入居前のハウスクリーニングが雑で部屋が汚い場合の対処方法マニュアル


賃貸はよく退去のハウスクリーニング代でトラブルになることはよくあります。

ただ、これって入居前に行われたハウスクリーニングでも意外と多いんですよね。

内見をして、審査を通してようやく引っ越したのに入居してみたら風呂場はカビが残っていたり、キッチンは垢だらけ、フローリングは傷が目立つ・・・こんな最悪な状態に陥ることもあり得ない話ではありません。

と言うわけで今回は入居時のハウスクリーニングのあれこれをご紹介していきます。

スポンサードリンク

ハウスクリーニングしたのに部屋が汚い理由とは

基本的に賃貸物件は退去した時にハウスクリーニング(清掃)をして次の人がすぐに入居できる状態に戻します。

つまり内見時にはすでにハウスクリーニングが施されている状態なのでそこからさらにクリーニングが入ることは滅多にありません(入居者が決まってからクリーニングする物件もある)。

入居前や入居後によくトラブルになるのはこのハウスクリーニングがいい加減で思った以上に汚いというパターンですね。

そもそもハウスクリーニングって誰がやってんだって話ですが大きく分けて4つの方法が考えられます。

  1. 大家や管理会社が外注して清掃業者に依頼する
  2. 不動産業者が清掃業者と提携
  3. 大家自身で掃除する
  4. ほとんど掃除しない

多くの場合、1番か2番の専門業者に依頼する(提携している)パターンで3番は稀です。

専門業者がやっているにも関わらずなぜこんなにも問題になるかというと、これは明らかに清掃業者が手を抜いているからです。

部屋の汚れというのはどう頑張っても落ちないものもあるのである程度は仕方ありません。ただ新築同然とまではいきませんが、しっかりした業者が本気でやればかなり綺麗になります。

床やクロスは張り替えますし、シンクや風呂場のカビも残さないように掃除するのがプロです。

しかし、清掃業者というのは入居者と直接関わることはなく、クレームが付くこともほとんどないのでだんだんと仕事がおろそかになっていき、手を抜くこともあるようです。

こういう手抜き仕事や大家自身(素人)がする掃除の場合は入居したてでも細かい部分に汚れが目立ちます。

ハウスクリーニングに義務はない?

そもそもハウスクリーニングというのは義務ではありません。

もちろん前の入居者から退去費用を請求しているにも関わらず清掃されていない場合は詐欺罪に当たるので法律違反です。

ただ、極端な話「退去費不要」としている物件ならクリーニングをせずにそのまま次の入居者に貸すことも出来てしまいます。

ハウスクリーニングというのは次の入居者に好印象を与えるために部屋を掃除しているに過ぎません。

 

入居の際、契約してしまった後で「汚いから掃除して欲しい」と依頼しても大家側は拒否することができますし、仮に請け負ったとしても費用を請求することもできます。

契約の前であれば「清掃を条件に入居する」と交渉することが出来るので承諾してくれる可能性は高いでしょう。

もちろん契約項目に退去費用を請求するようなら清掃された綺麗な部屋に住む権利があるので正々堂々と主張しましょう。

退去時に清掃費用を請求されるのであれば、
入居時にも清掃してある綺麗な部屋に入居する権利がありますので、1日も早く管理会社に申し出て、清掃して貰って下さい。

参照元:知恵袋

  • 退去費がかかる場合・・・清掃された綺麗な部屋に住む権利がある
  • 退去費が一切かからない場合・・・大家次第で清掃されていない部屋の場合があり、こちらの主張は通りにくい

ハウスクリーニング代を払うかどうかでこの辺は簡単に判断することができます。

スポンサードリンク

契約前に部屋の汚さに気付いたら

まだ契約を行っていないのであれば積極的に部屋の清掃について交渉してみましょう。

交渉と言っても仲介業者を通して依頼するだけですので、大家と直接交渉をするわけではないので安心です。

通常、内見時にすでにハウスクリーニングが施されているので良い部屋だと思ったら汚れも同時にチェックしてください。

気になる箇所をメモっておき、その場でも良いので担当の仲介業者の方に「お風呂場とトイレの汚れが気になるので清掃してもらうことはできますか?」と聞いてみましょう。

仲介業者の役目は大家側の主張と入居者側の主張をまとめ、交渉し、契約させることです。

稀に退去したばかりでハウスクリーニングは施されてない物件がありますが、もしこういった物件を選ぶならハウスクリーニング後にもう一度部屋を見せてもらうようにしてもらってください。

契約して、入居した後で汚れに気付いても交渉するのはかなり難しいです。

入居後に部屋の汚さに気付いたら

おそらく実際にトラブルになるのは圧倒的にこちらのケースです。

入居後は実際に部屋に住むわけですから、生活している中で汚れに気付くことも多いでしょう。かといってすでに契約しているので掃除を依頼しても対応してくれるかどうかは微妙なところ。

順を追ってできる限りの最善策をご紹介していきます。

1.証拠を集める

まずは、部屋の汚れを見つけたらデジタルカメラ等でその部分の写真を撮るようにしてください。日付が入るものならなんでも構いません。

これは退去の際に高額なクリーニング代を請求された時のための対策です。

2.管理会社に連絡する

「部屋に気になる汚れを数か所見つけてしまったので清掃していただけませんか」と聞いてみましょう。

同時に書面にて気になる箇所の写真を添付作成し、郵送してください。この時、コピーはしっかり取っておくようにしてください。

しっかりした管理会社であれば何かしらの対応をしてくれるはずです。もちろん拒否される可能性もあるのでこの辺は管理会社次第ですね。

常識のある不動産屋なら、今からでもハウスクリーニングしてくれるか、業者の手抜きなら、やり直させてくれるかもしれません。
不動産屋と業者の関係は不動産屋が強いと思うので、業者の手抜きの場合のほうがやり直ししてくれる可能性は高いですね。

悪い不動産屋で、意図的にケチっているのだとしたら、いまさらどうしようもないですね。

参照元:教えて!goo

拒否されるようなら悪い不動産の可能性が高いです。

3.自分で清掃業者に依頼する

交渉が決裂してしまった場合、そのまま住むか自分で掃除をするか、退去するか考えなければなりませんが個人で清掃業者に依頼することも可能です。

先ほどの電話の際に相手が渋るようなら「個人で清掃業者に依頼するのでその清掃代を負担してください」と伝えてみましょう。

全額払ってもらうのは難しいかもしれませんが、何割か負担してもらえることは多いです。

私の場合ですが、築2年の集合住宅に越しました。
掃除をしたような雰囲気ではなくどこもかも薄汚れていて直接不動産に交渉しました。
のちのちわかりましたが、オーナー家族が掃除していました(プロではない)退去時にクリーニング代を払わないと約束し、その場は自分達で掃除し直しました。

また、友人の場合ですが、こちらも水周り、キッチンが汚いということで不動産と交渉し再度相手側もちでクリーニングをお願いしたそうです。

参照元:大手小町

 

それでも拒否されるようなら退去の際の交渉をしてみると良いでしょう。

写真で撮った気になる箇所と退去時の状態を比べた写真を提示して「入居した時よりも綺麗になっているので退去費の減額をお願いします」と伝えてみましょう。

退去費はもめると安くなることがかなり多いです。それだけ普段は多めに請求している業者が多いということでしょうね。

最後に

調べてみると想像以上に入居のハウスクリーニングの汚れでトラブルになっている人が多いことがわかりました。

多少の汚れは仕方ないとしても自分にとって耐えられないレベルの汚さだったら我慢するより交渉してみた方が良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す