フリーターが東京で一人暮らしは可能?生活費はいくら必要か・審査は通るのか


フリーターが東京で一人暮らしは可能?生活費はいくら必要か・審査は通るのか

東京で一人暮らしというのは憧れも大きいですが、都内なので家賃も高い。

しかし、今では夢を追いかけるためにアルバイトをしながらフリーターとして生活している方も多いと思います。

そこで今回は東京でフリーターは一人暮らしが可能なのか、生活費はどのぐらい必要なのか。

そもそも入居の審査は通るのかなどまとめてみました!

スポンサードリンク

そもそも審査は通るの?

フリーターが東京で一人暮らしは可能?生活費はいくら必要か・審査は通るのか

生活費うんぬんの前に部屋を借りれなければ元も子もありません。

通常一人暮らしをするにはこの人が毎月家賃を支払えるのか審査する必要があります。

正社員ならまだしもフリーターというのは立場上、収入も不安定で信頼度も低い。

 

結果から言えばフリーターでももちろん部屋を借りることができます。

部屋を借りる時に同時に保証人も必要となっていて、例えばその保証人が両親で正社員として働いていた場合、万が一あなたが払えなくても支払いはできるわけです。

 

管理会社によっては審査が厳しくなるところはもちろんありますが保証人がしっかりしていればまず問題ないでしょう。

実際私の友人もフリーターでしたが普通に部屋を借りることが出来ましたよ!

 

ちなみに家で状態で保証人を立てることも出来ない場合は保証人不要に物件や保証人代行会社にすることで部屋を借りることが出来ます。

保証人の代行会社は毎月手数料として数千円取られるそうなので正直あまり手を借りたくありませんが保証人を立てられない場合には役立ちます。

スポンサードリンク


生活費はいくら必要?

 

東京で一人暮らしするとして計算したところ月にかかるお金は約130,000円。

  • 家賃
  • ガス代
  • 水道代
  • 電気代
  • ネット代
  • 携帯代
  • 食費
  • 交通費
  • 雑費

が主な内訳(家賃70,000円の場合)。

 

130,000円というお金はフリーターでも支払える金額ですがバイトばかりの生活になってしまいます。

でも、生活費は削ることができます。

 

例えば携帯代!

フリーターが東京で一人暮らしは可能?生活費はいくら必要か・審査は通るのか

あなたは今携帯代にいくらかかっていますか?

私も最近知ったのですがソフトバンクやau、docomoを使うよりも激安スマホを使う方がかなり得です!

月々約3,000円で済むそうです。

 

他にも食事はなるべく自炊するようにしたり、夜きちんと睡眠を取ることで電気代を節約することも可能。

 

東京の一人暮らしの家賃の平均が約70,000円とのことですが、実際探してみるともっと安い物件はいくらでもあります。

 

正直生活費の大半は家賃で、いくら頑張っても毎月決められた額を払わなければならないのが辛い!

 

東京でフリーターが一人暮らしをすることは十分可能ですが一人暮らしをする際は自分に合った物件を探すようにしてみてください。

仲介業者の評判や特徴

アパマンショップの特徴やメリット・デメリット!

スーモの特徴やメリット・デメリット!

ミニミニの特徴やメリット・デメリット!

エイブルの特徴やメリット・デメリット!

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す