一人暮らしに反対する親を説得させる方法!仕送り金が心配で賛成できない?


一人暮らしに反対する親を説得させる方法!仕送り金が心配で賛成できない?

いざ「大学生から一人暮らしするぞ!」なんて思っても保証人には当然親がなるので反対されたら元も子もありません。

社会人の場合だったらすでに独り立ちしているので話は変わってきますが・・・

そこで今回はこれから一人暮らしをしようとしている方のために親を説得させる方法についてまとめてみました!

スポンサードリンク

親が反対する理由とは

どうしても一人暮らしをしたいと思ってもそれを反対する親はどこにでもいます!

なぜ反対するのか」これを親の立場になって考えてみると・・・

  • 本当に一人で暮らしていけるのか心配だから
  • 単純に寂しい・悲しいから
  • お金がかかるから
  • 目の届かないところに行くのが心配だから

などが考えられます。

 

今まで手塩にかけて育ててきた親からみれば反対したくなるのも当然ですよね。

さらにこれが娘ともなれば反対したくなる気持ちはより一層強くなるでしょう。

だからと行ってそこで一人暮らしを諦めてしまうのはかなりもったいない。

私自身、大学時代は一人暮らしをしていましたが一人暮らしでしか得られない経験や楽しい出来事が多く人生の中で一番楽しかった時期と言っても過言ではありません。

ということで親の反対理由を踏まえた上で説得する方法をご紹介します。

反対する親を説得する方法

 

1.一人で暮らしていけるのか心配している場合

一人暮らしに反対する親を説得させる方法!仕送り金が心配で賛成できない?

ここで親が心配しているのは【自立してやっていけるのか】ということ。

 

これに対してただ単に「一人暮らしがどうしてもしたい」と言っても説得力のかけらもありません。

こういう場合は行動で示せということ。

いつも起こしてもらっているのであれば自分で起きたり、出来る部分をきっちり見せることで自立してやっていけると思ってもらえます。

最も、急にこうやって生活態度を改めても親はそういう目論見を見透かしています。

それをわかった上で「どうしても一人暮らしがしたい」と思わせることが大切です。

反論としては「これから生活を改める」ことを伝えてみましょう。

 

2.単純に寂しい・悲しい場合

一人暮らしに反対する親を説得させる方法!仕送り金が心配で賛成できない?

これは女性の場合に多いと思います。

今までずっと一緒に生活してきた子供が途端に親元を離れる・・・寂しくないわけありません。

 

反対する理由としては最も覆しやすいですが問題は親が自ら寂しいと口にしないことです。

こちらからすれば一人暮らしを反対する理由がわかりません。

そういう時は大概この理由に当てはまるので

  • こまめに連絡を取る
  • 休みの日などは出来るだけ家に帰る

などを約束すると承諾してくれると思います。

スポンサードリンク


3.お金がかかるから

一人暮らしに反対する親を説得させる方法!仕送り金が心配で賛成できない?

大学生で一人暮らししている人の大半は自分自身ではなく、親が家賃しいては仕送りをしています。

都内で一人暮らしをするなら家賃約7万円+光熱費+その他かかり、それが4年間ともなれば400万円以上!!

改めて考えるとかなりの額です。

ただ、これはお金だけの問題なので最初にかかる費用をまず自分で用意し

バイトして自分で家賃は払う」と宣言することで解消できます。

言い返されたら「家賃がもし払えなくなったら一人暮らしを解消してもいい」とそこまで言えば何も文句は言えません。

 

反対される理由と対策について挙げてみましたがやはりそれでも上手くいかないことも。

一人暮らしがしたいことを伝える時は

  • 食事中や食事後
  • 親の機嫌が良い時

などに説得するのが効果的です。

心理的に人は食事中心が無防備になる傾向があり、要望が通りやすい傾向があります。

食事会・会食などがいい例ですね!

それとやっぱり親の機嫌が良い時の方が要望は通りやすい。

なので親の機嫌を良くする→一人暮らししたいと伝えるパターンが成功率は高いです!

 

家で何もしていなくても一人暮らしをすると否応なしに自立ができます。

親の説得にお役立てください。

一人暮らし関連の記事

一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良い?

一人暮らしの部屋にロフト付きを選ぶと・・・

東京都内で一人暮らしすると初期費用・生活費はどのぐらい必要か

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す