一人暮らしにおすすめのコンパクトで座り心地が最高の座椅子を集めてみた


一人暮らしであってもそうでなくても部屋には定位置というものが必ず存在します。

多くの場合はテーブルをはさんだテレビの前だと思います。

やはり定位置が存在するからにはなるべく居心地の良い座り場所が欲しいですよね。

座椅子はそういった意味でも必要ですが、一人暮らしの場合は少し選び方が異なります。

そこで今回は一人暮らしにおすすめの座椅子を何点か紹介していきますので座椅子を選ぶ上で参考にしてみてください。

スポンサードリンク

一人暮らしに座椅子は必要か

そもそも座椅子は果たして本当に必要なのかという疑問ですが、当然ながらなくても生活できます。

私も初めて一人暮らしをしたときは座椅子は購入しませんでした。

ただ、ある程度の時間テレビを見たり、ゲームをやったり、DVDを見たり、本を読んだりする人は座椅子があった方が絶対に良いと思います。

必要のない人というのはほとんど家にいない生活をしている人でしょう。

生活必需品ではないが買って後悔することは少ないと思います。

一人暮らしの座椅子の選び方

実家の場合は一人暮らしの場合は微妙に選び方が異なります。

実家の場合は引っ越しや部屋の広さをそれほど気にする必要がなく、もしミスマッチでも家族の誰かにあげたり物置に移すこともできます。

一人暮らしの場合は収納や部屋の広さ的にそれほど大きなものは購入できません。また、大きすぎると引っ越しをするときに面倒になるという点もあります。

こうなってくると「ソファと座椅子はどっちの方が良いのか」という疑問も出てきますが、それぞれの特徴を簡単にまとめておきます。

  • ソファ(2人掛け以上)・・・部屋がオシャレに見えるが物が大きくて重いので引っ越し作業が面倒で部屋が狭く感じる
  • 座椅子・・・圧迫感がなく、基本的に軽量だが座る部分が一人用となるので人を呼ぶと座らせる位置に困る

私はどちらも一人暮らしで購入したことがあり、その時実感したメリット・デメリットです。

部屋をオシャレにしたいなら確実にソファですが、色々と不都合な点も多いのがソファの難点ですね。

今回は座椅子の選び方ということですので座椅子を主体に考えていきます。

座椅子に求めるものは3点です。

  • 長時間座れるクッション性のある座り心地
  • 生活する上で邪魔にならないほどの大きさ
  • なるべく安価でコスパの良いもの

座椅子には色々と種類がありますが、クッション性のないものだと座って数分でお尻が痛くなります。

最初はクッション性の良いものでも段々とつぶれてきてしまうのは仕方のないことですが、それでも長く使えるものの方が良いですね。

あとは大きすぎないこと。肘掛けとかは全く必要ないですし、むしろ邪魔になります。

それと一人暮らしを考えると値段的にそこまで高くないものを選びたいですね。

これを踏まえた上で一人暮らしにおすすめの座椅子を紹介していきます。

一人暮らしにおすすめの座椅子

 

サンワダイレクト ふあふあフロアチェア 低反発ウレタン 42段階リクライニング マイクロファイバー生地 ブラウン 100-SNC041BR

新品価格
¥3,980から
(2016/12/19 09:51時点)

 

低反発ウレタンを使用している42段階リクライニングが付いているソファです。

画像だと少し大きいように思えますが、実際は結構コンパクトなのでコタツ等にも合います。


参照元:amazon

Amazonベストセラー1位にも選ばれていて、この価格帯でここまで厚みのあるものは少ないです。

長時間座ることや部屋の広さ、機能面、そして値段的にもバランスの取れている座椅子ですね。

ただ、レビューを見てみるとやはり座っている内に座っている部分がつぶれてきてしまうのが難点です。

座面のつぶれが気になる人はこちらの方がおすすめ。

(OSJ)ポケットコイル座椅子 幅60cm 日本製14段ギア搭載 18cm厚座面 リクライニングチェア (ブラウン)

新品価格
¥4,480から
(2016/12/19 20:02時点)

見た目的にはあまり変わりませんが、先ほどよりも座面が広く分厚いのが特徴です。

この座椅子はポケットコイルを使用しているため簡単につぶれるということはまずありません。

ポケットコイルというのはベッドのマットレス等に使用されているバネのことで身体を包み込んでくれるような反発力があるのが特徴。

この価格帯でポケットコイルを使用している座椅子というのもかなり珍しいので長く使いたいという人はこちらの方がおすすめです。

安物座椅子のデメリットとは

値段が安いと当然ながらデメリットが出てきてしまいます。

一番のデメリットは座っている部分がすぐにつぶれてしまうような素材を使用していることですね。

座椅子の値段は3000~20000円ほどですが、一人暮らし用を考えると3000~5000円ほどで収めたいと考えている方も多いと思います。

安くなればなるほど長時間座るのに支障が出てくるので【使う予定の年数÷値段】で計算した方が良いのかもしれませんね。

値段は高いが超おすすめな座椅子

 

【あぐらシリーズ】 座椅子 1人用ソファ リクライニング ワイド座面 ポケットコイル ソフト生地 ベージュ

新品価格
¥9,990から
(2016/12/19 10:04時点)

この座椅子はあぐらが書いても座れるゆったり感をテーマにしているだけあって、かなり座り心地が良いです。

横幅77センチと少し大きめですが、でかすぎるというほどではありません。

座面の厚さはなんと21センチもあり、長時間座っていても疲れることがないという点が非常に魅力的ですね。

先ほど紹介したものよりも値段は高いですが、少し良いものが欲しいという場合はこちらの方がおすすめです。

 

あとは日本人の半数以上が悩んでいる猫背を改善する椅子!

MTG スタイル ドクターチェア ブラウン

新品価格
¥33,583から
(2016/12/19 10:10時点)

この値段なら普通にソファが買えてしまうほどですが、座り心地が本当にヤバイです。

私は友人と二人でふらっと電気屋に入った時に見つけたものですが、座って気付いたら30分立っていたぐらい気持ちが良いです。

カイロプラクティックを元に設計されていて、座っているだけで自然と背筋が矯正されていきます。

座っていて辛いとかは一切ありませんでした。

この価格なのでなかなか簡単に手が出るものではないですが、お金に余裕がある人はこういった姿勢を改善してくれる椅子を購入するのも一つの手だと思います。

ちなみに見た目以上に軽いです。

ただこの価格帯で購入した後で座り心地に不満があると後悔が大きいので一度店舗などで実際に試してみてからが良いと思います。

最後に

座椅子は値段によってかなり違いが出てくるので何を求めているのかを考えた上で購入するようにしてください。

なんでも良いのか、長時間座ることを目的とするか姿勢の改善を目的とするか・・・などなど用途によって選ぶものは変わります。

余談ですが、○○段階式と書かれている座椅子は一見魅力的ですが、段階が多くてもあまり意味はないので選ぶ基準にはしない方が良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す