不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた


不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

以前「家賃交渉のやり方」では家賃交渉がしやすい時期なんかについてご紹介しましたが、今回はそれとはまた別です。

物件を探していると、やはり波があるみたいで一年を通じて賃貸物件数が多い時期、逆に少ない時期というのが存在します。

物件数が多ければ多いほど、それだけ選択肢も増えるわけですから、いい物件に住める可能性が高いというわけです。

そこで今回はその物件数が多い順番をランキング形式で順位付けてご紹介していきますので、ぜひ部屋探しの際は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

賃貸物件数が多い時期

物件数というのは、需要と供給によって大きく変動していきます。

退去予定、またはすでに退去している部屋が多ければその分選択肢が広がりますが、需要の方が多かったり、退去する人がいない場合は物件数が少なかったり変動しなかったりするのでこの辺を見分けると部屋探しがしやすいと思います。

第1位・・・1月~3月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

ご存知の通り、この時期は一年間で最も人の入れ替えが激しい時期です。

卒業、入学、などがその原因となっています。

通常の不動産は水曜日が定休日(契約が水に流れやすいとか)になっていますが、この時期だけは水曜日もやっているぐらいです。

3月の末が一番退去する人が多いのですが、退去のための連絡は3ヶ月前から行われるため、掲載時期はその前の1月や2月頃となります。

物件数の多さは2月>3月>1月という順番で物件数は多いですが、3月に入ってしまうとだんだんと良い物件が少なくなっていくように感じます。

なので、もしこの時期を狙うのであれば最低でも2月上旬から部屋探しをした方が良いでしょうね!

ただ、引っ越し業者も同様に繁忙期となるため、料金も高くなってしまいます。

第2位・・・9月・10月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

この時期は俗に穴場シーズンとも言われています。

大学生で9月に卒業する人もいれば、人事異動や転勤により引っ越す人が増えるので物件数が相対的に増えるようです。

また、大家側もこの時期を逃すと年度末まで空き物件になる可能性が高いので、家賃交渉なども割としやすいのが特徴。

私は物件好きなので、一年中物件を見ていますが、この時期になると物件のバリエーションに変動があるのを確認しています。

ちなみに新築物件が登場するのもこの時期が多いので、新しい部屋に住みたいという人にもおすすめです。

第3位・・・4月(ゴールデンウィーク前まで)

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

不動産の繁忙期は4月までと言われているので、正直4月になってしまうといい物件は取られてしまっていますが、未だに物件数は割と多いです。

だいたいゴールデンウィークに不動産を訪れ、契約しようと考えている人が多いのでそれまでに決めないと、ガクンと物件数は下がります。

おすすめは出来ませんが、もし部屋を探すのであれば4月上旬までには決めたいところですね。

 

物件数が少ない時期

物件数が少ないというのは繁忙期を過ぎて、売れ残った物件が多いということです。

確かに、選択肢は狭まり、良い物件を確保するのは難しいですが、その分家賃を下げていたり、家賃交渉、礼金交渉をしやすいというメリットもあります。

 

第1位・・・7月・8月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

一年の中で最も物件数が少ないと言われている時期ですが、逆に最も家賃交渉がしやすいと言われています。

この時期は不動産業界でも「閑散期」にあたり、かなり暇。

 

第2位・・・5月・6月(ゴールデンウィーク後)

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

1~4月の繁忙期で売れ残った物件が多く、ゴールデンウィーク後だとかなり物件数は少なくなります。

繁忙期を過ぎた直後でもあるので家賃交渉はそれほどしやすくはありませんし、一年の中で最も狙うべきではない月と言えるでしょう。

第3位・・・11月・12月

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

一年の中で最も特徴がない時期。

不動産業者も年始の繁忙期に向けて準備する時期ですし、9月10月を終えているので物件数も少ない印象があります。

退去の連絡が早い人は12月とかに連絡をするので12月中旬から少しずつ物件が増えてくる感じですね。

スポンサードリンク

月別の物件数順位

不動産の賃貸物件数が多い時期と少ない時期を順位付けしてみた

※イメージグラフ

2月>3月>1月>9月>10月>

12月>4月>11月>5月>6月>8月>7月

 

大体こういった順番になります。

物件を探す時は目安としている時期の最低でも一ヶ月ほど前から物件を探し始めると、割と良い物件にめぐりあえるので、間違ってもギリギリまで何もしないのは辞めたほうが良いです。

例えば3月に引っ越す予定なら、1月、2月あたりでもう探し始めていなければ遅いです。

繁忙期は特に、入れ替えが激しいですから、ネットなりでこまめに物件数をチェックしておくことをおすすめします。

ちなみに物件のチェックはいちいちパソコンを開くのは面倒なのでアプリでチェックした楽でしょう。

色んな不動産業者がありますが、@nifty不動産は総合まとめサイトみたいにスーモやホームズなど15社の物件をまとめていて、圧倒的物件数なので色々便利です。

私も今のところ物件検索する時に使っているので、気が向いたら使ってみると良いと思います。

@nifty不動産の特徴まとめ

物件ごとの特徴まとめ

1Kとワンルーム

ユニットバスと風呂トイレ別

マンスリー・ウィークリータイプ

角部屋

メゾネットタイプ

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す