気密性が低い部屋を選ばないために防音性の高い賃貸物件を探すコツ


これまでにも簡単にできる防音対策や建物の構造における防音性などを紹介してきましたが、やはり防音性の高い物件を選ぶのが余計な隣人トラブルを回避するためにも重要です。

では実際にどうしたら防音性の高い部屋に住むことができるのか、今回は実際の部屋探しに非常に役立つ情報を順序立ててご紹介していきます。

スポンサードリンク

防音性の高い部屋を探すコツ

鉄筋コンクリートマンションを選ぶ

基本的なことなのですでにご存じの方も多いと思いますが、アパートよりもマンションの方が圧倒的に防音性は高いです。

マンションと言っても建物の構造には色々と種類がありますが大きく分けると2つに分類できます。

  • 鉄骨造
  • 鉄筋コンクリート(RC造)

意外と引っかかりやすいのが「鉄骨造」と明記されているマンション。

マンション=防音性が高いと思って安易な気持ちで物件を選ぶと住んでから後悔します。

鉄骨造は鉄筋コンクリートと比較すると防音性はかなり低いです。

もちろんマンションの定義で壁の厚さには規定があるのでアパートほどではありませんが、鉄骨造に住むと普通に隣人の生活音が聞こえてくることもあります。

マンションとアパートの「鉄骨造」いったいどんな違いがあるの?

「マンション」という括りで検索するのではなく、「鉄筋コンクリート」を重要視してください。

建物の構造別防音性の違いを解説

ラーメン構造より壁式構造

ちょっと専門的な話になりますが、建物にはさらに細かく色んな造り方があります。

ちょっと防音性を意識している方は聞いたことがあるかと思います。

ラーメン構造というのは食べ物のラーメンとは無関係です。この構造は柱と梁のみで建物の骨格を作り、その上で壁が貼られています。

一方、壁式構造とは柱ら梁を使わずに床や壁といった平面的な構造体のことです。

学校の椅子の脚部分はラーメン構造って感じですね。

壁式はティッシュ箱というイメージだと思ってください。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造はこの2つのどちらかの構造となっているのが一般的です。

防音性に富んでいるのが壁式構造。ラーメン構造は防音性が低い。

鉄筋コンクリート造のマンションに住んでいる人がもし防音性が低いと言っているなら、おそらくそれはラーメン構造です。

ちなみに壁式構造は5階建て以下の低層マンションにしかほとんど使われないそうです。

 

ここからが重要。では実際どうやって見分けるのか。

ラーメン構造は柱があるので間取りを見たときに一発でわかります。柱の部分が四角く黒く塗りつぶされていたら=ラーメン構造です。

ちょっとわかりにくいので実際の画像を見てみましょう。

出典:リノベーション前提の物件選びで気を付けたい、壁式構造とラーメン構造の違

 

出典:http://www.r-lounge.jp/blogs/16

わかりやすかったので引用させていただきました。

この黒く塗りつぶされている部分があればラーメン構造となります。壁式の場合はこういった部分は部屋のどこにも見当たりません。

実際に検索して部屋の間取りを見てみましょう。

直接部屋を見に行かなくてもどっちの構造なのかを見分けることが出来ます。

ただ賃貸物件は壁式よりもラーメン構造の方が多いです。なのでこれに関しては必ずそうしなければならないというわけではないので参考程度にとどめておいてください。

ラーメン構造でも防音性がしっかりしている物件もあります。

ちなみに私が現在住んでいるマンションはラーメン構造ですが隣りの部屋の生活音等は一切聞こえません。

内見時に壁を叩いてみる

実際に部屋を決める際には必ず内見というものがあります。

どんな造りになっているのか部屋を訪れて確認させてくれます。

この時に壁をノックするように叩いてみてください。

壁が薄かったり、空洞がある場合など防音性が低い部屋というのは叩くと壁全体、部屋全体に音が響きます。一方、鉄筋コンクリート造などしっかりしている建物は叩くと「ぺチぺチ」という音が鳴ります。

音の響き方は一目瞭然なので内見時は念のため壁を叩いてみるようにすると良いでしょう。

角部屋を選ぶ

角部屋は中部屋よりも人気が高く、家賃も少し高い場合がありますが、防音性等を考えるのであれば角部屋を選ぶようにしましょう。

理由は単純で中部屋だと両隣に挟まれているので音に悩まさられる可能性が高い一方、角部屋ならそのリスクを半分に抑えることが出来ます。

ただ角部屋にもデメリットは存在するので確認しておいてください。

最上階を選ぶ

これも角部屋を選ぶ理由と同じです。

何階建てなのかは物件によって違いますが、下の階というのは上の階の足音が聞こえてきやすいです。これは鉄筋コンクリート造のマンションにも言えることです。

上の階の人が掃除機をかけ始めたり、夜飲み会でドタドタ騒いでいるとその振動は下の階に伝わります。

逆に下の階の音が上の階に漏れることはほとんどありません。

スポンサードリンク

音に悩まされたくないなら避けるべき物件の特徴

防音性というと語弊がありますが、音関係で避けるべき物件の特徴がいくつかあります。

大通りに面している

車の走る音は振動として付近の建物にも伝わります。

築年数が古い建物だと車が走るたびに建物が揺れるということも。

こういった物件は「駅から徒歩3分」などアピールポイントがあるため、そちらに魅力を感じてしまいますが住んでみると後悔します。

駅から近すぎる・踏切に近い・線路に近い

電車の音は例えどんなに遮音性の優れている物件でも聞こえてきます。

駅近というだけで安易に物件を決めてしまうと、電車の音に悩まされることになるので注意してください。

家賃が安い物件

これはアパートにありがちですが、家賃が安いアパートというのは常識が欠けている人が集まる傾向があります。

夜宅飲みでうるさかったり、夜になぜか掃除機をかけだす人、叫び出す人・・・挙げたらきりがありません。

大学近くは特に学生が多いので家賃につられないように注意が必要です。

防音性で後悔しない物件とは

賃貸物件は色々と見極めなければならないのでどんなに注意しても失敗するときはしてしまいますが、そのリスクを最小限に抑えられる物件というのがあります。

それが「分譲賃貸マンション」です。

分譲賃貸といのは部屋を小売りして購入したものを人に貸し出す物件のことです。

賃貸物件よりも家賃が高いですが、その分賃貸とは防音性が比べものにならないほどしっかりしています。

お金に余裕があるのなら分譲賃貸というのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

最後に

やはり防音性に優れている物件というのは誰しも憧れるのでそれなりの家賃になってしまいます。

家賃を惜しんで防音性の低い物件にするか、高い家賃を払って遮音性に富んだ物件に住むかの選択です。

もし部屋選びで失敗してしまった場合は防音グッズで対策することである程度周りからの音を緩和することもできます。

ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す