賃貸物件の仮押さえ金は返ってくる?相場や押さえておける期間はどのぐらいか


物件仮押さえ金は返ってくる?相場や押さえておける期間はどのぐらいか

私は今まで一度もしたことがありませんが、実は賃貸物件を借りるにあたって仮押さえが出来ることを知っていましたか?

例えばいい物件を見つけたとしても、それが契約時まで他の人に取られないとも限りません。

そんな時に仮押さえを申し込むことで契約時までその物件を確保することが出来るのです。

しかし、実際仮押さえをするにはお金が必要だったり、抑えられる期間が決まっています。

ということで今回は賃貸物件を仮押さえするための金額や期間の相場についてご紹介していきます!

スポンサードリンク

仮押さえ金を払う意味

 

そもそも仮押さえ金って聞きなれない方も多いと思いますが、実は不動産業者によってはそういった物件の押さえる行為自体やっていなかったり、仮押さえ金が必要ないところもあります。

例えば不動産屋にふらっと立ち寄り、数件物件を紹介してもらったとします。

その中で自分が良いと思った物件はあったけど、親の了解を得てなかったり、他の仲介業者の紹介している物件も見ておきたい・・・

こんな時に物件を押さえておくことが出来るのが仮押さえです。

仲介業者や大家は「できればそのまま契約してもらいたい」と思っているのが本音。

仮押さえをしてもなんだかんだで「契約しません」ということになると貸し手側としては嫌ですよね。

そこでお金が必要になってくるわけです。

いわゆる預け金としてお金を払っておけば「契約を匂わす」ことが出来るため、こちらにとっても相手側にとってもメリットがあるのです。

お金は返ってくるのか

物件仮押さえ金は返ってくる?相場や押さえておける期間はどのぐらいか

例えば、なんだかんだ物件を仮押さえしたけど最終的に違う物件の方がよかった場合。

基本的に仮押さえ金はそのまま返却されます。

また、もし最終的に仮押さえしている物件に入居が決まったとしてもそのお金は仲介手数料、あるいは礼金としてかかる初期費用から引かれます。

つまり、仮押さえできる物件なら積極的に使った方が良いということですね。

 

ただ返ってこないパターンもあるので注意。

通常仮押さえをした時に同時に「預かり証」を発行してもらえます。

しかし、預かり証ではなく「手付金」として発行された場合、たとえその物件をキャンセルしてしまってもお金が返ってくることはありません。

「内金」=契約時に代金に充当し契約が成立しなければ返還される

「手付金」=契約時に代金に充当し契約が成立しなければ返還されない

民法によると明確にこういった違いがあるので、もし仮押さえをする場合はその証明書がどのようなものなのかしっかりと確認しておいてください。

 

先日、不動産で部屋を借りたくてある物件を仮押さえという形でお金を払いました。

数日後に契約書をもらってきたのですが、契約書の中に納得いかない項目があったのでキャンセルしたいと伝えたら、一度支払ったお金は戻ってこないと言われてしまいました。
理由は審査も入れたしクリーニングもしたからと言うものです。

参照元:OKWAVE

こういうトラブルが起こる可能性もあるので口約束ではなく、絶対に証明書は発行してもらってください。

スポンサードリンク

仮押さえが出来る期間や金額

仮押さえ

仮押さえ金の相場は多くても家賃1ヶ月分以内と言われていますが、実際には「1万円」が多いと思います。

物件探しの段階で必ずしもお金があるとは限りませんし、親に払ってもらう場合金銭面は完全に親任せですから業者側もあまり多くのお金を仮押さえ金として請求してこないのが現状です。

 

また、どのぐらいの期間物件を押さえることができるのか疑問に感じている方も多いと思いますが、長くて1週間~2週間ほどと思っておいてください。

もちろんこれは繁忙期である3月なのか、それとも閑散期である7月なのか、またその物件が人気物件かどうかによっても変わってきます。

 

繁忙期で次から次に物件を探す人がいる場合は仮押さえなんてことをしなくてもその物件は簡単に契約されます。

こうなれば業者側にとって「仮押さえをしておくメリット」はなく、むしろその物件を他の人に紹介できないというデメリットが生じてしまいます。

仮押さえした物件が必ずしも契約に至るとは限らないので、出来れば即決してくれる人に紹介してあげたいというのが本音でしょうからね。

 

逆に人気物件ではない場合や閑散期で契約に至るのが難しい場合は期間を伸ばしてでも契約してほしいと思っているので仮押さえ出来る期間が長くなる傾向があります。

結局仮押さえはした方が良いのか

 

こうしてみると明らかにデメリットよりもメリットの方が多い仮押さえですが、どうしても押さえて置きたい好条件の物件でない限り、仮押さえをする必要はないとも言えます。

「なんとなくこの物件押さえて置きたい」ぐらいの気持ちで仮押さえをしてしまうと、デメリットとして返金の拒否なんかも考えられますし、下手なトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

 

ちなみに「複数の物件を仮押さえすることはできるのか」という疑問もありますが、これもトラブルの原因となるのですることは可能ですがやめておいた方が無難です。

いかがでしたでしょうか?

私自身仮押さえをしたことはありませんが、本当に良い物件ですぐに契約することが出来ない場合は仮押さえを利用してみてください。

「仮押さえできますか?」と質問すれば担当者がしっかり対応してくれるはずです。

その他の一人暮らしコラム

家賃交渉のやり方

手続きの流れや必要なもの

住民票の移行は必要か

一人暮らしで得られる経験や身に着くこと

親からの生活費の仕送り額平均

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す