インターネット無料の賃貸アパートやマンションのメリットとデメリット


インターネット無料の賃貸アパートやマンションのメリットと意外なデメリット

部屋探しをしているとたまに「インターネット無料!」とか「ネット使い放題!」というアピールポイントを見かけます。

インターネットは基本的に自分で契約しなければならないのですが、その料金が無料ってかなり魅力的ですが、本当にこういった賃貸物件はオトクなのか。

ということで今回はインターネット無料と謳っているアパートやマンションは本当にオトクなのかそのメリットと意外なデメリットについてまとめてみました!

スポンサードリンク

ネット無料のメリット・デメリット

インターネット無料の賃貸アパートやマンションのメリットと意外なデメリット

【メリット】

  • 契約の手間がかからない
  • ネット料金がかからない

考えられるメリットはこの2つです。

まず物件全体がインターネット無料という仕組みについてご説明します。

部屋ごとのネット契約料を大家が負担していると思われがちですが、実際はその建物に共用のネットを設置し、それを各部屋に通しているという仕組みになっています。

つまりそのアパートやマンションで同じ回線を使っているってことですね!

インターネットカフェを思い浮かべてみるとわかりやすいと思います。

インターネット無料の賃貸アパートやマンションのメリットと意外なデメリット

通常はネットを契約する時に回線を選び、プロバイダーを選び、工事をしてもらってようやく開通という流れです。

この手間が最初から省かれているのでこちらで何かする必要は一切ありません。

さらに月々の料金、私の場合は月にネット代に3500円ほど取られていましたがそれが無料となるのが最大のメリットと言えるでしょう。

【デメリット】

  • 回線が遅くなる可能性がある
  • 家賃に上乗せされている可能性がある

主なデメリットはこの2つ。

回線が遅くなるというのは物件にもよりますがネット回線が共用になっているので、例えば住んでいるみんなが同時に動画を見ればその分回線は遅くなります。

ネット無料の物件に住んでいる人で、回線が遅すぎるから独自で契約したいけど、規約のせいでそれができないと悩んでいる方も多いそうです。

 

さらに注意しなければならないのがそのネット分の料金が家賃に上乗せされている可能性があるということです。

もともと家賃の決め方はかなりいい加減で、ネット料金を上乗せしていたところでその違いをこちらで判断するのは難しいと思います。

もちろん人気物件なのかそうでないのかによって家賃も変わってくるのでなんとも言えませんが、仮に上乗せされているとしたら全くオトクではないので嫌ですよね。

部屋を見つけた時に「インターネット無料」ではなくても借りたいと思える家賃価格かどうか一度考えてみましょう。

このページも参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ネットでの口コミ

 

うちは、入居時には無料の回線は無く、光を自分で契約しましたが、その後、JcomのCATVにオーナーが加入契約をして、ADSL回線も無料で使えるようになりました。
今現在、光回線も解約していないので、両方使える状態ですが、光は100Mbps
ADSLは11Mbpsが実際の速度です。参考までに^^;

参照元:知恵袋

 

管理費にインターネット料金が含まれているのだと思います。使っても使わなくても管理費は変わらないので使わないと損ですね。部屋の中にLANコネクタの差込口が用意されていてそこに無線LANアクセスポイントを接続すればWi-Fi接続してインターネットに繋げられます。

インターネット回線は共同利用しているので大きなデータ量をダウンロードしている人が多いと通信速度は遅くなります。こればかりは使っている状況によって変わるのでなんとも言えません。

まあ、個人契約をするよりは安価にインターネットに繋げられるのでいいんじゃないですかね。

参照元:知恵袋

 

メリット
・回線会社のマンションタイプに比べて費用が安い
デメリット
・回線速度が普通のマンションタイプに比べて遅い可能性が高い(ネットカフェの原理と同じだと思いましょう)
・回線会社の光電話のサービスが使えない→場合によっては050で始まるIP電話への加入が可能な会社もある
・零細プロバイダーへの強制加入となり、価格.comや家電量販店での申し込み時の色々お得な割引サービスは一切受けられない

参照元:知恵袋

 

賃貸住宅の場合であれば、うたい文句で「光回線・無料」などと書いてる物件は多いです。
ただ、そのほとんどが光ハイブリット方式のCATV回線の一番安い速度プランで、実際には接続が途切れてばかりで、もっと速いプラン(有料)に変更しないと安定したネット接続は期待できないでしょう。

「光回線や光ファイバー使用」と言うのは、あくまでも建物の導入部分に使っているケーブルの材質で、問題になるのはその先の各戸までの「配線方式」ですよ。

参照元:知恵袋

 

やはりインターネット無料のデメリットは回線速度による問題が多く挙げられています。

大家がネットの契約をするときにわざわざコストのかかる速度の速いプランにすることは少ないというのも納得できます。

もしインターネット無料の物件を選ぶのでしたら、契約時に「回線速度はどうなのか」について詳しく聞いてみることをおすすめします!

インターネット無料の賃貸アパートやマンションのメリットと意外なデメリット

「ベストエフォート型」の場合、契約速度の6割~3割が目安です。
100Mbpsの光回線の場合、30~60Mbpsが平均的な値になると思います。

ネット動画を快適に視聴するためには、「下り10Mbps以上」が理想的です。最低でも「下り速度1Mbps」が必要です。

参照元:ぼくんちのTV別館

 

住んでから「速度が遅くて何もできない!」なんてことになっては元も子もありません。

ただ、月々約4000円ほどの料金を払わなくて良いというのは魅力的です。

1年に換算したら48,000円もかかります。

しつこいインターネット回線勧誘の手口と断り方

ネットが付いていない物件だとインターネットの営業訪問がよくやってきますが、手口がかなり巧妙で騙されやすいので気を付けてください。

インターネット無料物件の探し方

インターネット無料の物件を探すには仲介業者の条件検索を使って探すか、実際に店舗に行って探してもらうといったやり方がありますが、物件数自体がそれほど多くないため実際に希望の物件を見つけるのは非常に難しいです。

そんなことをするならコンシェルジュサービスを利用して専門スタッフに探してもらった方が効率的に部屋探しが出来ます。

コンシェルジュサービスというのは自分で物件を探すのではなく、チャットでやり取りしながら専門スタッフに探してもらうもらうことが出来るのでかなり効率的です。

色々私自身が実際に使ってみておすすめできるのは「イエプラ」もしくは「イエッティ」です。

どちらも完全無料で使うことが出来ますし、アプリ版もあるので手軽です。

イエプラを実際に使ってみた感想

イエッティを実際に使ってみた感想

 

「自分で探したい」という人にはおすすめできませんが、細かい条件を全てチャットで伝えることが出来るため、面白いほど良い物件を紹介してもらえます。

なかなかいい物件が見つからないと悩んでいる方や忙しくて部屋探しが出来ない人は使ってみることをおすすめします。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す