入居審査は誰がするの?必要な日数や無職でも審査を通りやすくする方法


入居審査は誰がするの?必要な日数や無職でも審査を通りやすくする方法

部屋を借りる前に必ず行われるものが入居審査です。

ちゃんと家賃を払えるのか、滞納しないかなど大家側は不安に思っているので、審査が行われます。

私も今まで何度も審査を行ってきましたが、今のところ審査に落ちたことはありません。

ところで、この入居審査って誰がしているのか、どのぐらいかかるのか、など裏側について気になる方も多いと思うので、今回はその辺の事情を調べてみました。

それと、無職でも審査を通す方法についてもご紹介します。

スポンサードリンク

審査は誰がしているのか

 

やっぱり、この部分って結構気になるところだと思います。

基本的に審査から入居の流れとしてはこんな感じ。

部屋を決めて契約する

年収や連帯保証人などを記入

審査

入居

 

審査で落ちてしまうとその部屋に住むことが出来ません。

この時、審査を行っているのは「仲介業者」「管理会社」「大家」+「保証会社」です。

%e5%af%a9%e6%9f%bb%e3%81%ae%e6%b5%81%e3%82%8c

仲介業者に関しては審査に参加することが出来ないという噂もあるようですが、第一の関門として簡単なチェックは行っています。

例えば、最初から無職はお断りをされている物件で契約を行おうとすると、仲介業者から「さすがに働いていないと厳しいですね」と言われます。

仲介業者自体にも審査基準が存在しており、これは業者により異なります。

最も、営業としては契約してもらうのが仕事ですから、なんとかすることが多いようですけどね。

この審査(チェック)が通ると、次は大家と管理会社の審査に入ります。

 

大家がアパートを自分自身で管理している場合は管理会社を仲介しませんが、最近はどこの大家も管理会社と契約しています。

そのため管理会社と大家が独自の審査基準によって審査をし、これが通ると「審査が通った」ということになります。

もし、あなたが保証会社を利用しようとしている場合はこの次に「保証会社の審査」が入ってきます。

保証会社自体もまた独自の審査基準を設けており、それが通って全ての審査が終了です。

もし、大家と管理会社が「この人は住まわせられない」と判断された場合、その時点で審査が終了してしまうので保証会社まで審査が回されることはありません。

審査に必要な日数

 

審査に必要な日数は平均で2~3日、最大でも1週間と言われています。

繁忙期に契約したのか、閑散期に契約したのかによってかかる日数は変わってきますが、例え審査に落ちたからといって連絡が来ないことは決してありません。

審査に落ちた場合は、新しい部屋を紹介し、契約してもらうために仲介業者から連絡が入ります。

しかし、「保証会社から連絡が入ります」と言われたにも関わらず、連絡が入らない場合はあります。

これは、大家+管理会社の審査の時点で落とされているので保証会社に審査が回されなかったことが原因です。

連絡が来ないと不安に感じますが、待っていれば仲介業者からは連絡が必ずくるので待ちましょう。

スポンサードリンク

入居審査に落ちる人の特徴

入居審査は誰がするの?必要な日数や無職でも審査を通りやすくする方法

個人的には入居審査は割と通りやすいように感じていますが、やはり落ちることもあるようです。

【審査の際にチェックされている項目】

  • 職業
  • 年収
  • 何年務めているか
  • 連帯保証人の職業
  • 連帯保証人の年収
  • 連帯保証人との関係

家賃を滞納しないか、滞納した場合に連帯保証人がしっかり対応できそうかどうかをチェックしています。

普通に会社員勤めで、親も働いている人ならまず審査に落ちることはないでしょう。

【審査に落ちやすい人の特徴】

  • フリーター
  • アルバイター
  • 自営業者
  • パート
  • 無職
  • 年収がかなり低い
  • 学生
  • 同棲予定のカップル

こういった特徴がある方は審査に落とされることもあります。

収入が安定していなかったり、そもそも年収が低い人は審査が通りにくくなります。

もちろん審査基準は大家によっても変わりますし、住む部屋の家賃価格によっても甘くなったり厳しくなったります。

一点注意して欲しいのは、これから同棲しようと思っているカップルです。

同棲予定で部屋を契約しようとすると、大家側は嫌がります。

これは、「仮に二人が別れてしまったら家賃を払えるのか不安」というのが率直な感想でしょうね。

それと、二人で住むとその分、部屋が汚れる可能性もあり、補修費用がかかることの不安もあるのでしょう。

ただ、審査基準はあくまで「家賃が払えるかどうか」ということですので、これをクリアすれば問題はありません。

詳しくは「同棲で部屋を借りるのに契約者も連帯保証人も2人必要?」を参考にしてみてください。

 

無職でも審査を通りやすくする方法

 

無職の場合は途端に審査に通りにくくなりますが、全く通らないというわけではありません。

私の友人にも無職の人がいましたが、連帯保証人を親にしたところ、普通に審査に通って一人暮らしを始めていました。

基本的に無職の人が取れる対策は2つ。

一つは家賃が低めで人気があまりないような物件を選び、連帯保証人に親を立てること。

もう一つは、親の名義で部屋を借りてしまうことです。

親の名義になるということは、仮に自分が無職だったとしても関係なくなります。

親がしっかりした職を持ち、年収もそれなりにあるのであれば、間違いなく審査は通ります。

単純な理屈ですが、意外と親名義の発想をしない人も多いので参考にしてみてください。

 

もしくは、部屋を借りる何か月か前に一時的にでもアルバイトをして、連帯保証人に親を立てるという手段もありでしょう。

保証会社を立てればより安全ですが、その分お金がかかってしまうというデメリットがあるので、この辺は成り行きに応じて対応してください。

その他の一人暮らしコラム

検索時にチェックすべき物件情報

店舗に付き添いは必要か

引っ越し前に隣の住人を知る方法

同じような条件の物件で悩んだら

給料と家賃の本当にベストな比率

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す