賃貸物件の管理費・共益費の違いとは?0円物件は最終的に損!?


一人暮らしを経験したことがある方なら物件ごとに共益費・管理費と書かれているのを見たことがある人は多いと思います。

ただ、初めて部屋を借りる場合、この意味ってよくわからないですよね。

何度も引っ越ししている人でさえ「管理費」と「共益費」の違いを理解していなかったりします。

この違いや仕組みを理解しておくだけで、今後部屋をオトクに借りれるようになるかも!

では、さっそく見ていきましょう。

スポンサードリンク

管理費・共益費の違い

 

まずは本来の意味をご紹介します。

  • 共益費・・・共用廊下の清掃や電灯などに使われるお金。住んでいる人が共有している部分に対して発生する費用
  • 管理費・・・その物件全体にかかる費用。建物の老朽化などは管理費に含まれる。

 

つまり、管理費というのは建物全体のことを指し示すものであり、共益費はその中の一部分というのが正確な表現です。

管理費・共益費

管理費の中に共益費が含まれているというイメージです。

 

しかし、この違いについて今現在はほとんど区別をされておらず、物件を探してみると「管理費・共益費○○円」と表示されていることが多いですね。

こちらにとってはそれが管理費であっても、共益費であっても払う額は変わらないのであまり気にする部分ではないかもしれません。

ちなみに、本当に管理に全額が使われているのかというと、そういうわけではありません。

例えば共益費を自分の懐にしまってしまう大家も実際には多いようです。

結局維持費は大家側が負担しなければならないため、管理費・共益費を何に使ってようがこちらは文句を言えないというわけです。

一人暮らしの管理費・共益費の平均相場

管理費・共益費が0円の物件

 

マンションだと滅多にありませんが、アパートだと「管理費・共益費0円」となっている物件は非常に多いです。

普通に考えて、0円でその建物を維持するのは不可能です。

となると、やはりどこかでそのお金を回収していることになります。

頭の良い方はこの時点でもうお分かりかと思いますが、この場合は「家賃」に管理費・共益費が含まれているのです。

元の値段を知ることは借主には知ることができないため、こういう書き方をしても「家賃高いな」とは思われません。

むしろ、それよりも「共益費0円?安い!」という心理が先行してしまうのが人間です。

上手いやり方ではありますが、こういった物件は要注意です。

スポンサードリンク

管理費・共益費0円物件は避けるべき?

 

上記の説明だけだと結局どっちも変わらないように思えますが、ここからが本題です。

 

Aの物件:家賃60,000円、管理費・共益費10,000円

Bの物件:家賃70,000円、管理費・共益費0円

 

 

Aの物件もBの物件も合わせて70,000円なので一見同じように思えますが、最終的に安くなるのはAの物件です。

例えば初期費用に含まれる仲介手数料。一般的には家賃の1ヶ月分が取られます。

はい、「家賃の」1ヶ月分です。

つまりAの物件なら60,000円しか取られないところ、Bの物件だと家賃分70,000円取られてしまうというわけです。

このほか2年ごとの更新料や場合によっては保証会社の手数料なんかも「家賃の○○%」と書かれていることが非常に多いです。

1ヶ月あたりの払う額は共益費込みの家賃となりますが、こういった特別手数料には共益費が含まれていないことが多いので、もし安く借りたいと思うのであれば共益費も多少かかっている物件の方が良いということですね。

もしAとBのような物件で悩んだのであれば管理費・共益費が含まれている物件を選ぶべきです。

その他の一人暮らしコラム

保証会社加入必須物件に連帯保証人は必要か

敷金・礼金・仲介手数料無料物件の意外な落とし穴

入居審査後にキャンセルは出来るのか

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す