無職&フリーター必見!賃貸契約審査でアリバイ会社を利用するとばれる?


収入の面や職業的に部屋を借りるのが難しいという方も多いと思います。

実際不動産業界では審査の申込書に嘘の情報を書いてしまう場合も多いそうです。

その中でもアリバイ会社を使い、審査を通そうとする人もいます。

では実際アリバイ会社ってどんなものなのか、審査はばれることはないのかその辺の情報をまとめていきます。

スポンサードリンク

アリバイ会社っていったい何?

アリバイ会社というのはその名の通り審査等で必要な証明書に困った時のそのアリバイをより本物っぽく見せるために源泉徴収票や収入明細を作ってくれる会社のこと。

審査というのは賃貸だけでなくクレジットカード等の審査が通らないという人、結婚相手に挨拶する時に仕事の証明をするため・・・など利用する理由は色々あります。

また、アリバイ会社というのは日本全国に無数に存在していてホームページで集客を行っているところも多いです。

何をしてくれるの?

会社によってできることと出来ない事は異なりますが書類の作成や確認の電話が来たときのための対応などがあります。

  • 源泉徴収票の作成
  • 給料明細書の作成
  • 住宅手当証明の作成
  • 内定通知書の作成
  • 在職証明書の作成
  • 名刺や社員証の作成
  • 在籍確認の電話対応
  • 電話がかかってきた時の引き継ぎ

非常に嘘がばれないように細かいところまでやってくれるのでしっかりした会社なら非常に嘘はばれにくいです。

賃貸契約の審査の場合は「源泉徴収票の提示」「在籍確認の電話」などはよくあることなのでアリバイ会社を使うと審査を通すのもかなり楽になります。

料金はいくらぐらいかかるのか

これも会社や頼む書類等によって値段は変わりますが相場は大体10,000円~20,000円ほどです。

電話の対応などはいつまで対応してくれるのかプランが選べ、それによって値段も異なります。

めちゃくちゃ高いというわけでもないので(初期費用に比べると)利用はしやすい方かと思います。

アリバイ会社の利用は違法なのか

正直一番気になるのはこの部分でしょう。

アリバイ会社を登録すること自体は違法ではありません。会社が行っている書類作成も同様に今の日本の法律上罪にはなりません。

源泉徴収票等の作成についてアリバイ会社は作成権限はあるため文書偽造罪に問うことができず、また源泉徴収票等は公文書ではなく私文書のため虚偽公文書作成罪に問うことができない

参照元:wikipedia

これを審査で使おうとすると詐欺罪に当たる可能性が高くなりますが、賃貸審査の場合はそのほとんどがバレずに入居、もしくはバレてしまっても賃貸借契約違反となり、入居できないだけで済むことがほとんどです。

明確には違法ですが、訴訟を起こすレベルにまで発展することはない場合が多いのが現状です。

公的書類の発行は偽造に辺り、犯罪となります。

保険証の作成だとか運転免許証の発行だとかは公的書類なので作成した時点で犯罪です。ちゃんとしているアリバイ会社は公的書類の発行はしていませんが、悪い会社だとその仕事も請け負っているところもあるそうなので注意。

スポンサードリンク

賃貸契約でアリバイ会社を使うとばれるのか

しっかりしたアリバイ会社なら本当に完璧に作成してくれますし、矛盾が出ないようにするので審査も通り、入居後も安心できますがだめな会社だとばれます。

実際に利用してばれてしまった人の例をいくつか集めてみました。

アリバイ会社で実際に登記簿に載っている会社に1ヶ月間在籍していることにしてもらい、給与明細は自分で3か月分その会社名義にて作成、提出後に賃貸契約の審査を通過して入居してから3日後に不動産屋から「虚偽の申告をしたため契約書どおり出て行ってください」と言われ明日、水曜日に出て行かないといけません。

参照元:知恵袋

 

アリバイ会社で源泉徴収を作り、新居に入居することとなったが、後日、不動産屋から勤め先の法人登記が見つからないとの連絡があった。

参照元:教えて!goo

 

ばれてしまう要因は大きく分けて二つ。

  1. 利用者がミスをしてしまい矛盾が発生する
  2. まっとうでないアリバイ会社を利用している

利用する際は本当にちゃんとした会社で実績があるのかを調べ、矛盾が出ないようにしっかり繕っておく必要があります。

実際に利用する方法

賃貸契約の審査で実際に利用する場合も2つのパターンがあります。

  1. 自分でアリバイ会社を精査して、自分で登録する
  2. 不動産経由でアリバイ会社を使う

自分でアリバイ会社を探すとなるとどこが良いのかわかりにくい場合もあり、ばれてしまうリスクはこちらの方が高いでしょう。

ネットにはアリバイ会社の比較サイトがあるのでいくつか参考にしてみると良いと思います。

アリバイ会社徹底比較!

アリバイ会社評判人気比較ランキング

2の場合は不動産によりけりですが、仲介業者の人に「審査は通らないと思うのでアリバイ会社を利用してみましょう」と勧められることもあります。

そもそも不動産がアリバイ会社を勧めたり、提携すること自体は問題なのですが実際の不動産業界はかなりブラックです。

それこそバレてしまえばその不動産屋の責任問題となることもありますからね。

ただ、今までにも同じような手段を何度も利用し、何度も審査が通るようにしてきた実績があるから勧めているため、バレることはほとんどないとも言えます。

審査通りますよ。契約する不動産屋さんで紹介して貰えます。
不動産屋さんと提携してると言うか、決まった所が有るみたいなので、アリバイ会社が必要と思われる人には、不動産屋さんの方から《こう言う会社が有るので、ここを利用して下さい》みたいな感じで言われる事が多いです。

参照元:教えて!goo

どっちにしても自分で探すよりは仲介業者の方に正直に今の現状を話し、相談してみた方が楽ですし協力してくれるので良いでしょう。

ただ、手間や責任問題になるのを恐れているまっとうな不動産屋は審査が通らない人がくると「ちょっと厳しいかもしれません」と断られるので注意。

これは本当に利用する不動産会社によって異なります。

まとめ

少しだらだらと書いてしまったので最後にまとめます。

  • アリバイ会社がやっていること自体に違法性はない
  • 料金の相場は10,000円~20,000円ほど
  • まっとうな会社ならバレる可能性は非常に低い
  • 審査等に利用してバレてしまうと詐欺罪に当たる可能性がある
  • 賃貸審査の場合はばれても最悪入居できない、もしくは退去勧告されるのみ
  • 自分で探さなくとも不動産屋が提携している場合がある

アリバイ会社というのは確かに悪いイメージがありますが、法律上は問題がないのでホームページを堂々と掲げています。どうしようもない理由で部屋を借りたくても借りられない人もいるわけですし、個人的には必要悪であるような気もします。

できれば利用しないのが一番ですが、本当にどうしようもなくなったら利用を検討してみてください。

100%ばれないアリバイ会社は存在しません。

参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す