保証会社加入必須物件は連帯保証人を立てても契約しなきゃだめなの?


最近は条件に「保証会社加入必須」と書かれてた物件が多くなってきたような気がします。

通常、賃貸契約を行うとき、自分の親などが連帯保証人となっていれば保証会社の加入は必要ではありません。

しかし、最近の物件情報を見てみると連帯保証人の別に保証会社の加入も必須と書かれていてちょっとよくわかんないですよね。

ということで今回は連帯保証人を立てても保証会社の加入は必須なのか気になる疑問を解消していきます。

スポンサードリンク

「保証会社加入必須」となっている物件について

 

なぜ保証会社の加入が必須となるかについて疑問に感じますが、これは大家側の視点で見てみるとわかりやすいと思います。

例えば、部屋を借りたいという人がいて保証人に親を立てているとしましょう。

ここで保証会社の加入がない場合、もし契約者が家賃を滞納し始めると当然保証人となっている親に請求が行くわけです。

普通なら親が家賃を代わりに払いますが、もし保証人が家賃を支払ってくれない場合は裁判となります。

実際裁判をするには膨大な時間と費用を要しますので、大家側は面倒に感じるはずです。

 

もし、契約時に保証会社を立てている場合は話が変わってきます。

保証会社というのは仮に契約者が家賃を滞納した場合にその家賃を一時的に肩代わりして大家に支払ってくれるというシステムです。

%e5%ae%b6%e8%b3%83

そのため、大家側が面倒に巻き込まれることはありません。

もし、その後家賃を滞納し続けたとしても大家は毎月しっかり家賃を得ることができます。

面倒を被るのは保証会社というわけです。

 

よって、大家側は余計なトラブルを避けるために「保証会社加入必須」としているのです。

スポンサードリンク

じゃあ連帯保証人って必要ないの?

 

そうなると続いて、こういった疑問が湧きますよね。

大家的には保証会社がなんとかしてくれるんだから連帯保証人はいようがいまいがどっちでもいいんじゃないかという話になってくるわけです。

これについては保証会社の視点で見てみると結論は容易です。

保証会社にとって、もし契約者が家賃を滞納すると肩代わりしなければなりません。

その後、滞納した額を契約者に請求するのですが、払えるとは限りませんよね。

こういった時に連帯保証人がいてくれれば、困ってもそっちに請求が出来るというわけです。

つまり、保証会社に加入している場合、連帯保証人を立てて欲しいのは大家側ではなく保証会社側。

大家と保証会社が提携する時に、保証会社が「不安だから連帯保証人も立てるようにしてくれ」と言っているわけです。

 

もし、良い部屋を見つけた時に保証会社加入必須となっていたとしても連帯保証人を絶対につけないとならないわけではありません。

審査時に「連帯保証人を立てて」と言われたらその時に立てればいいということです。

もちろんこれは契約する物件、具体的には大家や保証会社によっても変わりますし、こちらの職業(収入)によっても変わってきますので一概には言えません。

ただ、保証会社の加入+連帯保証人を立ててあげると、大家側も保証会社側も安心できるということです。

 

最も、借り手側は保証会社に対する手数料を支払わなければならず、連帯保証人をわざわざ立てなければならないので一人負けみたいなもんです。

家賃保証会社は大家への家賃を保証するわけなのに借主が契約し契約金を支払うわけでしょう?第一、保証会社は連帯保証人がいない借主のために出来た制度であるしサービスであるわけで、だからこそ借主が契約するのに、大家のために入るような事になっている事自体が問題。

参照元:教えて!goo

 

冷静に考えてみれば、保証会社利用の手数料を借り手側が払うっておかしいですよね。

大家が助かるサービスなんだから大家側が負担すべき料金じゃないのか。

ぜひ一度、詳しく専門の方にお話しを伺いたいところです。

保証会社に支払う平均相場はどのぐらい?

まとめ

 

保証会社の利用は手数料として初回保証料+年間更新手数料としてある程度のお金がかかるので、出来れば「保証会社必須」となっていない物件を探すのが良いと思います。

それでも、魅力的な物件が必須となっている場合は「連帯保証人を立てる必要があるのか」一度詳しく聞いてみるべきですね。

その他の一人暮らしコラム

家賃交渉の具体的なやり方

殺菌消毒・防虫クリーニングは義務?

合鍵を作れるお店や値段

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す