賃貸物件退去の請求書がこない・連絡がない場合って退去費用払わなくていいの?


部屋を借りる場合、当然ながら退去時にクリーニング代として退去費用が請求されます。

一人暮らしの場合、退去費用は約30,000円ほどかかると言われていますが、部屋の状態が悪ければそれ以上に請求されることもよくあります。

さて、そんな退去費用ですが、通常は請求書・見積書が届き敷金を払っていればその中から差し引かれ、あまった敷金は返ってきます。

しかし、中には退去の請求自体が一向にこないということも稀にあるようです。

今回はそんな時にどうすれば良いのか法律を交えながらまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

退去費用はいつ払うものなのか

 

初めて一人暮らしをした方や親に家賃を払ってもらっていた人は退去費用うんぬんのことはよくわからないと思いますが、一般的には退去してから約1ヶ月の間に請求書・見積書が新しい住所宛に届きます。

退去の際に立ち合いをしたと思いますが、これは傷の状態を見ていくらぐらい支払うのか見積もりを作成するためです。

その後見積もりを送るので早くて2週間ほどかかります。

場合によっては実際に修繕してからその費用の請求書を作成するため1ヶ月ほどかかることもあるというわけですね。

 

私が初めて一人暮らししたのは学生の時で家賃は親に払ってもらっていたので詳細はわかりませんでしたが、立ち合いが凄く適当だったのを覚えています。

業者の方だと思いますが、カーペット敷いたままでフローリングの傷も見ていないのに「このぐらいですね」と簡単な見積書を作成していました。

その後、請求書が実家に送られてきましたがその額は立ち合いの金額よりも多かったそうです。

立ち合い時と実際の修繕の費用に差が出たためだと思いますが、だったら立ち合いする意味って・・・って話になりますよね。

まぁ今回は立ち合いの話はあまり関係ないので省きます。

スポンサードリンク

いつまでも連絡が来なかった場合にどうするべきか

これは借りた状況によって対処方法が異なりますので「敷金を払っていた場合」「払っていなかった場合」を見ていきます。

敷金を払ってた場合

だいたい1ヶ月前後は様子を見ますが、それ以上の場合はこちらから連絡してみてください。

これは「もしかしたら敷金が返却される可能性がある」ためです。

大家が管理会社と提携しているなら管理会社に、そうでなければ大家に繋がる番号に電話します。

これは契約書類に明記されているためわかるはずです。

電話では「○○ヶ月前に○○アパートを退去したヒトグラですが、退去の費用に関して連絡がなかったのですが、どうなっていますか?」とストレートに聞いてみましょう。

連絡がこない理由として考えられるのは単純に忘れていた、もしくは退去費用が敷金と相殺されて0円となっているためです。

敷金を払っていない場合

 

この場合はこちらから連絡すると確実に退去費用を請求されるため相手が連絡してくるまで待ちましょう。

第600条契約の本旨に反する使用又は収益によって生じた損害の賠償及び借主が支出した費用の償還は、貸主が返還を受けた時から一年以内に請求しなければならない。

 

ちょっと解説します。

民法600条によると、貸主、つまり大家側は返還(退去)から1年以内に収益(部屋を貸すことで家賃を得ること)によって生じた損害(フローリングの傷等)を貸していた人に請求しなければならないということです。

もし1年以内に「見積書」や「請求書」あるいは、退去費用の連絡があった場合は別ですが、なかった場合は退去費用そのものが時効として消滅するというわけです。

逆に1年以内にこちらから連絡を取ると民法600条は適用されませんので、この場合は連絡せずに待つという行為が正しいというわけです。

 

1年以上立っているのであればこちらから連絡する必要が出てきます。

請求がないものを、わざわざこちらから連絡して時効援用を伝える必要はありませんし、揉める元ですから、
今後、もし請求の連絡があった場合は「退去日より1年が経過していますので時効を援用します」と伝えることで時効が成立します。

参照元:教えて!goo

 

時効が成立するのは「時効援用の意思表示」を示した時。この意思表示をしない限り時効としては認められない仕組みになっています。

最も、1年以上経過して、向こうから連絡がきたときに「時効援用します」と言えばいいだけなので、いつまでも退去費用が気になっている場合は自分から、そうでなければ来るまで待つという姿勢で良いかもしれませんね。

1年以上経っていたらこの先もずっと来ない気もしますが。

まとめ

 

法律関係の事は非常に複雑なので余計なトラブルを起こしたくない、または退去費用がどうしても心配という方はこちらから連絡してしまっても良いと思います。

おそらく管理会社が連絡を忘れているだけです。

どうしても退去費用を払いたくないという方は連絡しないことですね。

いつまでも連絡しないこと自体相手のミスなので、そこから実際に退去費用を請求されることにはなりにくいと思います。

その他の一人暮らしコラム

敷金は返ってくるのか

家賃交渉の具体的なやり方

入居審査に必要な日数や審査を通りやすくする方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す