになる原因やその対策・脱出方法についてまとめてみました。

引きこもりになる原因とは

一人暮らしってかなりお金がかかりますから、実際引きこもりになりたいと思っても難しいものです。

しかし、ある条件下がそろった場合、実家暮らしの方よりも一人暮らしの方が引きこもりやすくなってしまいます。

  • 休日引きこもり

一人暮らしが引きこもりになる原因はお金?その脱出方法とは

平日は会社に勤め、バリバリと働くものの休日になると一切どこへも出かけずに家に引きこもってしまう人。

これは「疲れ」が原因です。

疲れていても平日は仕事を休めません。

しかし、休日はわざわざ外に出る必要もなく、自分の思うがままに休むことが出来ます。

まぁ休日というぐらいですから、引きこもっていてもどうってことはないのですが、これを改善したい場合は休日にも外に出る習慣をつけなければなりません。

例えば少し外を散歩するとか2~3時間で構いませんので休日も外に出てみましょう。

特に用事がなくても、散歩をしたり、買い物に行ったりするだけでもありです。

そうするとだんだんと外に出るのが当たり前になっていき、休日にも友達と遊んだり恋人とデートを楽しみことが出来るようになると思います。

 

  • 金欠引きこもり

一人暮らしが引きこもりになる原因はお金?その脱出方法とは

普段は仕送りやアルバイトでお金を得ているものの、そのお金が最低限である場合は引きこもりになりやすいです。

アルバイトをしている場合はまだましですが、学生などで完全に仕送りだけで生活しているとお金がありません。

外に出るといろんなお店がありますが、何をするにしてもお金はかかります。

金欠の場合、それを防ぐ方法が自宅で過ごすということ。

自宅にいれば特別お金がかからなくて済みますからね。

しかし、この生活を続けていると、自宅に引きこもっていることに慣れてしまい、外に出ようと思わなくなってしまいます。

 

  • 完全無職の引きこもり

一人暮らしが引きこもりになる原因はお金?その脱出方法とは

世間的に何か後ろめたいことが自分の中にある場合、外に出るのが億劫になってきます。

例えば自分が無職だと、友達と会うことでプライドが傷つきますのでそれを避ける行動をとります。

友人との遊びをキャンセルすると外に出る頻度も減り、プライドを守るために引きこもるようになってしまうのです。

お金は仕事をしていた時の貯金を切り崩したり、仕送りをしてもらってなんとかやっているという状況でしょう。

しかし、こういう状態だとすぐに生活が破綻するので注意が必要です。

一人暮らしにおすすめのアルバイトとは

スポンサードリンク

引きこもりから脱出する方法

 

それぞれ人には引きこもる理由がありますが、どんな状態でも言えることですが少しずつ外へ出る習慣をつけていくことが大切です。

私も一時期、ずっと家に籠っていたことがあるのですが、ある日外に数時間いただけで物凄い疲れを感じました。

身体が外に出ることに慣れを感じていないため、必要以上に疲れを感じてしまったのでしょう。

 

こういう部分は体力がないのではななく、単純に慣れていないから起こる現象です。

人間はどんな状態でも66日間続けるとその行動に慣れを感じ、習慣化してしまうことがアメリカの心理学者の実験でわかっています。

つまり、66日間引きこもっていればそれに慣れますし、逆に66日間、毎日外に出るように努力していればそれが自然と習慣化するのです。

まずは5分程度でもいいので、とりあえず毎日外に出るようにしてみましょう!

 

 

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す