引っ越しの挨拶はいつすべき?不在なら手紙が有効?おすすめの菓子折りはこれだ!


引っ越しをしたらとりあえず隣人や下の階、上の階の人に挨拶をするのが常識と言われていますが、実際にやっている人は少ないかと思います。

特に大学生が多いアパートなんかだとそもそも挨拶しに行ったところで勧誘と間違われるので出てくれないことがほとんどです。

ただ、挨拶をすると色々とメリットも多いので出来ればした方が良いと思います。

そこで今回は引っ越しの挨拶はいつ頃すべきなのか、そしてどんな品物が喜ばれるのか具体的にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

引っ越しの挨拶に最適な時期と時間

特別この時間でなければだめとか引っ越しした当日にしなければならないみたいなルールはありません。

ただ、引っ越ししてからなるべく早めの方が好感は持てますよね。

入居してから3日以内が理想、できれば1週間以内に挨拶はしておきたいものです。

平日よりも土日の方が部屋にいる率は高いのでおすすめです。

 

続いて時間ですが、出来れば昼間。

ただ、昼間だとそもそも家にいない可能性が非常に高いため個人的には夜にいった方が良いと思っています。

具体的には18:00~21:00前後がベストです。

夜遅すぎると迷惑になりますし、朝早く行くのも睡眠を妨害してしまう可能性があります。

夜は営業訪問もあまり来ないので勘違いされる可能性も低くおすすめです。

ただ、どの時期、どの時間に行ってもそうですが1度の訪問で出てきてくれる可能性は低いです。

インターホンが付いていて訪問者の顏が見れるタイプの物件だと居留守を使われる可能性は低いですが、逆に安いアパートでそういった環境でない物件は訪問販売と勘違いされるので出てきてくれません。

出てこなくても最低4回は訪問するべき

そもそも引っ越しの挨拶で住人が出てきてくれる可能性は低いので何度も足を運ぶ必要があります。

本当に居留守を使っているのかそれとも外出中なのかは外からでも明かりで判断できます。

居留守がバレる理由とは?

夜に何度か行ってだめなら午前中、土日にダメなら平日に行ってみるなど時間や曜日を変えてみると良いでしょう。

4~5回訪問しても出てこない場合は居留守を使っていて誰が訪問しても出てくれない可能性が高いので諦めましょう。

どうしても挨拶がしたいという場合はポストに手紙を入れるのも一つの手です。

「隣りに引っ越してきた○○です。ご不在のようですので後日改めてお伺いいたします」と書いておくと次に言った時にちゃんと出てくれる可能性が高くなります。

手紙を入れたらなるべく早く直接挨拶するようにしましょう。

最悪手紙だけで済ませてしまっても問題ないと思いますが、あらかじめ買っておいた挨拶用品が無駄になってしまうのはもったいないですからね。

スポンサードリンク

挨拶に最適な品物とは

引っ越しの挨拶って品物を渡すイメージが強いと思いますが、実際は本当に挨拶だけでも構いません。

ただ、何か物があった方が好感が良いので今後の付き合いとしてメリットが大きいです。

何を渡すか迷うと思いますが高くても1000円以内のものが良いとされています。

これは高すぎると相手が恐縮してしまうからだそうですがあまり値段は考えなくても良いような気がします。安すぎなければ良いです。

一番おすすめなのはお菓子類ですね。お菓子って言ってもスナック菓子とか駄菓子はNGですよ。

デパ地下等で売っているちょっと見た目が良さそうなもので1000円以内で箱詰めされているものがベスト。

ちょっと高めのチョコレートや饅頭、ウエハース系の商品は好まれます。

量は一人暮らしを想定しているので少ないもので構いません。

忙しいようであれば、ネット等でも手軽に手に入るのでわざわざデパ地下に買いに行く必要もないですね。

コロンバン ロイヤルアソートメント 24個入

新品価格
¥1,080から
(2017/3/3 19:39時点)

これだけおさえて置けばOK

引っ越しの挨拶と聞くとタオルをイメージしがちですが、タオルは実際一番喜ばれないので出来れば避けてください。

自分が貰ってちょっと嬉しいと思うものを渡すようにしましょう。

それと渡すものはなんでも良いですが出来る限り消耗品にしましょう。

【例】

  • ラップ
  • ゴミ袋(地域指定のものだとなお良し)
  • お米
  • 洗剤
  • 地元の特産品
  • デパ地下の菓子折り

ただ、消耗品の中でも柔軟剤など匂いのついているアイテムはこだわりを持っている人がおおいのでそういったものは避けた方が良いですね。

そう考えるとやはりちょっとしたお菓子系が個人的にはおすすめです。

なんて挨拶したらいいの?

あまりかしこまる必要もないですが、念のため挨拶の例を用意してみました。

例「始めまして。昨日引っ越してきた201号室のヒトグラです。これからお世話になります。どうぞよろしくお願いします。これ、つまらないものですが、よかったらどうぞ(品物を渡す)」

大切なのは何号室の誰で何をしに来たのかを伝えることです。そしてよろしくお願いしますと添えれば完璧です。

引っ越してきてこちらはまだ何もわからないので、気になることがあれば聞いてしまっても良いと思います。

例えば「結構音は響きますか?」とか入居してしばらく住まないとわからないようなことを聞いておくといいかもしれません。

挨拶するとトラブルに巻き込まれにくくなる

賃貸物件の最大のトラブルは隣人関係です。

特に音に関してはほとんどを占めるほどです。

入居中によくある隣人の苦情・クレームやトラブル

そこでこのように挨拶をしておけば多少こちらが少しうるさくても相手は何も言ってきませんし、苦情になるリスクも減らせます。

逆に相手がこちらに迷惑になるようなことをすることも減るのでメリットしかありません。

他にも何かトラブルが合った時に助けになってくれることもあるので出来る限り引っ越しの挨拶はしておくことですね。

ちなみに私は入居当日にドタドタ騒がしかったので苦情を入れられてしまいましたが、その後隣りと上下階に挨拶を行って以降は一切苦情が来ていません。

どんな人が隣に住んでいるのか見ることも出来るので挨拶ってメリットが大きいと思います。

絶対にしなければならないわけではないですが、出来る限りしておいた方が何かと得ですね!

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す