オール電化は得?一人暮らしの電気料金・光熱費の平均を比較してみた結果


オール電化は得?一人暮らしの電気料金・光熱費の平均を比較してみた結果

最近流行ってますよね、オール電化!

一人暮らしをしている人の中にもガスを一切使わず、電気だけで生活している、いわゆるオール電化生活の人も多いのではないでしょうか?

そこで今回はオール電化は得なのかどうか、一般的な一人暮らしの電気料金・光熱費と比較してみました!

スポンサードリンク

オール電化の特徴やメリット

オール電化は得?一人暮らしの電気料金・光熱費の平均を比較してみた結果

オール電化は、その名の通り生活の全てを電気を使用し、利用している家のこと。

一般的な一人暮らしの部屋はガスを利用しているので、お風呂やガスコンロを使用した時にガス代が請求されます。

一方オール電化はガスの代わりに電気を熱エネルギーとして利用します!

 

一人暮らしを考えたときに都市ガスかプロパンガスかで悩まなくて良いのも大きな利点。

ガス代の請求がないというのもありがたいですよね。

ちなみにオール電化でお風呂に入る時などは基本的に深夜の安い電気を使用しお湯を沸かし、貯めておくので経済的です。

デメリットを挙げるとするならば、問答無用で料理を作る時はIHになってしまうことぐらいかな。

一人暮らしのキッチンはIHとガスコンロどっちが得?

あとは全て電気に頼ることになるため契約アンペア数が低いとすぐにブレーカーが落ちてしまうこともあります。

ブレーカーがすぐ落ちる原因と対策

こうしてみるとかなりメリットの部分が多いようですが、光熱費は全体的にどうなのでしょうか。

光熱費を比較してみた

 

単純に電気代を比較すると

一般的な一人暮らしの電気代・・・約4000円

オール電化・・・約7000円

となり、電気代だけで言えば当然ガスを使っている一人暮らしの部屋の方が圧倒的に安いです。

しかし、ここにガス代、水道代を加えて光熱費を比較してみると・・・

【オール電化】

  • 電気・・・7000円
  • ガス・・・0円
  • 水道・・・3000円(2ヵ月)
  • 合計・・・10,000円

【普通の一人暮らし】

  • 電気・・・4000円
  • ガス・・・3000円
  • 水道・・・3000円(2ヵ月)
  • 合計・・・11,000円

わずかではありますがオール電化の方がオトクという結果に!

オール電化が安いのは先ほども述べたように夜の安い電気を蓄えて使うのでオトクになるようです。

 

また季節によっても変わりますが、中には月7000円も安くなったという意見も!

一人暮らしの冬の電気代平均はいくら?

スポンサードリンク


ネットでの評判・口コミ

 

オール電化の方がいいと思います。
私は一人暮らしではありませんが、3年前に私の子供が大学で一人暮らしを始めたときに、プロパンガスのアパートを借りたのですが、そこの大家がプロパンガス屋と結託していたため、ぼったくりのガス料金を請求してきたのです。電気が月5000円で、ガスは10000円もしたそうです。しばらくしてオール電化のアパートに引っ越しましたが、電気代は以前と変わらず、ガス代が無くなったぶん、そうとうお得になったようです。

 

給湯にかかる電気代については、エコキュートであればガスよりかなり安くなりますが、1人暮らしでしたら電気温水器と思われるため、ガスの基本料金がかからない分くらい安くなります。
もちろんプロパンガスと比較すれば、電気温水器の方が安くなるため、プロパンガスの地域でしたらオール電化に引っ越すことのメリットは大きくなります。

 

秋田で戸建オール電化に住んでいます。

北海道ほどではないと思いますが、豪雪・寒冷地なので参考になるかなーと思って投稿します。
蓄熱暖房機2台使用、一番冷え込む12~2月は2万~2万5千円程度(深夜機器割引あり)
我が家の場合はかなり光熱費は安くなりました。
蓄熱暖房機は、一日中家の中をほぼ均等に温める事ができ快適に過ごせます。
あと、灯油を買いに行く手間がなくなって楽になりました。

 

色々意見はさまざまですが同じ~安いという意見が圧倒的のようです。

一人暮らしをする際は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す