保証人不要と書かれた賃貸物件の意外なデメリット!入居審査は通りやすい?


物件には色々とアピールポイントが書かれていますが、その中に「保証人不要」をアピールしている物件があります。

なんとなく審査も楽ですぐに入居できそうなイメージがありますが、そういう意味ではありません。

そこで今回は保証人不要物件とはいったい何なのか、どのようなメリットがあり、デメリットがあるのか基本的なシステムから審査に関することもまでなるべくわかりやすく解説していきます。

スポンサードリンク

保証人不要物件とは?

ヒトグラ

通常、部屋を借りる際には自分一人では契約できません。

基本的に「連帯保証人」という家賃が払えなかった時の請求先をもう一人立てるのが一般的です。

システム的には借金をする時と同じようなものです。

しかし、保証人不要と書かれている物件にはその連帯保証人が不要となります。

これが保証人不要物件というわけです。

ただ、いくら保証人不要と言っても入居しやすいというわけではないので誤解しないように。

保証人を立てる代わりに保証会社の利用を必須としています。

保証会社というのは契約者がもし家賃を滞納してしまった時に代わりにお金を払ってくれる会社のこと。もちろんこの場合一時的に借金扱いとなるので後で保証会社に滞納した家賃を返済しなければなりません。
  • 一般的な物件→保証人が必要で場合によって保証会社を利用する
  • 保証人不要物件→保証人は不要だが保証会社の利用は必須

普通の物件と保証人不要物件では大雑把にこのような違いがあるので覚えておきましょう。

審査は必要?入居しやすいは嘘?

保証人不要と謳っている物件ですが、当然ながら入居するためには審査が必要です。

この場合の審査は大家よりも保証会社の方が重要ですね。

大家は例え入居者が家賃を滞納しても保証会社から支払われますが、保証会社は連帯保証人もいないので他に取り立てるところがありません。つまり、例え保証人不要だからと言って審査が甘くなるということはないということです。

連帯保証人がいる場合はたとえ契約者に経済能力がそれほどなくとも、連帯保証人がしっかりしていれば審査は通ります。

しかし、保証人がいない場合は契約者自身の経済能力だけでしか判断できないのでしっかりとした職を持っていないと審査落ちする可能性は高いでしょう。

無職が賃貸物件の入居審査を通りやすくするための7つのテクニック

ただ、保証人不要となっている物件の多くは人気がなく、人が入らない物件なので入居者候補の倍率を考えるとある意味入りやすいのかもしれません。

過去に風呂なしキッチンなしの激安な部屋が「保証人不要・無職相談可」となっている物件を見たことがあります。多分この物件は審査はほぼないようなものでしょう。

何かしら事情がある人のためにこのような条件になっていたのだと思いますが、保証人を不要にしてまで入居者を集めたいというのが本音なのかもしれませんね。

保証人不要物件のメリット・デメリットについて

保証人が不要ということは親がすでに他界していたり、保証人を立てられない人にとっては非常に助かるシステムです。

メリットはこれ以上でも以下でもありません。

続いて、デメリットについてですがここからが重要な部分です。

保証会社を利用するには手数料として家賃の数%分を初期費用として納め、毎月定められた手数料を利用料として支払わなければならないのです。

つまり、普通に借りる場合と比べると、例え家賃を滞納しなくとも手数料は払わなければならないので余計なお金がかかってしまいます。

利用料については保証会社にもよりますが、家賃の半分以上は取られると思っておいてください。

詳しい説明は「保証会社利用でいくらかかるのか調べてみた」をご覧ください。

お金の負担が大きくなるのはかなりのデメリットです。

こう考えると保証会社はなるべく利用したくないというのが借りる側の本音ですね。

保証人不要というのはアピールポイントのように見えますが、保証人を用意できる人に取っては意味のないものです。

  • 保証人不要!
  • 保証会社の利用必須!

細かく言えば少し違いはありますが、どちらもほとんど同じ意味です。

スポンサードリンク

保証人不要物件の特徴について

一昔前に比べて保証人を不要としている物件は増えてきているような気がします。

保証人不要物件はその他の物件よりも人気が低い傾向があります。

なぜ保証人を不要としているのか考えてみるとわかりやすいと思います。

先ほども言いましたが、おそらく最初は普通に入居者を募集していたのでしょう。しかし全然入居者が集まらないので保証人を不要としてでも入居者を集めたい!と頭を悩ませた末のアピールポイントだと思います。

人気の低い物件の特徴として

  • 家賃が相場よりも高い
  • 駅から遠い
  • 周りにコンビニやスーパーがない
  • 建物・部屋が古い
  • 内見しないとわからない訳あり物件

などが挙げられます。

全てに当てはまるわけではないですが、もし保証人不要!と謳っている物件を借りようと思っているのであれば、内見はしっかりと行い、問題がないか確かめるように注意してください。

内見で見逃せないチェックポイント

最後に

借りる側として保証人をわざわざ立てなくて良いのは助かりますが、結局保証会社を利用して手数料を多く支払わなければならないのは非常にもったいないような気がします。

だったらその分もう少し家賃の高い物件に住みたいと思いますからね。

ただ、一般的な物件でも本人の経済状況が悪ければ保証会社の利用を必須とすることも多いので、正直そこまで深くは考えなくて良いというのが最終結論です。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す