一人暮らしのベッド派VS敷布団派!どっちがいいのかメリット・デメリットで比較してみた


ヒトグラ

こういうのは好みによりけりというのが大前提ですが、実家暮らしと一人暮らしでは色々と意味合いも異なってきます。

実家暮らしにはなかったようなデメリットがあったり、逆に一人暮らしだからこそのメリットもあるものです。

そこで今回は敷布団とベッドのそれぞれのメリット・デメリットを明確にし、ネットの口コミをまとめ、結局どちらが良いのか結論を出すことにしてみます。

まだ部屋を借りて引っ越していないという方はぜひご覧ください。

スポンサードリンク

ベッドのメリット・デメリット

【メリット】

  • 部屋をオシャレにすることができる
  • 適度な反発力があるので快眠しやすい
  • 比較的部屋を綺麗に保つことができる
  • ベッドの下に物を収納することができる
  • 床以外に座りたい時にちょうど良い高さ
  • 毎日布団を畳まなくて良い

最大のメリットは部屋をスッキリとさせることができ、毎日布団と畳まなくて良いので面倒な作業を減らすことができることです。

また、たいていのベッドは下にスペースが出来るのでそこに収納グッズをしまうことができるのでスペースの有効利用が出来ます。

個人的にはベッドがある方が部屋全体として統一感が出るので、おしゃれな空間にしやすいように感じました。

【デメリット】

  • お金がかかる
  • ある程度の幅があるので部屋が狭く感じる
  • ベッドの下にホコリが溜まりやすく、掃除しにくい
  • 高級ベッド以外はたいてい軋む
  • 模様替えが面倒くさい
  • 模様替えの幅が狭くなる
  • いつでも寝転がれるので堕落しやすい
  • 折りたたみベッド以外は組み立てるのが大変
  • 引っ越しがしにくい
  • 床が傷つきやすい
  • 寝ている時に布団が落ちやすい

最大の難点はお金がかかることと部屋が狭くなることでしょうね。

どんなベッドでも布団よりは大きいですし、ある程度の広さがないとベッドを置いただけで狭く感じるでしょう。

また、折りたたみのベッドはともかくとして、購入すると組み立てるのにかなりの時間がかかります。私は半日ぐらいかかりました。

あとはベッドが多少なりとも軋むので神経質な人はこの辺も気になるでしょうね。

もしベッドがいらなくなったときも粗大ごみとなるので簡単に処分することができず、大きいので自力で引っ越し作業をする人にとって悩ましい種の一つです。

それとこれはベッドの種類によりますが、柵がないと布団が落ちやすいので朝起きたら掛け布団が全て床に落ちていたということもかなりの割合で起こります。冬だと地獄ですね。

敷布団のメリット・デメリット

【メリット】

  • 部屋が広く感じる
  • 余計なお金がかからない
  • 引っ越しも楽
  • 寝相が悪くても「落ちる」ことがない
  • 掃除がしやすい

敷布団の場合はベッドを置いたときと比べて明らかに部屋が広く感じます。

これは「圧迫感」の関係なので実際に狭くなっているわけではないですが、部屋の広さを気にする人にとってはある意味ストレスでしょう。

そういう意味で敷布団は圧迫感を感じさせないのですし、家具の位置も固定されないのでメリットです。

それとベッドを買ったり、退去の時にお金を取られたりといった余計なお金がかからないのも魅力の一つです。

また、敷布団はベッドと違い寝相が悪くても落ちてしまうこともありませんし、布団が床に落ちるということもありません。

【デメリット】

  • 冬は冷気が伝わってきやすいので寒い
  • 敷布団だとどうしても部屋をおしゃれに見せにくい
  • 対策しないと床の硬さが伝わってくる
  • 毎日布団を畳むのが面倒くさい
  • 友人が恋人が来たときに布団の置き場所に困る

敷布団の冬場は地獄です。

冷気は基本的に窓やキッチンから隙間を通って床に流れています。

敷布団だと寝ている時にその冷気をもろに受けるので体感的にかなりの寒さを感じることになります。

温かい空気は上に行き、冷たい空気は下に行くというって話をまさに実感できるでしょう。

それと個人的に、友人が恋人を部屋に入れたときに敷布団を畳んでいる状態が見えてしまう状況というのもなんとなーく嫌でしたね。

気にしない方は全く問題ないと思いますが、おしゃれにこだわっている人にとっては大問題です。

スポンサードリンク

結局どっちがおすすめか最終結論

人によりけりというのは大前提としてメリット・デメリット、そして私の経験を踏まえた上でどちらがおすすめかと聞かれれば完全にベッドです。

ベッドは確かにデメリットも多いですが、敷布団の毎日畳まないと万年床になってしまう億劫さや人が来たときのことを考えるとベッドの方がメリットが大きいような気がします。

私は一時期ベッドが壊れてしまったので仕方なく敷布団生活をしていましたが、布団を敷くだけでホコリが舞いまくり、そして冬の床の寒さに絶望した経験があります。

基本的に6畳以上の部屋を借りているのであればベッド、それ以下なら部屋があまりにも狭く感じるので敷布団というのが正しい選択だと思います。

いくらベッドが良いと言っても狭い部屋に無理やりベッドを置いて生活スペースの幅を取られるぐらいなら、ベッドはいらないでしょう。

最後に

もし、どちらにするか迷っている場合は1ヶ月ぐらい敷布団で生活し、不満があるようならベッドを買うという選択肢を考えると良いでしょう。

ベッドを買った後で後悔しても、処分にお金がかかるので完全にムダ金です。

ベッドにはいろんな種類があるので部屋に合うようなものを選ぶと「買って良かった」と思えるかもしれません。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す