お風呂やキッチンの換気扇を24時間つけっぱなしにすると電気代合計は意外と高い!?


賃貸物件でも一戸建ての物件でも必ず換気扇はついています。

お風呂場、トイレ、キッチン、物件によっては部屋の中にもついている場合があります。

一人暮らしの人はあまり深く考えていないと思いますが、この換気扇は24時間つけっぱなしにしておく方がいいのか、それともこまめに消した方が良いのか。

電気代はもちろんのこと、その他のメリットやデメリットなども考慮して結局どっちの方が良いのかという疑問を解消していきたいと思います。

スポンサードリンク

24時間フルに使った換気扇の電気代について

もちろん換気扇の種類によって変わりますが消費電力は平均20Wと言われています。

電気代には段階があり、使っている電気量が多ければ多いほど高くなりますが、一人暮らしの場合は使っても2段階目までだと思います。

東京電力の従量電灯プランBの料金に当てはめると1kWh=26円です。

1ヶ月24時間フルに使うと【20W×24×26=374円】。

つまり一つの換気扇にかかる電気代は1ヶ月あたり374円となります。

かなり安いですね。

ただ、これは換気扇1つの電気代です。

キッチン・トイレ・お風呂場の換気扇をそれぞれ24時間回すと仮定すると単純にその3倍になりますから約1122円の電気代がかかります。

こう考えるとちょっと高いような気がします。

最も、トイレの換気扇は他の換気扇よりも消費電力が少なく、平均で3Wぐらいと言われているので1ヶ月で約56円。3つ合わせても800円以下です。

ちなみに消費電力の高い順に並べるとキッチン=お風呂場>>トイレとなります。

冬の電気代平均と暖房ごとにかかる電気代一覧

スポンサードリンク

24時間換気扇を付けるメリット・デメリット

【メリット】

  • 空気の入れ替えが簡単に行える
  • カビが発生しにくくなる
  • 虫が侵入しにくくなる

そもそもなぜ24時間つけた方が良いと言われるようになったのかについてですが、これは気密性の高い建物が多くなったためです。

気密性の高い建物には換気扇の注意書き部分に「24時間つけるようにしてください」などと書かれています。

気密性の高い建物というのは使用している資材から微量ですが有害な物質が分泌されています。例えばホルムアルデヒド等です。

本当に微量なので身体に影響がでることはほとんどありませんが、換気をしていないとその有害物質が室内に蓄積してしまう・・・これを防ぐために「24時間換気しましょう」と政府からお達しが来たわけです。

つまりそこまで気密性に富んでいない一人暮らしの物件は24時間も換気をする必要はないのですが、他にもメリットはあるのでやった方がいいかも!ということです。

換気をすることによってカビが発生するリスクを抑えることができ、空気を循環させることが出来ます。

個人的に最大の魅力は虫の侵入経路をふさぐことが出来るという部分です。

換気扇は当然外の通気口とつながっているので小さな虫なら簡単に侵入できてしまいます。

「一体どこから入ってきたんだ?」というような小さな虫たちは全て換気扇が侵入経路です。

しかし、換気扇を常時回しておくことによりその侵入経路をふさぐことができます。

虫に取っては常時ギロチン状態の中を通ろうとは思いませんからね。

【デメリット】

  • 電気代がかかる
  • 花粉等が入ってくる可能性がある
  • 外の空気が入ってくるので冬場は寒くなる
  • 汚れ・ほこりが付着しやすくなる
  • 摩耗するので劣化が早くなる

当然ですが、最大のデメリットは電気代がかかってしまうこと。

わずかとはいえ、節約したい人にとっては意外と大きなデメリットだと思います。

また、常に外の空気が入ってくるということは冬場は寒いですし、花粉などのウイルスを侵入させることにも繋がります。

それと換気扇は室内の空気を吸い上げている状態となっているため、汚れ・ホコリが付着しやすい状態となっています。

いつの間にか換気扇がホコリまみれになっていたなんてことはよくあります。換気扇を回すとその分掃除の手間もかかるということです。

ちなみにずっと回し続けていると劣化のスピードが速く、摩擦等によって音がうるさくなったり、壊れたりする可能性も上がります。使っているとモーターの寿命は短くなるので当たり前と言えば当たり前ですね。

結局24時間つけるべき?こまめに消すべき?

一人暮らしの場合はその人の性格にもよりますが、虫が大の苦手という方は換気扇を常時つけておきましょう。

虫嫌いじゃない人も出来ることなら換気扇はつけっぱなしにしておくべきですね。

ただし、全ての換気扇をつけっぱなしにしておくと電気代が意外と高くなるのでお風呂場だけ常時つけておいて、キッチンは料理する時だけ、トイレは使った時だけで良いと思います。

最後に

そういえば前に住んでいた部屋のお風呂場にカナヘビが現れたことがあるんですが、もしかしたら侵入経路は換気扇だったかもしれません。

当時は換気扇を付けておく習慣がなかったのでそれが原因かもしれません。ただ、通気口ってかなり狭いので小さな虫意外は入れないと思うんですよね。

未だに侵入経路は分かっていませんが、それ以来色々調べて換気扇は常につけるようにして、防虫グッズを買いあさるようになってから虫を見なくなったのでとりあえず満足しています。

換気扇は古い建物だと音がうるさくなったり、壊れたりする場合もあるので、もし異変を感じたら大家や管理会社に電話して付け替えてもらうようにしてください。

最悪の場合、退去の際に請求される可能性もあるので。

部屋の設備の一部が自然に壊れたら自己負担?家主負担?

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す