一人暮らしの部屋探し!一階と二階のメリット・デメリットについて


一人暮らしで部屋を決める時って広さや駅の近さももちろんですが二階以上にこだわったりする人も結構います。

なんとなく防犯面では二階の方が良さそうですが一階にももちろんメリットは色々とあります。

そこで今回は一人暮らしをしようと思っている方のために一階と二階のメリット・デメリットをご紹介します!

スポンサードリンク

それぞれのメリット・デメリット

【1階のメリット(2階のデメリット)】

  • 家賃が二階よりも安い
  • 二階より騒ぎやすい
  • 階段を上がらなくて済む
  • ゴミ捨てが楽
  • 忘れ物を取りに帰るにも楽

一階のメリットって少なそうな気がしますが結構色々あります。

ご存知の通り二階に比べて家賃は1000~3000円安いですし階段を上がるという動作がないので夜、疲れて帰ってきても二階に比べて楽です。

 

そして一階に住んでいると自分の足音や声は二階に響きにくいので、トラブルにもなりにくい。

天井の板が薄いと大問題なので構造的に一階と二階の壁は厚めに作られています。

 

で、私がよくやってしまうのが忘れ物!!

部屋を出て少ししてから財布等忘れ物に気付くことも結構あるんですけど忘れ物をしたときに一階だと楽です。

忘れ物をするたびに階段を上るのは苦行ですからね(笑)

【1階のデメリット(2階のメリット)】

  • 害虫が入ってくる・湧きやすい
  • 上の階の足音が聞こえる
  • 防犯的に心配

一人暮らしをしようと思っている方、特に女性の方は二階を選ぶ人が多いですよね。

やっぱり防犯的は一階よりも安全。

洗濯物の盗難なども二階ならそう簡単には侵入できません!

私が一階に住んでいる時なんて鍵をしめようとしたら鍵穴に接着剤がつめられていたことがありました。

それぐらい1階は防犯面で狙われやすく悪戯もされる可能性が高いです。

また、1階のアパートだとベランダ自体がなかったり道路側から吹き抜けで簡易的な敷居しかなく誰でも入ってこれるような構造なことも多いので女性は住みたいとは思わないでしょう。

 

そして構造上、一階というのは虫が入ってきやすい。

一人暮らしの悪魔、ゴキブリも二階よりも一階の方が出現率高いです明らかに。

 

あと一階に住んでいると二階の人の足音とか生活音とかも普通に聞こえてきます!これはマンションとアパートではかなり違うでしょうけど。

神経質な方は気になって仕方ないのかもしれませんが、自分が上の階に住んでいたらこちら側の生活音はまる聞こえになるのでどっちがいいかってところです。

 

ドラマとかでよくある隣人との恋の始まりをしたいのであれば男性なら2階を選べば隣りが女性の確率が上がります。実際そんなことはまずありえないですが。

結局どっちがいいの?

もし私が住むとしたら1階ですね。

上記で説明した通り1階には数多くのデメリットも存在しますが、私の性格上周りがうるさいのは多少我慢できます。足音とか。

逆に自分の足音でトラブルにならないかと心配になるよりもマシだと思っています。

それと忘れ物の頻度とかを考えると2階に住むよりも1階の方が明らかに楽です。

時間に余裕を持って行動できないタイプの人や忘れ物を頻繁にする人にとっては1階が良いと思います。

それと自力での引っ越しを検討している方は1階の方が良いです。

荷物を車で運び、自分で部屋に運び入れるとなると2階まで持っていくのは苦行です。

引っ越しは何度もするものではありませんが、入退去で大変な目に遭う可能性を考えると引っ越し業者に頼む、自力で運ぶなら1階を選ぶのが正しい選択です。

いかがでしたか?

自分にとって何が重要なのかを理解しておけば一人暮らしで部屋を決める際に迷わずに済みますよ!

賃貸ショップの評判や口コミ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す