賃貸物件住みの一人暮らしは電力自由化で電気会社を変える意味はあるのか


賃貸物件住みの一人暮らしは電力自由化で電気会社を変える意味はない?

今までは電力会社と言えばその地域で決められた会社としか契約が結べない決まりになっていましたが、電力自由化が2016年の4月より実装されて誰でも誰からでも売買を行うことができるようになりました。

賃貸アパートやマンションに住む人にはあまり関係のない話にも思えますが、当然電気を使ているなら関係あることです。

賃貸でも電力自由化に伴い自分の好きな電力会社から電気を買うことが出来るようになっているわけですが、果たして一人暮らしでもわざわざ電気会社を選ぶ必要があるのか。

今回は基本的なことから順を追ってなるべくわかりやすく説明していこうと思います。

スポンサードリンク

賃貸でも電力自由化は関係あるの?

 

冒頭で説明してしまったので2度手間ですが、もちろん関係あります。

今までの賃貸契約の仕組みとしては物件を決めて入居したら、その後、その地域の電力会社に電話して「電気の開通をお願いします」と言って契約していたと思います。

例えば、関東に住む人なら東京電力、関西に住んでいる人なら関西電力などなど地域によって違いましたが強制的に電力会社は決められていたためそれに従うしかありませんでした。

 

しかし、電力自由化が実装されて実質的にどこからでも電力を買うことができるようになったため、決められた電力会社と契約する必要性がなくなりました。

 

賃貸物件に住んでいる人は「電力自由化と言っても、大家や管理会社が電力会社を選んでいるんだから関係ないんじゃないの?」と思うかもしれませんがこれは間違いです。

基本的に大家側と電力会社は別個のもので、契約の権利は住む人にあります。

 

なので、例えば電力会社を変えようとしたとしてもわざわざ大家に言う必要もありません。

勝手にやってくれ状態です。

インターネットをどこで契約するのかは本人の自由ですが、これと一緒です。

ただ、マンションによっては部屋ごとではなく建物全体で同じ電力会社にしている場合があるので、こうなると勝手に変えることはできなくなります。

心配な人は一度管理会社等に確認してみると良いと思います。

電力会社の乗り換えに嫌な顏をされることはないので心配入りませんよ。

スポンサードリンク

乗り換えると安くなるの?

賃貸物件住みの一人暮らしは電力自由化で電気会社を変える意味はない?

今現在、電力を売っている会社は無数にあるので一概には言えませんが、基本的には乗り換えると安くなるようになっています。

これには2つの理由があります。

  • 電気を独占することが出来なくなり、会社が競い合うようになったから
  • 大手の電力会社よりも安くしないと乗り換えてくれないから

 

今まで大手の電力会社が電気を独占したのが自由化になり、競い合うようになりました。

その結果、当然ながらライバル会社に取られまいと躍起になって電気代が安い会社が増えています。

また、正直わざわざ電力会社を乗り換えるのって面倒に感じる方も多いでしょう。

契約していた人を乗り換えさせるにはオトクになるよ!アピールをしなければ動きません。特に日本人なら尚更ですね。

その結果、「○○電力会社よりも電気代が5%オトクですよ!」とアピールする会社が多くなるのも当たり前ですね。

 

ただ、中には例外もあり、今使っている電気代よりも高くなるようなプランを並べている企業もあります。

一見オトクに見えるような会社でも2年以内だと違約金が発生するとか携帯会社みたいなやり方でお金を巻き上げようとするところもあるので申し込みする前によく確認する必要があります。

一人暮らしは乗り換える必要はない?

 

ここまで紹介したなら普通は「どこの電力会社と契約するのが得か」という話をするのが普通だと思いますが、その前に一つ説明しておかなくてはなりません。

仮に現在一人暮らししている人でもわざわざ電力会社を変える必要があるのか。

一人暮らしと考えると正直な話、今すでに入居している人は変更する必要はないと思います

理由は簡単で、あまりオトクにならないからです。

 

ちょっと例を出してみましょう。

例えば大東建託が提供している「いい部屋でんき」という電気システムサービス。

これも電力自由化に伴うサービスで、契約すると電気代がオトクになる(大東建託物件限定)というものなのですが、その割引額は一般的な電気料金の約5%です。

一人暮らしの1ヶ月の電気代はおよそ4000円ほどと言われています。

仮にいい部屋でんきを使っていたとしても月200円引きしかされません。

他の電力会社も違いはありますが、どの会社も基本的にこの程度の割引額となっています。むしろこれでもいい部屋でんきはオトクな方だと思います。

入居時に電気代が安い電力会社を選ぶのは別として、今すでに契約してしまっている電力会社から乗り換えたとしてもそこまでお得にならず、むしろ手続きの面倒臭さの方が上だと私は思います。

仮にこれがファミリー世帯や電気代をあり得ないぐらい使う人なら乗り換える意味も出てくると思いますが、普通の一人暮らし者は面倒だからやらない方が良いというのが結論です。

オトクな電力会社の探し方

電力会社のおすすめをすでに調べている方ならわかると思いますが、どのサイトでも言っていることが違います。

これは電気の使用量や住んでいる地域によってオトクなプランが異なるためです。

つまり万人に共通する「オトクな電力会社」はないということですね。

自分がどこに住んでいてどのぐらい電気を使うのか、夜使うのか、住んでいる人数は何人なのかなどによって選び方は変わります。

一番手っ取り早く知りたいのであればエネチェンジというサイトの料金比較を見てみると良いと思います。

自分にとっておすすめの電力会社が一発でわかるので便利です。

り換え手続きの具体的なやり方」作成時にも使わせて頂きました。

ちなみに私の場合はソフトバンクでんきがオトクだそうです。

その他の一人暮らしコラム

インターネット固定回線とポケットwi-fiどっちが得か

受信料を払ってしまった場合の解約方法

インターネット回線勧誘の手口と断り方

スポンサードリンク

トップページへ

コメントを残す