賃貸に雨戸やシャッターは必要?メリット・デメリットや住み心地の違いを検証してみた


物件情報を見ても書いてないことが多く、実際に内見に行ってもそこまで見る人は少ない窓の雨戸やシャッター。

このシャッターや雨戸、一人暮らしする人や部屋を借りる人とって本当に必要なのか今回はそれを明確にするためにメリット・デメリットと私が実際に住んでみた感想からご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

雨戸・シャッターとは

実はこの2つ、似ていますが微妙に意味合いが異なります。

  • 雨戸

雨戸というのは窓の外側部分に設置されている引き戸型の戸のことです。

もともとは雨や風をしのぐために作られましたが、最近のガラスは昔と違い嵐が来ても簡単に割れることがないのでなくても全く問題ありません。

  • シャッター

シャッターは窓上部に設置されていて上から下に降ろすような造りになっています。

雨戸よりもやや薄いものが多いですが、基本的な効果は同じです。

 

古い物件ほど雨戸の比率が高く、新築物件は雨戸よりもシャッターが設置されていることが多いですね。

続いてこの2つがあることのメリットやデメリットについて見ていきます。

メリット・デメリット

失敗

【メリット】

  • 外からの熱を防ぎ、中の熱を逃しにくいので少しエアコンをつけるだけで長時間持つ
  • いつでも光を100%シャットアウトできる

大きなメリットはこの2つですね。

特に気温の低い冬場だと雨戸やシャッターがあるだけで全く違います。

部屋の熱を逃がしにくく、外の冷気をかなりシャットアウトしてくれるためエアコンもつけっぱなしにしておく必要がありません。

雨戸やシャッターのない部屋だと部屋がなかなか温まらなかったり、エアコンを切るとすぐに部屋が寒くなったり、暑くなったりして大変です。

遮光カーテンにも同様の効果がありますが、やはりカーテンと雨戸・シャッターでは雲泥の差です。

あとは仕事の都合上などで昼夜逆転の生活をしている人などは間違いなくおすすめです。

遮光カーテンを使っても隙間から光が漏れてしまうので部屋を真っ暗にすることはできませんが、雨戸やシャッターなら100%部屋を真っ暗に出来ます。

こうすることで睡眠の質も変わるので特に仕事をしていて昼間に家で寝るような人は会った方が良いと思います。

【デメリット】

  • 音がうるさい
  • 開け閉めが面倒になってくる

私は雨戸の部屋にしか住んだことがありませんが、風が強い日などは戸の音が少しうるさいです。

神経質な人はちょっと気になる部分かも。

ただ、雨戸やシャッターが付いた物件だからといって家賃が高くなるような傾向はみられていません。

うるさかったら開ければ良いだけなので、雨戸やシャッターが付いていないことが良いようなことは実質的にはないと言えます。

結論

無くても良いけどあると間違いなく便利です。

夜勤があるような会社に勤めている人なら雨戸・シャッター付の物件にすることをおすすめします。

あとは遮熱効果があるので電気代をやたらと気にするような人も雨戸・シャッターがあった方が良いと思います。

逆に普段あまり家にいない人、電気代を気にしない人、規則正しい生活をしている人にとっては不要かも・・・

というのが結論です。

部屋を選ぶ上で優先順位は低いと思いますが、内見時には見逃さないようにしてください。

検索時にチェックすべき物件情報

最後に

昼間に部屋を暗くしたい時、例えば恋人とDVDを見る時とかに雨戸やシャッターは持って来いです。

ただ、健康面を考えると日の光はなるべく浴びた方が良いので使わない方が良いのかも・・・

私も過去に何度か雨戸付きの物件に住んでいましたが、一度閉めると洗濯した時ぐらいしか開けなくなりますね(笑)

そのぐらい快適ということです。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す