一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには


一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには

ついつい家の鍵をかけ忘れてしまった、なんてことは一人暮らしの方なら誰しもが経験あるはずです。

ちょっと近くのコンビニに行くのにわざわざ鍵をかけるのが面倒で開けっ放しにしてしまうという人も多いようです。

ということで今回はそんな一人暮らしの窓の閉め忘れ、ドアの鍵のかけ忘れをした時に泥棒が入るリスクやうっかり・無意識の鍵かけ防止法ついてご紹介します!

スポンサードリンク

鍵のしめ忘れは意外と多くの人が経験あり

一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには

All About」によるとは約半数以上が今までに鍵をかけ忘れたことがあるそうです。

ちょっとゴミ出しをしに行く際や、近くのコンビニに行く際などにも鍵をしめない人は多いようです。

実際私も鍵をしめずにそのままスーパーに行ったり、コンビニに行ったり、駅まで人を迎えに行ったりしたことは何度かあります。

結局のところそんなずぼらな私でさえ泥棒に入られたことは今までで一度もありませんが、やはり防犯面を考えると少しアブナイ気がします。

さらに言えば、ドアの鍵を用心して閉めている人でも、部屋の窓のカギは閉め忘れている人は結構います。

実際に泥棒が入る危険性を考えれば窓もしっかりと閉めておかないと意味ないですよね。

鍵を閉めたか覚えていない場合

一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには

「あれ、家の鍵閉めたっけ?」

家の鍵を閉めたかどうか記憶がなくて心配になったという経験はありませんか?

 

私はしょっちゅうなりますが、こういった場合はたいてい家の鍵を閉めてから出かけているはずです。

というのも鍵をかけることが習慣化している人にとってその工程は意識せずともできるため、脳は勝手に記憶に残さないようにしてしまうのです。

より効率的に脳が勝手に行っているわけですからこればっかりは仕方ありません。

 

鍵をかけたかどうか記憶にない場合、9割以上の確率で鍵をかけているはずですのでそこまで心配する必要もないと思います。

それと、もし万が一鍵をかけ忘れていたとしても泥棒が入る確率から考えれば、相当低いと思われます。

 

ただ、私は出かけ先で鍵をかけたかどうか心配になり、とりあえず鍵を持っているかどうか確認した際に肝心の鍵がなかったことがあります。

鍵がない=鍵をかけてない・・・と思い、急いで家に帰るとなんと鍵穴に鍵をさしてそのまま出かけてしまったことが判明!!

こんな感じ↓

一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには

これには流石に焦りましたね(笑)

しかもその日は朝から出かけていて帰ってきたのが夜遅くだったので丸一日鍵を露呈していたことになります。

そんな状況でよくも取られなかった・・・これは運がよかったのかそれほど泥棒が入ることは滅多にないということなのかもしれません。

スポンサードリンク

無意識をを無くすためには

 

ついうっかりということを無くすためには「指さし確認」が良いと言われていますが、正直これはやらなくなってしまうと思います。

私も最初はこういったチェックをしていましたが、最終的に面倒くさくなってしまって2,3日ですでに辞めてしまいました(笑)

 

そんな私がおすすめするのが「ドアノブの二度ガチャ確認」です。

一人暮らしの窓の閉め忘れやうっかり鍵のかけ忘れ防止法!無意識を無くすには

大概の方は鍵を閉めた時にドアノブを一度引いて鍵がかかっていることを確認していると思います。

その確認回数を2回にする、これだけです。

1回だけでは無意識的にやってしまうので記憶にも残りませんがが、2回やるとしっかり意識化されます。

あとで「あれ?鍵閉めたか思い出せない」ということにはほとんどなりません。

個人的にはおすすめの確認方法なのでぜひ試してみてくださいね!

 

いかがでしたでしょうか?

鍵をかけ忘れても泥棒に入られることは滅多にありませんが、万が一の時を考えどんなに少しの用事でもドアと窓のカギは掛けるようにした方が良いと思います。

鍵をかけたか覚えていないというのは非常に心配になるので、それを意識してやるように何か鍵の掛け方に工夫を凝らしてみてください。

その他の一人暮らしコラム

エアコンが急に臭くなった時の原因と自力での直し方

一人暮らしの洗濯頻度は週に何回がベスト?

お風呂に入ると一回いくらかかるのか

ペット禁止のアパートやマンションはどこまで不可?

同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す