賃貸アパートのベランダでタバコ喫煙は違反行為?喫煙者の対策方法とは


一人暮らしをされている方でタバコを吸う人はどこで喫煙していますか?

部屋でタバコを吸うとヤニが付くのでキッチンの換気扇の下、もしくはベランダという方が多いと思います。

しかし、このベランダというのが賃貸物件では問題に当たるという噂があります。

その辺の疑問をサクッと解消していきますので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

ベランダの喫煙行為はNG?

 

喫煙者的には他に選択肢がないからベランダで吸っているという状況だと思いますが、ベランダで吸うと当然トラブルにもなりかねません。

特に隣人が喫煙者でない場合「洗濯物がタバコ臭くなって困る」という理由で苦情を入れる人は意外と多いようです。

確かに自分が嫌煙者だと嫌悪感、怒りすら感じるかもしれませんね。

 

この問題にはまずベランダの権利について把握しておかなくてはなりません。

 

ベランダは借りている人が自由に使って良いと思うのが普通ですが、正確な規定によると廊下と同じ共用部分と位置づけされます。

ただ、具体的には廊下部分と全く同じというわけではなく、借りた人のみ使って良いという専用使用権が認められています。

つまり、どういうことかというと基本的にそのアパート、マンションの規定に反しない使い方なら自由に使って良いということです。

 

自分のものではないけど、自分にのみ使って良い権利があるということですね。

例えるなら、友達Aからゲームを借りてるけどそれは自分のものではなく、あくまで友達Aのものなので勝手に売ったりするのは当然ダメ。借りたのは自分なので他の人が使うのはNG。

借りてるんだから規定があるのは当たり前ですよね。

 

で、ここからが本題。

タバコ喫煙に関して、もし契約内容に「ベランダでの喫煙はNG」と書かれていたのであれば当然ながらベランダ喫煙は規約違反となります。

何も書かれていない場合、喫煙しても問題ないことになりますが他の住人から苦情が来るケースはあります。

この場合、規約としては違反になりませんが、他人に迷惑をかけている行為となるので結果的にベランダでの喫煙は実質的にできなくなるというわけです。

スポンサードリンク

裁判にまで発展したケースも

当然、規約に書かれていないんだから別にいいんじゃないか!という意見も出てきます。

苦情に対していつまでも辞めなかった人が裁判にまで発展したケースがあります。

女性が名古屋地裁に訴えたのは、マンションの階下にすむ男性がベランダで喫煙しその煙が自宅マンションの室内まで入ってくるため、喫煙をやめるよう何度も申し入れたが男性はそれを無視した。それが約1年半続いたため体調が悪化したとして、150万円の賠償を求めた。判決が2012年12月13日に出て、女性の精神的損害を認め男性に5万円の支払いを命じた。

参照元:Jcastニュース

 

これはあくまで特殊なケースで、裁判にまでなることは滅多にありませんが、結果的に苦情を入れた人が勝訴していることを考えると苦情が入ったらそれに従うしかないようです。

喫煙者の対策方法

 

ベランダが禁止されたとしてら一体どこで吸えば良いのか。

これに関しては部屋で吸う、もしくはキッチンの換気扇下で吸うしか手はなくなりますが、どちらを取るにしても退去費用は高くなります。

タバコのヤニによる修繕費用はいくらか

空気清浄機というのも一つの手ですが、良い空気清浄機というのは値が張りますし、安易に手が出せるものでもありません。

その解決方法としてタバコを辞める、もしくは電子タバコに変えるしかなくなります。

これは私の場合ですが、苦情はなかったもののタバコの煙やにおいがあまり気にならないアイコスに切り替えてから部屋で吸えるようになりました。

本来であればタバコ自体を辞めてしまうのが一番ですが、それが出来ない場合は他のものに切り替えていくか、空気清浄機で対策をするかしか選択肢はなさそうです。

まとめ

 

私の住んでいるところでは隣の住人も平気でベランダでタバコを吸っていますし、ファミリー層が集まるマンションでなければ苦情にまで発展するケースはほとんどないと思います。

特に学生の場合はベランダ喫煙よりも宅飲みのうるささが苦情に発展することが多いのでそっちの方を心配すべきでしょうね。

もし、苦情が入ったらどうするか今後のことを一度考えてみてはいかがでしょうか。

その他の一人暮らしコラム

クリーニング代は平均いくらかかるのか

突然の来客時に部屋の臭いを消す方法

家賃を滞納してしまった場合の対処方法

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す