賃貸入居時の電気ガス水道の契約手続きの流れ!当日利用するにはいつ連絡するべき?


部屋を借りたら必ずやならなければならないことがいくつかあります。

その1つがライフライン、つまり電気やガス・水道の契約手続きです。

実際この手続きは入居当日に行うのか、それとも入居までに済ませておくものなのかわかりにくい部分だと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

ではさっそく見ていきましょう。

スポンサードリンク

電気・ガス・水道の契約の流れ

電気やガス・水道というのは基本的に自分で契約の手続きを行う必要があります。

その方法は大きく分けて2つ。

  1. 不動産から電気・ガス・水道の連絡先を教えてもらう(紙をもらう)
  2. 自分自身でネット上で手続きを行う

賃貸契約を行う際にはほぼ必ず電気・ガス・水道それぞれの連絡先が書いてある紙が渡されます。

契約する時は単純に書いてある電話番号に連絡して手続きを行うだけです。

また、これらの契約はネット上でも行うことが出来ます。

契約手続きは当日でも可能?

入居当日に電話で手続きを行うとイメージ的には実際に使うまでに時間がかかりそうですが、ガス以外は即日利用することが出来ることがほとんどです。

そもそも初めての一人暮らしの場合はこうった事情を知らない人がほとんどなので事前にやっておくこと自体少ないでしょう。

通常、賃貸契約日にそれぞれの連絡先が書いてある紙が渡されます。

賃貸契約日に宅建取引主任者から
電気・ガス・水道・電話の
連絡さきTEL番号かかれた用紙わたされるはずです。

参照元:知恵袋

大抵の場合、契約日=入居日=鍵の引き渡し日で、この紙を貰ってから連絡することになるため、どう頑張っても前もって連絡できませんからね。

会社によっては前もって渡すところもあるかと思いますが、私の経験上は入居日当日に毎回教えてもらってそれから連絡するといった流れしかありません。

電気や水道は立ち合いの必要がないのでちょっと電話すればすぐに使うことができます。

しかも実は契約手続きをしなくともブレーカーを上げたり、蛇口をひねれば水が出てしまう場合も多いです。

電気・水道は普通使える状態になっていますから、入居してからでも大丈夫です。

参照元:知恵袋

内見時に仲介業者が部屋の明かりを付けられるのはこのため。

この時の電気・水道の使用料金は大家契約となっているそうです。

ガスだけは危険物となるため手続き、立ち合い後に開栓を行うため当日に利用するのは無理かもしれません。

少なくともガスは当日は無理だと思います。
立ち会わなければならないので、その時間に不在にすると
翌日や明後日などになりかねません。

参照元:知恵袋

これは引っ越しの時期にガス会社が混雑しているかどうかによって変わります。

ガスだけは前もって連絡しておく必要があるみたいですね。

私の場合は入居当日に連絡をして次の日に立ち合いとなることが今まで多く、実際に使えるようになるには入居翌日といった感じでした。

午前中までに連絡すれば当日立ち合いで当日からガスが使えることもあるのでやはりここはガス会社の忙しさ次第な部分が大きい気がします。

スポンサードリンク

プロパンガスの立ち合いには保証金が必要

おそらく電話した時にも言われると思いますが、プロパンガスの利用の場合には契約時に保証金が必要となります。金額は1万円の場合が多いですね。

これはもし仮に滞納してしまった場合にガス会社の人が困るのでその時は保証金から差し引く念のためのお金。

滞納がなければ退去時に返金されます。

退去時の場合は最終月のガス代を保証金から引き、その差額が返金されます。

私の場合は最終月のガス料金が約2500円だったので差額である7500円が返金されました。

契約時に一文無しという状況がないように注意してください。

都市ガスの契約に保証金は必要ありません。

理由は定かではありませんが、おそらく都市ガスの方がプロパンガスよりも2倍近く料金が安いことが関係しているのではないかと思います。

まとめ

まとめると・・・

  • 電気ガス水道は不動産から連絡先が渡されるので心配なし
  • 電気やガスは当日連絡ですぐに使うことが可能
  • ガスだけは立ち合いが必要なため入居当日に使いたいなら早めに連絡が必要

という感じですね。

もし入居前に連絡したいけど教えてもらってなくてわからないという場合は契約する不動産会社に連絡して「電気・ガス・水道の連絡先を教えてください」と伺えば教えてくれます。

これが本来事前にわかるものなのか入居日当日にわかるものなのかは定かではありませんが、おそらく入居当日以降に連絡する方の方が圧倒的に多いかと思います。

私もこういった契約の手続きはかなり心配になってしまうタチですが、不安な部分は積極的に仲介業者の方や管理会社に連絡して聞いてみた方が良いと思います。

少しでもお役に立てれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す