同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?審査や住民票のあれこれ


同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?審査や住民票の不安について

いつもは一人暮らしにおける豆知識やおすすめをご紹介していますが今回は同棲に関する疑問についてです。

彼氏や彼女ができて、結婚する前に同棲をする方も多いと思います。

「同棲の場合、部屋を借りる時にどっちが契約するのか」「保証人は一人で大丈夫なのか」「そもそも審査は通るのか」などなど、同棲で部屋を借りるにあたっての疑問や不安についてまとめてみました!

もちろん、同棲でなくともルームシェアを考えている方も必見です!

スポンサードリンク

同棲する場合の契約者や保証人について

同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?審査や住民票のあれこれ

部屋を借りるにあたって必ず必要なのが契約者と保証人

一人暮らしの場合は契約者は自分で、保証人は親になってもらうか、もしくは保証会社を使って連帯保証人を立てるかのどちらかでしょう。

しかし、同棲の場合はこういった一人暮らしと少しケースが異なり、大きく分けて3つあります。

【同棲する場合のケース1】

  • 契約者・・・収入の多い方が一人だけ
  • 保証人・・・契約者と同居人どちらも個別に連帯保証人が必要

【同棲する場合のケース2】

  • 契約者・・・2人
  • 保証人・・・契約者と同居人どちらも個別に連帯保証人が必要

【同棲する場合のケース3】

  • 契約者・・・収入の多い方が一人だけ
  • 保証人・・・契約者のみが連帯保証人を立てる

 

そもそもなぜ3つもケースがあるのかというと、これは契約する仲介業者によって契約方法が異なるためです。

保証人をそれぞれに必要とする理由は他のサイトでも言われているようにそのカップルが分かれた場合に突然家賃を払えなくなると貸す側としても困るからです。

そのリスクを減らすために最近ではケース3よりもケース1や2の仲介業者が圧倒的に多いそうです。

同棲だと審査が通りにくいって本当?

同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?審査や住民票のあれこれ

カップルだとその分別れる危険性が高いので、最終的に家賃を払えなくなってしまう=審査が厳しいのではないか、と言われていますが、そんなことはありません。

例え、カップルだろうと一人暮らしだろうと審査の基準は変わりません。

 

ただ、同棲する場合の多くは広い部屋に住む人が多いですよね。

当然、一人暮らしと比べて家賃の負担も大きくなるわけです。

その分、審査も少し慎重になることは確かでしょう。

同棲の審査が厳しいのではなく、家賃によって審査基準が変わるというのが正しい認識です。

同棲にはある程度の広さが必要になってきますので間取りで悩んでいる方は「同棲でおすすめの間取りや最低限必要な貯金額」をご覧ください!

ちなみに、審査に関しては契約者の職業が普通で、なおかつ連帯保証人もしっかりとしていればまず通らないということはないでしょう。

スポンサードリンク

保証人が一人しか立てられない場合の対策

同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?審査や住民票のあれこれ

親に同棲することを伝えていない時やそもそも彼氏・彼女がいることすら知らせていない場合にいきなり連帯保証人となってもらうことが難しい人も多いでしょう。

自分の両親には承諾を貰っているが、相手の親が承諾してくれない、その逆もまたしかり。

こういった場合で上記に挙げた1と2のケースだとかなり困りますよね。

そんなことを踏まえた上での対策は2つあります。

 

一つは単純に保証会社に連帯保証人となってもらう方法。

最近の不動産業者はどこも保証人がいないという人のために保証人代理サービスを行っています。

当然代理で保証人を建ててもらうのですから手数料として家賃の数%だったりを毎月支払わなければならない場合が多いのですが、これを利用すれば同棲することが出来ます。

 

もう一つは、同棲すること自体を伝えずに契約してしまうこと。

そもそも一人暮らしの部屋にも関わらず同棲している方は大勢いますし(契約違反ですが)、広い部屋に住むからといって、一人だけでも契約できます。

契約後に何食わぬ顔で同居してしまえばあっさりと同棲することが出来るわけです。

 

よく、「同棲がばれたら追い出されるのでは」という疑問が持ち上がりますが、実際のところ同棲に関してとやかく言ってくる大家ははほとんどいないそうです。

それに同棲する予定なら部屋はおそらく「二人入居可」「友達同士可」と備考欄に書かれているはず。

その後、同居がばれたところで問題にはならないでしょう。

というのも、契約者一人で審査が通ってしまえば、部屋を貸す側は「家賃未払いの心配がない」と思っているわけです。

保証人を二人建てる理由はそういった心配があるためにするのであって、審査が通ってしまえば相手に実害はほとんどないのです。

 

もし、同棲しているのが判明してしまっても「二人入居可」の部屋に住んでいれば、そのまま住まわせてくれる大家がほとんどでしょうね!

ちなみに、こういったケースでも住民票の移行は行えます。

契約していてもしていなくとも世帯主を自分としておけば問題ありません。

住民票を移したからといって大家にバレることも100%ありません。

 

住民票などは国が所在地を確認したいだけであり、その情報は個人情報です。

例え、大家だろうと警察であろうと令状がない限りは開示することはありません。

 

いかがでしたでしょうか?

契約上の不安や疑問についてはある程度解消できたのではないでしょうか。

もちろん、同棲するにあたって最初にキチンと家賃の払う額や生活費を二人で考えないと、別れる羽目になるので注意が必要です!

その他の一人暮らしコラム

居住確認はがきで大家に同棲はバレるのか 

初めての一人暮らしの手続きの流れや必要なもの

ゴキブリ対策ならこれ!ブラックキャップの効果とは

一人暮らし用の部屋で2人住むとどうなるのか

家賃が払えないとどうなるの?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す