新たに部屋を借りる時の入居日と引っ越し日(退去日)は同じにすべき?別にすべき?


今住んでいるアパートやマンションから新たな引っ越し先に引っ越す時に考えなければならないのが引っ越し日(退去日)と入居日です。

一見、引っ越し日と入居日を同じにしておけば問題ないようにも思えますが、果たしてこれは本当に効率の良い選択なのか。

さっそく解説していきます。

スポンサードリンク

そもそも契約日と入居日の違いとは

書類上のことが苦手な方も多く、この違いについて知っている人は割と少ないと思います。

すでに知っている方はすっ飛ばして読んでくださいね。

入居日はそのままの意味なので良いとして契約日という言葉は意外と厄介です。

賃貸契約における契約日というのは大きく分けて2種類に分類されます。

【パターン1】

契約日とは大家と賃貸契約を結んだ日のこと。入居できる日付等を決め、家賃がいつから発生するかなどを取り決めた日のこと。

【パターン2】

契約日=入居日=家賃発生開始日。契約を結んだ時点から入居することが出来る日のこと

どちらも契約日ですが、契約する不動産会社によって解釈が異なってきます。

パターン1の場合は契約日と入居日は別項目となっていますが、パターン2の場合は契約日=入居日なので違いはありません。

最近では入居日に不動産屋で契約を交わし、そのまま鍵を渡して入居するという流れが多いのでほとんどは契約日と入居日が同じ日になっていると思います。

部屋探しから実際に賃貸物件に入居するまでにかかる最短日数

スポンサードリンク

入居日と引っ越し日(退去日)は同じじゃない方が良い?

今現在実家暮らしの場合は考えなくて良いことですが、賃貸物件→賃貸物件に引っ越す場合にはこの辺も考えておかなくてはなりません。

おそらく一般的には入居する日と引っ越し日(退去する日)を同じにしている方が多いと思います。

入居できる日から家賃が発生するので退去日もそれに合わせるのは当然と言えば当然の話です。

しかし、これってよく考えると退去日内に引っ越し作業が全て終わる前提ですよね。

わかりにくいと思うのでもう少し具体的に説明していきます。

 

【例】

例えば3月10日を退去日に設定したとしましょう。新たな引っ越し先の入居日も同じ3月10日です。

引っ越し当日、まずは不動産屋に入居先の鍵を貰ったり契約書にサインをしに行きます。

鍵を貰っておかないと引っ越し出来ないですからね。

その後、今住んでいる部屋の退去作業に取り掛かります。業者に頼んでいるのであればすぐに終わると思いますが、自分で引っ越し作業をしようと考えると思った以上に時間がかかります。

でも退去日は3月10日なので何が何でもその日中に終わらせなければなりません。

 

結局何が言いたいかと言うと、仮に引っ越し作業が終わらなかった時に困るので入居日は退去日の1~2日前に設定しておいた方が良いということです。

私は引っ越し作業を全て自分でやったのですが、荷物を運ぶだけでもかなりの時間がかかりました。

引っ越し代を安くする方法

まとめ

以上のことをまとめると

今現在賃貸物件に住んでいるのであれば、退去日は入居日よりも1~2日程度あとにずらしておいた方がもしもの時に困らなくて済む。

ということです。

最もこれは「自分で引っ越し作業を行う場合」なので引っ越し業者に任せる場合は入居日と引っ越し日が同じでも問題ないと思います。

家賃は入居日から発生してしまっているので、あまりずらすのも勿体ないですが、リスクがあることを理解しておいてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す