ゼロゼロ物件VS敷金1ヶ月の賃貸物件!退去費用はどっちが安い?


引っ越しの時期になるとやはり心配になるのが退去時のハウスクリーニング代ですよね。

敷金礼金ゼロゼロ物件だといくら取られるか心配になりますし、仮に敷金1ヶ月分払っていても追加で徴収されないか不安です。

そこで今回は改めてゼロゼロ物件と敷金1ヶ月物件、最終的に安く済むのはどっちなのかご紹介していきます。

退去費用の相場などは別のページでご紹介していますので参考にしてみてください。

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサードリンク

退去費用0円物件は存在しない?

「初期費用10万円以下!」とか「ゼロゼロ物件」とか謳っている物件って多いですが、そういえば「退去費0円!」アピールしている物件ってみないですよね。

まぁ契約してもらうことが目標なので当たり前と言えば当たり前ですが・・・。

どんなに部屋を綺麗に使っていようとも退去の際は何かしらの形でお金を取られています。

  1. 敷金
  2. 定額補修費
  3. ○○オトクプラン

敷金は預け金として初期費用時に支払いますが、これは退去時のハウスクリーニング代に充てられます。

定額補修費というのは「退去する時によほどひどい有様じゃなければ定額で良いですよ!」というもの。私も利用したことがありますが一人暮らしなら3万円前後ですね。

○○オトクプランとかよくわからない名前の費用が月々の支払に含まれている場合もあります。

私が3度目の引っ越しの際に利用したものは「月1,980円払えば退去費は0円で良いですよ。このプランにすれば敷金礼金は0円にします」というものでした。

ただ、注意書きがあり「2年以内に退去すると違約金として家賃2ヶ月分請求します」と書かれていました。

これはその物件を扱っている不動産が設けているサービスによりけりですが、結局のところ退去費用を払っているのと同じです。

敷金0円でかつ、なんのサービスもない場合は普通にハウスクリーニング代として退去後に請求されますが最近はトラブルになることが多いため、減ってきたように思えます。

退去費用というのは原状回復の原則に基づいて行われています。

ここでいったん国土交通省のガイドラインを見てみましょう。

原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。そして、いわゆる経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は、賃料に含まれるものとしました。

出典:「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について

わかりやすく言うと

  • 普通に生活していてついた傷や劣化→貸主負担
  • 故意やアクシデントによってついた傷→借主負担

としているのです。

つまりこれって窓ガラスを割ってしまったりフローリングに大きな傷をつけたりしない限りは退去費用はかからないということになります。

ガイドラインに基づけば退去費用は0円にすることも可能なわけです。にも関わらず実際はほぼ100%請求されてしまいます。

これは「劣化なのかそれとも故意にやった傷なのかわからないのでとりあえず借主に負担させちゃおー!」的なことがまかり通ってることになります。

確かに判定って難しいと思いますが、大家側が決めることが出来てしまうので明らかに借主は不利ですよね。

それとこのガイドラインには法的拘束力がなく、あくまで参考書程度のものでしかなく、全くガイドラインに沿ったやり方をしないという貸主も多いです。

スポンサードリンク

ゼロゼロ物件と敷金1ヶ月物件!退去費が安いのはどっち?

本来の意味であれば全く同じ間取りで同じ使い方をしていれば退去費用も同じになるはずです。

しかし、実際の料金には差が出来ます。

本当は統計などを利用したかったところですが、データがないのであくまで私個人の見解であることをご了承ください。

家賃6万円の物件を例とします。

一人暮らしなら退去費の相場は2~3万円程度です。

敷金礼金ゼロゼロ物件の場合はそのまま退去費用が請求されます。3万円ならちょっと上乗せしても3万5千円程度でしょう。

敷金1ヶ月払っている物件の場合、本来返金されるはずの敷金は退去費用に充てられます。残った分が返金されるという仕組みです。

同じく実際に退去にかかった費用が3万円だったとしてもほとんどの場合返金はありません。帰ってきたとしても数千円というところでしょう。

敷金を払っていると「受け取った敷金の中でハウスクリーニング代」を払うことになるため思ったよりも高くなることが多いです。

追加で徴収されることはよほどひどい使い方をしていなければありませんが綺麗に使っていたとしても敷金の上限いっぱい支払うことになります。

 

本当にちゃんとしている不動産ならクリーニング代も最低限で済ませてくれるので敷金1ヶ月物件とゼロゼロ物件どっちが・・・というよりも管理会社で大きく左右されるというのが正確な回答です。

ただ管理会社を見極めることはほぼ不可能なので、ちょっと悪質な業者の場合は敷金1ヶ月分かかっている物件の方が最終的に損をする可能性が高いというのが結論です。

高額な退去費用を請求されたら

このサイトでも何度も紹介していますが、もしあまりにも高いハウスクリーニング代を請求されたら、鵜呑みにせずに抗議してください。

クリーニング代の内訳詳細を送ってもらい場合によっては消費者センターに連絡して相談に乗ってもらうと良いでしょう。

ガイドラインを明らかに無視しているような高額な請求は少し文句を言うだけでかなり安くなります。

電話で「消費者センターに相談したいので内訳を送ってください」とお願いすれば、これだけで効果があります。

最後に

最終的には管理会社によりけりなので物件を選ぶ際は敷金の有無はそれほど気にしなくても良いと思います。

ただ敷金を先に払っておくと心理的に楽ですね。

退去費用が0円になることはほとんどないので敷金が発生していない場合は「退去費用」として貯金しておくようにしましょう。

参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す