部屋探しで掘り出し賃貸物件を探すコツ!おすすめのサイトや調べ方まとめ


部屋探しで掘り出し賃貸物件を探すコツ!おすすめのサイトや調べ方まとめ

私は引っ越しをする前にしっかりと時間を取り、住みたい場所の家賃相場を調べ、リサーチ、その後物件を漁りまくるという感じの超慎重型ですが、やっぱり頻繁に調べていても掘り出し物件って見つかりにくいものです。

かなり好条件の物件情報が出回ることは非常に少ないですが、調べれば調べるだけ掘り出し物件とめぐり合える確率が高まるのも事実です。

そこで今回は「掘り出し物件ってどうやって見つけるの?」という方のために、自称物件マニアの私がやっている掘り出し物件の探し方や使えるるサイトなんかについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

掘り出し物件はそう簡単には見つからない

 

そもそも掘り出し物件ってどう定義するかも難しいところです。

まぁ、賃貸物件の場合は「相場に比べて家賃が安い好条件の物件」ってことになるんですかね。

家賃が高くて良い物件なんて簡単に見つかりますし、掘り出し物件とは呼べませんからね。

 

逆に言えば、そういった好条件の物件は人気が高いため、すぐに先を越されてしまいます。

それだけ倍率も高く、すぐに物件情報も削除される・・・なんかはぐれメタルみたいな存在ってことです。

手っ取り早く探すなら不動産屋に行く方が早い

部屋探しで掘り出し賃貸物件を探すコツ!おすすめのサイトや調べ方まとめ

物件情報をまとめているサイトはいくつもありますが、ネットで簡単に調べられるのであれば苦労はありません。

いかに、先を越されないように物件を探すかというのが大事。

最も手っ取り早いのはネットに頼らずにお店に直接出向くことでしょう。

不動産屋は必ずしも全ての物件を掲載しているとは限りません。

例えばわざと非公開にしている物件や、これから情報を載せようと思っている物件だって存在します。

物件の情報がサイトに載るまでにはタイムラグがあるので、良い物件を探そうと思ったらフライングする必要があります。

私は特に引っ越す予定がなくても、物件見たさに不動産屋に行くことがありますが、全く掲載されていない物件を紹介されることも結構あります。

面倒くさいですが不動産屋に行くのが案外一番労力がかからないかもしれません。

自力で探すなら2パターン

 

さすがに店舗に行くのは面倒と感じている方や、時間が取れないという方は自力で探すしかありませんが、方法は2つあります。

一つは条件検索方法の変更、もう一つは掘り出し物件サイトで探す方法です。

条件検索を変えてみる

 

あなたは物件を検索するとき、どんな条件で検索していますか?

多くの人は「駅から徒歩10分以内」とか「築○○年以内」などで絞り込みをかけているようですが、このように検索をかけてしまうと当然家賃が高めの物件しか出てきません。

もちろん駅から近い方がいいのは当たり前ですし、綺麗な部屋に住みたいのは誰しも同じなので外せない条件でありますね。

しかし、もし掘り出し物件を探すのであればこのような条件検索はベストだとは言い難いです。

人気物件=家賃が高い

みんな徒歩10分以内築○○年で調べる=掘り出し物件は見つからない

 

スーモにこんな記述を発見しました。

最寄駅からの距離は徒歩11分以上になると安くなり始める傾向があるようだ。物件と徒歩15分超の物件とでは、「5分以下」と「16~20分」では約1.7万円もの開きがある。築年数や設備など、部屋のレベルを下げることなく家賃を安くするにはいい手かも。

参照元:スーモ

 

例えば「徒歩10分」の物件と「徒歩11分」の同じような物件があるとします。

一見ほとんど違いはありませんが、徒歩11分以降になると途端に家賃価格は下がります。

条件検索で徒歩10分と検索してしまうと11分以降の条件が良い家賃が安い物件は出てきません。

ちなみに徒歩1分=80mです。

実際、駅から徒歩10分って思ったより遠いので駅まで自転車を使うことが多いですが、だったら11分の物件でも良いよねっていうのが私の結論。

また、築年数に関しても、古い建物は内装がリフォーム・リノベーションされていることが多いので、絞り込まない方が掘り出し物件を探しやすいです。

さっき改めて調べてみたら築35年なのに内装は新築同然の物件を見つけることが出来ました。

同じエリア内でも、築11年を超えたあたりから家賃はグッと安くなる。築年数が古い物件を敬遠する人もいるが、最近はリフォームやリノベーションが施された物件も多く「築年数が古い=ボロい」とは限らない。

参照元:スーモ

 

関係ないですが、私の考えと不動産スーモの考えが一緒でちょっと感動。

スポンサードリンク

掘り出し物件サイトを利用する

 

さすがにこれで掘り出し物件が見つかるかは微妙ですが、そういった物件を専門に扱っているサイトもあります。

それが「掘り出し物件.com」.

このサイトは自分で探すのではなく、こちらで条件を指定して専門のスタッフに相場よりも安い条件に合う物件を探してもらうというスタイルです。

こちらから物件を探せないのは煩わしいですが、こういったサイトを利用してみるのも一つの手だと思います。

探してもらうのは無料ですし、面倒でなければ積極的に利用してみてください。

それでもないなら・・・

 

こうやって色んな検索方法を試したけど見つからないこともあると思います。というか見つからない可能性の方がぶっちゃけ高いでしょう。

もし、とにかく安い物件を探しているのであればあえて事故物件を検索してみるのも一つの手です。

事故物件はあまり公にはされていませんが、実際知らずに事故物件に住んでいる人は結構いるようです。

事故物件と言えば大島てるが有名。

個人的には絶対住みたくないですが、大島てるのサイトで検索し、問い合わせて契約するというのが基本的なやり方です。

家賃は通常の半額以下で住むことができるので度胸のある方はどうぞ。

 

さすがにそれは・・・という方の最後の手段はルームシェアです。

部屋探しで掘り出し賃貸物件を探すコツ!おすすめのサイトや調べ方まとめ

例えば友達と部屋を借りて一緒に住んだり、ルームシェアサイトで物件を検索して住むこともできます。

いわゆるシェアハウスってやつです。テラスハウスでお馴染みのやつです。

家賃はかなり抑えることが出来ますが、その分ストレスだとか色々と面倒なこともあるので一度メリット・デメリットを確認してみてください。

シェアハウスのメリット・デメリットや探し方まとめ

個人的には一度はしてみたいです。

冷静に考えて、掘り出し物件とはちょっと違いますね。

まとめ

 

少し、長くなってしまったのでまとめます。

  • 徒歩11分以上・築11年以上の物件も視野に入れる
  • 掘り出し物件専門サイトを利用する
  • 事故物件に住む
  • ルームシェアする

以上が家賃を安くして、オトクに物件を借りる方法です。

普通に物件を探すと、物件数が少ないので@nifty不動産を使うと便利です。

スーモやホームズ、アパマンショップなど大手不動産からマイナー不動産までの物件を一括で見ることが出来ます。

詳細は@nifty不動産の特徴をご覧ください。アプリでも出ています。

ちなみに、普通の物件でも家賃交渉を上手く行うことが出来れば、オトクに住むことが出来るので積極的に家賃交渉してみてください。

やり方などは「家賃交渉のやり方や値下げ出来る金額」を参考にしてみてください。

その他の一人暮らしコラム

いい部屋を効率的に探し出す方法

検索時にチェックすべき物件情報

東京都内で生活するのに必要な初期費用や生活費平均

同じような条件の物件で悩んだら

初期費用を10万円以下に抑える方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す