希望の物件が見つからない3つの原因と希望が叶う部屋探しの方法


部屋を探す際は自分なりのこだわりの条件があると思います。

ただ、十中八九自分の希望を叶えることができず、最終的に妥協しなければならないのが部屋探しです。

仕方ないと言えば仕方ないですが諦める前にもう一度よく検討してみてください。

今回は希望の物件が見つからない時の部屋探しの仕方について具体的なアドバイスをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

希望の物件が見つからない原因

  • 1.設定条件自体が厳しい
  • 2.取扱物件数の少ないサイト(不動産)を利用している
  • 3.物件数自体が少ない時期に検索している

【1】設定条件自体が厳しい

家賃が安くて築年数は浅く、駅から徒歩5分圏内・・・こういった検索方法ではまず出てきません。

その地域の家賃価格がどれほどなのか知っておき、最低でもそのラインは妥協するべきです。

 

【2】取扱物件数が少ないサイト(不動産)を利用している

ミニミニやいい部屋ネット、レオパレスなどは取り扱っている物件数が業界の中でもかなり少ないです。

まずは不動産情報サイト(スーモやアットホーム等)を利用して検索すべきです。

500万件と50万件では検索にヒットする物件に差が出るのは当たり前です。

 

【3】取扱物件数が少ない時期に検索している

不動産業界も物件数が多い時期と少ない時期があります。

ちょうど引っ越しで入れ替えが激しい3月頃は多いですが、逆に6月、7月頃は少ない・・・なんてことはよくあります。

部屋を探すのに最適な時期

この3つの原因のうちどれに当てはまっているかはわかりませんが【2】と【3】を考慮して、それでもダメな場合は自分の条件を妥協するようにしてください。

希望の物件にマッチする部屋の探し方

 

これは部屋の探し方というより、条件に合う物件に住む方法といった方が正しいかもしれません。

例えば家賃6万円以下で駅から徒歩5分以内、築年数10年以下の物件を探しているとして家賃が62,000円の物件を見つけたとしましょう。

つまり家賃以外は条件に合っているということです。

まずはこの物件について問い合わせて実際に内見してみましょう。

その後、営業の方に「家賃以外の条件は全て完璧なんですよね~。どうにかなりませんかね?」

とストレートに聞いてみましょう。

 

家賃価格というのは意外と適当に決められており、大抵の場合、こちらが悩んでいると不動産側は家賃の値下げを検討してくれます。

値下げの決定権は例外を除き、基本的に大家側にあるため不動産側は一概に決められるものでもないのですが、交渉はしてくれます。

 

これが俗にいう家賃交渉というやつです。

家賃交渉の具体的なやり方

つまり、希望の条件を見つけたい場合は最初に家賃を少しだけ妥協して検索し、その後家賃交渉してその分の値下げを図るのです。

家賃以外の部分を妥協して検索してしまうと結局妥協した部屋に住むことになりますが、家賃は後から交渉できます。

仮にもし家賃が希望の条件まで下がらなかった場合は諦めるか、もしくは家賃以外の部分の交渉を行うようにしましょう。

家賃以外というのは礼金や管理費・共益費のことです。

礼金というのは全く意味のないお金ですし、大家側は家賃という定期的な金額を下げられるよりも礼金を0円にする方がマシと考えています。

しかし、礼金は1年で割って計算してみると月の値引き額は結構高くつきます。

共益費・管理費についても家賃を下げるよりもマシと考えています。

管理費・共益費が0円は最終的に損!?

スポンサードリンク

もし妥協するとしたら

 

仮に家賃を妥協して検索しても全くヒットしなかった場合はあまりにも厳しい条件なのでやはりどこかで妥協しなければなりません。

もし家賃以外の部分で妥協するとしたら「築年数」「駅から徒歩○○分」という条件でしょうね。

築年数に関してはリノベーションしている物件がよくあるので、外見は古そうに見えるけど部屋は新しいということもあります。

また駅から徒歩○○分というのは実際には早歩きしなければならない距離だったり、掲載している業者によって駅からかかる時間に違いがあることも。

実際私は同じ物件なのに仲介業者Aでは「徒歩6分」と書いてあるにも関わらず、仲介業者Bは「徒歩8分」と書いてある物件を見たことがあります。

ネットで検索すると区切りが「3分・5分・7分・10分・15分」となっていて例えば徒歩11分の好条件の物件があったとしても「徒歩10分以内」で検索するとヒットしません。

こういう物件を取り逃してしまうのは非常に勿体ないので検索パターンを色々と変えて試してみてください。

同じような条件の物件で悩んだら

まとめ

自分で探す場合は@nifty不動産がおすすめです。取扱物件数は1000万件以上でアプリもあります。

自分で探すのが面倒だと感じる方はイエプライエッティなどのサービスを使うと手っ取り早いと思います。

自分の条件に合う物件はなかなか見つからないと思いますが、長く住むのであればなるべく妥協しないようにしたいものですね。

その他の一人暮らしコラム

いい部屋を効率的に探し出す方法

敷金・礼金・仲介手数料無料のデメリットとは

初期費用を10万円以下に抑える方法

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す