賃貸物件の退去時にエアコンや照明器具・ガスコンロは置いていっても大丈夫なの?


引っ越しって色々と大変ですよね。

一人暮らしをするとだんだんと物が増えてしまい、退去するにも段ボールを何箱も用意して分別しないといけないのでかなり面倒です。

特に大型家電など大きなものは引っ越し業者を頼まないと運べないことも多いので費用もかさんでしまいます。

ならいっそ「退去時にどうせ次の入居者が使うものは置いていっても平気なんじゃないか」という疑問が湧いたので今回は退去の残置物についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

基本的に残置物は全てNG?

賃貸借契約のガイドラインには原状回復の義務というものが存在します。

これは簡単に言えば「部屋を退去する時は借りる前の状態に戻すこと」を借主に義務づけているものです。

例えば借りる前にはなかったガスコンロやエアコンを設置してそのまま退去してしまうとこのガイドラインに違反してしまうということになります。

そのため基本的には部屋になかったものを置いていく=残置物は全てNGとなってしまいます。

ちなみに原状回復というのは残置物だけでなく、床の傷や壁の穴、お風呂場やキッチンの水垢なども当然該当します。

詳しく説明するとややこしくなりますが、自分でどうにもならないような汚れは業者を依頼することになり、これがいわゆる退去費(部屋のクリーニング代)として請求されるのです。

ただ故意に汚したものでなければ基本的には何割か大家側も退去費を負担する義務があるので(住んだ年数により変動する)実際は全ての原状回復費用を借主が持つことはありません。

この辺は今回ことと関係がないので詳しく説明しませんが、気になる方は「一人暮らしの退去時のクリーニング代はいくらかかる?」を参考にしてみてください。

実際は置いていっても良い場合もある

ガイドラインで定められてるのは確かですが、大家や管理会社が「そのままで良いですよ」と言えば置いていっても構いません。

実際は「全て片づけてください」と言われる可能性と「置いていっても良い」と言われる可能性は半々ぐらいです。ものによって異なります。

【残置物として認められる例】

  • 実費で取り付けたエアコン
  • 実費で取り付けた2口ガスコンロ
  • 物干し竿
  • 網戸

生活する上でなくても良いけどあった方が確実に助かるようなものは大家的にも置いて言ってもらえると助かるという意見は多いようです。

ただ、置いていくことによって次の入居者を募集する時に「エアコン付」と明記する必要があり、もしそのエアコンが自然に故障してしまった場合、大家はエアコンを直す義務が発生してしまいます。

余計な出費を抑えたい、トラブルを避けたいと思っている大家は例えエアコンであっても物干し竿であっても「残置物はNG」と言うかもしれませんね。

可能性が高いだけで絶対にOKが出るわけではないことを頭に入れておいてください。

 

【残置物NGの例】

  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • ソファ
  • 小物等

洗濯機や冷蔵庫を置いていったという話はあまり耳にしません。こうなってくると家具家電付物件となってしまうのでNGを出す可能性は高いでしょう。

洗濯機や冷蔵庫はある程度使うと壊れる可能性が高いので、そういう意味でも置いていかれるのは困るのでしょう。

どっちにしても退去時に管理会社に聞いてみた方が良さそうです。

スポンサードリンク

私が実際に経験した残置物の話

最初に一人暮らしを始めた部屋にはクローゼットがありませんでした。その代わりクローゼット用のラックが置いてありました。

まさにこんな感じ↓

大家に尋ねると「前の入居者が置いていったもの」だそうです。おそらく残置物に寛容な大家さんだったのでしょう。

結局私はそのラックは使わなかったので大家に頼み、処分してもらいましたがこういうこともあります。

普通はラックなどの大きい家具を置いていくのはNGです。しかし大家によっては認めてくれる人もいるということです。

次に引っ越したときは何もなく物干し竿も設置されていない状態でした。

仕方なく物干し竿をホームセンターで購入し設置。退去の際は原状回復のガイドライン的に持って行かなくてはならないものだったのですが、完全に忘れていて置いていってしまいました。

結果的に管理会社から連絡がくることもなく、余計な退去費を請求されることもありませんでした。

本当は「置いていっても良いのか」ということを管理会社に連絡すべきだったんですけど、物干し竿は簡単に壊れるものでもなく、大家も困らないので大丈夫だったみたいです。

貸主に買い取ってもらえる場合もある

借地借家法によれば賃貸の借主には造作買取請求権(ぞうさくかいとりせいきゅうけん)という権利が与えられています。

素人には聞いたこともないような名前で意味不明!って感じなので少し説明します。

買取請求権というのは読んで字のごとく買取請求が出来るよ!という権利のこと。

問題は「造作」の方ですが、これは自分が作ったものとかそういう意味ではありません。

造作というのは建物に設置できるもの、なおかつ簡単に取り外れるもののことを指します。

ガスコンロやエアコンなど設置が簡単で取り外しも出来るので造作に当たります。

つまりこの権利は大家の了承を得て設置した造作物を退去の際に買い取ってもらうというものです。

ちなみにこの造作買取請求権は貸主に拒否権はなく、行使されれば嫌でも買い取らなければならないそうです。

しかし、残念ながらこれを防ぐために特約を設けている場合があり、特約で「拒否することも可能」と明記されていると普通に拒否できてしまうという穴があります。

色々書きましたが、結局のところエアコン等を了解を得て設置したものは退去の際に買い取ってもらうことが出来るので念のため「買い取っていただけませんか?」と交渉してみると良いということです。

ダメと言われれば特約を設けている可能性が高いのでそこで引きさがり、電気屋等で売却してしまいましょう。

照明器具を取り換える時は要注意!

入居するときにもともと照明器具はついていたけど、デザインが嫌で自分で買い替えたという人は多いと思います。

何度も言うように退去時には原状回復の義務があるため入居した当初の状態に部屋を戻さなくてはなりません。

つまり、入居時にあった照明器具を再度取り付けないとならないということです。

「捨ててしまった」とか「売ってしまった」という方も中にはいるかもしれませんね。

そういう場合は自分で取り付けた照明器具を回収せずに取り付けたまま退去するようにしましょう。もちろんこれも原状回復の義務に反していますが、退去した後で文句を言われたり、賠償請求をされることは実際にはほとんどありません。

残置物だらけで退去したらどうなるの?

一番気になる部分だと思うので最後に持ってきました。この残置物の処理代金は大家が払うのかそれともこちらが負担するのか。

そもそも法律的に残置物というのはたとえ退去してしまっていても所有権はその部屋に住んでいた人にあります。

これを勝手に処分してしまうと所有権の侵害になってしまうとのこと。

十分な注意が必要!前入居者が退去時に残していった残置物の対応について

ただ、実際のところ残置物があったら多少のもは大家が勝手に処分してしまいます。私の物干し竿や部屋に残してしまったリセッシュもきっと処分されていたり再利用されていると思います。

肝心な処分代は多くの場合「退去クリーニング代」と称して敷金から引かれています。これが現実です。

ちゃんとしている管理会社だと処分して良いかという連絡や処分費用を敷金から引くということを借主に伝えると思いますが、やっていないところは多いでしょうね。

最後に

少し長くなりましたが、何か部屋に置いていく場合は退去の際に管理会社や大家に聞いてみましょう。

エアコンなどは「買い取っていただけませんか?」と聞いてみましょう。

そしてなるべく部屋に物は置いていかないようにしましょう。こちらが損をします。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す