賃貸不動産の路上看板や前に張り出してあるチラシはおとり物件か


張り出してある物件情報

一人暮らしを経験している人なら、というか経験していない人でも不動産屋の前に物件一覧が張り出しているので一度は見たことがあると思います。

不動産屋によっては看板まで立てて物件をアピールしていますが、よくよく考えてこの目的ってなんなのか、本当にその物件は存在するのか、そして貼りだしている物件はオトクなのかということを主体にまとめてみました。

スポンサードリンク

物件情報を張り出している目的とは

 

正直、私は不動産屋の物件情報を真面目に見ている人を見かけたことがないのですが、あくまでこの物件一覧は集客するのが目的です。

インターネットが普及していなかった時代はこの店頭前での物件情報開示が非常に有効な集客手段として不動産業界に普及したその名残として今でも街中でも見かけるぐらいどこの不動産屋も物件チラシを張り付けています。

個人的にはあまり集客の効果はないように感じますが、やらないよりはやった方が売り上げが伸びるということなんでしょうね。

例えば、これから一人暮らしを始めたいと思っている人がたまたまその不動産屋の前を通る。

お店に入るほど焦っているわけではないが、物件の情報が並べてあると「ちょっと見てみようか」と思います。

ちなみに、なぜあんなにも物件数が多く掲載されているかというと、数うちゃ当たると同じ論理で数が多い方がその人の条件に合った物件が見つかりやすいからです。

不動産屋の景観を考えると、すごくごちゃごちゃしているので好ましくはないとは思いますが、集客効果が少しでも期待できるのでこの方法が今でも取られているのです。

スポンサードリンク

張り出されている物件はオトクなのか

 

全面に出しているということはお店的にもアピールしたい物件ばかり載せているのかと思いきや、そうとは限りません。

私も何度か実際に足を止めて確認してみましたが、物件情報の大半は家賃価格も適性、特に際立ってオトクな部分は見受けられませんでした。

 

それと、よくネットでは「店頭の物件チラシはおとり物件ばかり」という噂を耳にしましたが、これは少し語弊があります。

実は不動産屋側も掲載している全ての物件を把握できているわけではありません。

例えば、インターネット上で掲載している物件で契約が決まったとして、その物件が張り出してあるとします。

通常は契約が決まったら剥がすのですが、なにせ物件情報があまりにも膨大なため、剥がし忘れてしまうことがたまにあります。

その後、他のお客からこの物件で契約したいと言われても実際にはもう他の人が契約しているので、これが原因となり「おとり物件」と言われるのです。

不動産業界はブラック企業が多いと言われていますが、これはやることが多すぎるが故でしょうね。そうなれば、ミスも出てきて当然です。

最初からおとり物件を堂々と掲載している店舗もあると思いますが、多くの場合は単純に剥がし忘れです。

おとり物件の見分け方

店舗前のチラシとネットの物件どちらがオトクか

 

もし店舗前に掲載されている物件とネットの物件どちらが得か比較するのであれば、間違いなくネットで物件を探した方が良い物件に巡り合うことが出来るでしょう。

 

圧倒的にネットで探した方が物件情報は多いですし、ネットを使えばその部屋の写真をカラーで見ることが出来ますからね。

しかし、店舗で物件を探してもらうのとネットを比べると店舗でこちらの条件を伝え、探してもらう方が良い物件に巡り合える可能性は高いかもしれません。

店舗ではまだネットに掲載されていない物件も探すことが出来るので良い物件であっても他の人に取られにくいのです。

もし、引っ越しまで時間があるのであれば、一度ネットで探してから、良い物件がない場合店舗に直接行って探してもらうというのが効率的です。

ネットで探すのであれば取扱物件数がスーモやホームズよりも多い@nifty不動産、もしくは専門スタッフにチャットで探してもらえるイエプラを使うのがおすすめです。

イエプラの場合は非公開物件を取り扱っているので掘り出し物件を見つけるには最適です。

まとめ

少しわかりにくい説明だったかもしれませんが、まとめると不動産屋の前のチラシを見るのは時間の無駄ということです。

そこまでするのであれば店舗内に入ってスタッフに物件を探してもらった方が良いです。

別に探してもらったからといって、必ず契約しなければならないわけではないですし、私も物件が見たいがためだけに不動産を訪れることもあります。

少しでも参考になれば幸いです!

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す