賃貸物件にウォシュレットは取り付け可能?料金相場や工事費・自力での取り付け方解説


出来れば住んでいるトイレは綺麗な方が良いですよね。

最近では築年数がある程度経っている物件でも集客のためにわざわざ温水洗浄便座(ウォシュレット)を取り付けるところも増えています。

逆に少し新しいにも関わらず普通のトイレだったりすることもあるので内見時には注意が必要です。

今回はもし仮にちょっと良さげな物件にウォシュレットが付いていなかった場合、後から自分で取り付けたりすることは可能なのか、賃貸物件のちょっとした疑問を解消していきたいと思います。

スポンサードリンク

賃貸物件でも後からウォシュレットを取り付けることは可能か

賃貸物件には原状回復の義務というものがあり、借りた状態の部屋は退去時になるべくそのままの状態にしなければなりません。

例えば壁に穴を空けたり、何かの工事によって取り付ける際は退去費用が高額になることがあります。

しかし、ウォシュレット自体は後からでも取り付けることは可能です。

取り付けるにあたって何点か注意すべき点があります。

1.大家や管理会社に連絡する

これは必ず行ってください。許可なく取り付けてしまうとちょっとした傷跡が残ると退去費用として請求されます。

事前に許可を得ている場合は退去時に高額な請求をされることはほとんどありません。

許可自体は思った以上にすんなり出してくれるかと思います。

もしまだ入居前ということであればちょっとした交渉をしてみるのも一つの手です。

「トイレにウォシュレットの設置をしていただけないでしょうか」と仲介業者を通して交渉してみてください。どうしても入居して欲しいと思っている場合は多少の交渉には応じてくれるはずです。交渉出来ればウォシュレット設置費用を丸ごと浮かすことが出来るためオトクです。

また、ダメだった場合でも「こちらで負担するのでウォシュレットを設置しても良いでしょうか」と普通にお願いすれば済むだけの話です。

すでに入居している場合は相手に負担させることはほぼ不可能なので実費負担交渉を行ってください。

2.コンセントが付いているかどうか確認する

ウォシュレットを設置するためには必ずコンセントが必要です。

これはついている物件、ついていない物件は半々ぐらいですが、もしコンセントがない場合は増設工事が必要になります。

こうなるとちょっと規模が大きくなるので渋る大家さんも多いようです。

ウォシュレット用のコンセントはコンセント部分の下にアースという導線を接続する特殊なもので、稀にコンセントはあるのにアース設置部分がない場合があり、注意が必要です。

3.温水洗浄便座選びに注意する

出典:http://www.house-support.net/zai/toire.htm

トイレは大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 背中にタンクがある一般様式タイプ
  2. 背中に低いタンクがあるワンピースタイプ
  3. 角に三角形に設置されたタンク式腰かけ便座タイプ

タイプによって設置できるウォシュレットと設置できないウォシュレットが存在します。

例えばTOTOやINAXの便座の場合、1番と2番は問題なく設置できますが、3番は設置できない場合があるそうです。

また、トイレも大きさが物件によって異なるためこの辺は購入前に確かめておく必要があります。

この辺は電気屋さんに行って説明してもらうと一番わかりやすいかと思います。

スポンサードリンク

設置するのにいくらかかるのか?

まずウォシュレットですが、相場は10,000~高くても20,000円しないぐらいですね。

東芝 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー SCS-T160

新品価格
¥12,635から
(2017/1/30 19:24時点)

仮に設置を自分ひとりで出来るとしたら便座代だけで済ませることが出来ます。

業者に取り付け工事を依頼する場合、相場は7,000~10,000円程度。

電気屋では購入と取り付け工事がセットになっているものもあるのでオトクになる場合もあります。

合わせると大体20,000~25,000円程度で設置することが可能です。

自力で取り付けることは可能か

「取り付け費はもったいない」という方も多いと思います。自力でももちろん取り付けは可能。

調べてみたところ素人でも30~1時間程度あれば設置することが出来るみたいですね。

難しいそうにも思えますが、ネットには取り付け方について懇切丁寧に説明しているサイトもいくつかあったり、ウォシュレットを購入すると設置の仕方のDVDが付いてくる場合もあるそうなので、これを参考にすると良いかと思います。

ここでは簡単に流れについてだけ説明します。

  1. まずは便座を外す
  2. 止水栓を閉める(蛇口とは別の水道の水を止めるための栓)
  3. 既存給水管を外す
  4. 既存分岐金具を外す
  5. 新しいウォシュレットのベースプレートを取り付ける
  6. 新しい分岐金具を取り付ける
  7. 新しい給水管を取り付ける
  8. 便座をはめる
  9. コンセントにアース線、電源をはめ込む

何が何だかわからないと思いますが、一つ一つの工程はさほど難しいものでもなく、ドライバーとレンチがあれば誰でも行うことが出来ます。

止水栓↓

給水管(止水栓とタンクの繋ぎ部分)↓

分岐金具(止水栓から分岐させる金具)↓

ベースプレート(温水洗浄便座を取り付けるのに必要)↓

やはりこういうのは専門サイトの方がわかりやすいと思うのでいくつか参考になりそうなサイトを見つけてきました。

ウォシュレットの取り付け手順

初めての方必見!プロが教えるウォシュレットの取り付け方

ご自身での温水洗浄便座の取り付け方法・注意点

購入した温水洗浄便座には必ず取り付け方の説明書が付いているのでそれを見て、わからない部分は上記のサイトを参考にしながらやると上手くいくかと思います。

退去時の注意点

もし取り付けが許可された場合にも注意すべき点があります。

  • 退去時にそのまま置いていって良いのか
  • 退去時にはもとに戻さなければならないのか

この辺は必ず確認してください。

取り付けた温水洗浄便座は出来ればそのまま置いていきたいですよね。綺麗なものでもないですし。

大家や管理会社としては設備が新しくなるのは嬉しいですが、中にはウォシュレットの故障を恐れて「退去時には元に戻すように」と言ってくる場合もあります。

設備として最初から設置されているのなら故障が起きてしまうと大家にはそれを直す義務が発生するので、余計なトラブルに発展するのを嫌がることもあります。

もとに戻す必要があるのに前の便座は捨ててしまったとなるとこれまた面倒なことになるので取り付けの際は注意するようにしましょう。

最後に

「すごく良い物件なのに温水洗浄便座が付いていないから嫌だ」と感じたら、とりあえず仲介業者を通して取り付けてもらえないか交渉。

最悪ダメでも自分で取り付けることができますから、トイレが原因で入居を踏みとどまっている方は参考になるかと思います。

また、現在入居していてどうしてもトイレが我慢ならないという場合も同様に設置の際は大家・管理会社に許可を取るようにしましょう。

値段もべらぼうに高いものでもないので長く住むなら設置の価値は十分にあります。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す