賃貸物件でウォークインクローゼットを選ぶメリット・デメリット


賃貸物件でウォークインクローゼットを選ぶメリット・デメリット

最近では賃貸物件でも新築だとウォークインクローゼットが付いている間取りになっていることが多いように感じます。

一昔前までは押入れ、あったとしても普通のクローゼットだったのですが、最近は本当に増えています。

私も最近そろそろ引っ越そうと思い、物件をいくつも見ているのですがウォークインクローゼットの物件ってなんとなく憧れてしまいます。

そこで今回は実際に賃貸でウォークインクローゼットを選ぶメリット、そして意外なデメリットについてまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

メリット・デメリット

賃貸物件でウォークインクローゼットを選ぶメリット・デメリット

ウォークインクローゼットとは衣類などの収納を目的とした小部屋。人が入って使用できる。収納する物品の保管・整理に適するように棚や引き出しなどを作りつけたものが多い。

参照元:コトバンク

 

一般的には構造上、2畳以上なければウォークインクローゼットとは呼べないようですね。

その名の通り、歩いて入れなければウォークインじゃないですからね。

では、さっそくメリット・デメリットを見ていきます。

【メリット】

  • 部屋に物が溢れずに済む
  • すっきり整頓させやすいため、取り出しやすい
  • スーツケース等も入れておける

やはり最大のメリットは服が何かとかさばりがちな女性でも、いっぺんにしまって置けることだと思います。

取りあえず、服をウォークインクローゼットにしまっておけば部屋はスッキリ住みますし、いざ友人が来た時の非難場所として使うこともできます。

最も、賃貸物件だとウォークインクローゼット自体が珍しいので、友人に「中見せて」と言われる可能性はありますが。

ウォークインとなっているので、大型のスーツケースも置くことが出来るのは便利です。

ちなみに左右に分かれているタイプだと、同棲した時に「右は彼女、左は彼氏の洋服」というように、分類することができるのも良いです。

 

【デメリット】

  • 湿気がこもってカビが生えることがある
  • 一度散らかると面倒
  • 狭いと取り出しにくい
  • その分部屋が狭くなる

 

一戸建ての場合は例えウォークインクローゼットでも、中に小窓が付いていることも珍しくないのですが、賃貸物件の場合は完全に密室空間となります。

そのため、特に梅雨の時期にはカビが生えるというトラブルをよく耳にします。

頻繁に風通しを良くしておかないと、ヒドイことになる可能性があるので注意が必要です。

また、ウォークインクローゼットと言っても大きさは部屋によってまちまちです。

賃貸物件でウォークインクローゼットを選ぶメリット・デメリット

一人暮らしだと、ウォークインクローゼットと書いてあっても、このぐらいの大きさでしょう。

 

ギリギリ通れるようなサイズだと、物の取り出しが思ったよりもスムーズにいかず、ストレスが溜まります。

その結果、ウォークインクローゼット内が散らかる場合も考えられます。

一度散らかってしまうと、狭いだけに、整理整頓するのも面倒です。

スポンサードリンク

どっちが良いか

 

こうやって見るとメリットよりもデメリットの方が多く持ち上がりますが、結果的にはあった方が良いと私は思います。

こういったデメリットは何もウォークインクローゼットに限らず、普通の収納スペースに共通する部分も多いです。

ウォークインクローゼットにして後悔しているという人も意外と少ないのではないでしょうか。

例えるならユニットバスと風呂トイレ別どっちが良いかと言っているようなものです。

ウォークインクローゼットの部屋に住んでしまうと、次に引っ越した時に普通のクローゼットだと住み心地が悪いと感じてしまうかもしれません。

ある意味でこれが最大のデメリットかも。

ウォークインクローゼットだからと言って、避ける人もいないでしょうけど、あまりこの部分に関しては考えなくて良いと思います。

それよりも家賃や間取り、マンションなのかアパートなのか、徒歩何分かとか、そういった部分に気を配るべきでしょうね。

物件ごとの特徴まとめ

ロフト付物件

新築物件

オートロックマンション

デザイナーズマンション

フリーレント物件

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す