一人暮らし必見!賃貸物件選びで入居後に後悔しやすい項目をまとめてみた


一人暮らしは年単位で住むことを想定しているのでなるべく失敗したくはないですよね。

しかし、どんなに注意してもどんなに慎重になっても実際に住むと嫌だなと思える部分はいくつか出てきてしまいます。

そこで今回は私の経験を元に入居後に後悔しやすい点についてまとめてみましたので現在部屋探しをしている方は参考にしてみてください。

スポンサードリンク

入居後に後悔しやすい項目ランキング

第1位・・・壁が思った以上に薄い

おそらくこれは一人暮らし経験者も納得の1位だと思います。

基本的にアパート系は壁が薄くてどんなに慎重に部屋を選んでも隣の部屋の音は聞こえてきます。

また、マンションであっても壁が薄い場合があるので油断できません。

内見時にしっかり確認したとしても実際に住んでみないとわかりずらい部分なので最も失敗しやすいと言えます。

音関係はトラブルにも発展しやすく、神経質な人は辛いですからね。

【対策】

内見時には必ず壁をノックするように叩いてチェックしてみましょう。

壁の厚さは同じでも使っている素材によって遮音率も変わってきます。

それとこれは構造の話になりますが、なるべくラーメン構造よりも壁式構造の物件を選ぶようにしてください。

間取りを見れば一発でわかります。

違いに関しては「防音性の高い賃貸物件を探すコツ」でも紹介しているのでチェックしてみてください。

第2位・・・隣人がうるさい

こちらも音に関する後悔。

その部屋自体にはなにも問題がなくても隣人がどんな人かまではわかりません。

実際に住んでみて初めて夜騒ぐ人なのか社会人なのか学生なのかなんとなくわかってくるというレベルです。

特に家賃の安い大学近くのアパートだと学生が住んでいることが多いので宅飲み等うるさくなることも珍しくありません。

【対策】

なるべく家賃の安い大学近くを選ばないこと。アパートを選ばないこと。

もしそれでも住むのであれば引っ越しの挨拶をしておくことでけん制ができるので、相手は非常識な行動を取りづらくなります。

内見時にも一応どんな人が住んでいるかをなんとなくチェックすることは可能です。

引っ越し前に隣の住人を知る方法

第3位・・・思ったよりも駅から距離がある

物件情報には必ず駅から徒歩○○分と言った具合に駅からの距離が書かれていますが、これを鵜呑みにしてはだめ。

まぁ有名な話だと思いますが例えば徒歩10分と書かれていれば実際には12~3分かかると思ってください。

実際に住んでみて思った以上に駅までの距離が遠く、後悔することもあるので注意が必要です。

【対策】

良いと思った部屋を見つけたら自分自身の足で駅から物件まで歩いて正確な距離を測ってみるようにしましょう。

仲介業者の方に聞いたところ昔は駅から物件までの時間を直線距離で割り出していたそうですが、最近はグーグルに表示された時間を掲載することが多いようです。

昔よりは改善したとはいえ、正確でない場合が多いので後悔したくないのであれば自分で歩くようにするべきですね。

スポンサードリンク

第4位・・・スーパーやコンビニが近くになくて不便

部屋の綺麗さや設備ばかりに重点を置くと住んだ時に周りに何もなくて不便と感じてしまう場合もあります。

特にコンビニやスーパーは生活する上でも欠かせません。

自転車で何分も漕がないと行けないような距離にあるのは本当に不便で思った以上に後悔します。

【対策】

地図アプリ等を使って周辺に何があるか事前に把握しておきましょう。

ここまでやるのは面倒だと感じますが、そのまま住むとそれ以上に後悔します。

優先順位としては高くはありませんが、同じような物件で迷った場合などはこういった周辺施設で決めるというのも一つの手です。

第5位・・・踏切や車の音が思った以上にうるさい

大したことないだろうと思っても住んでみると想像以上にうるさいのが踏切や電車の音、交通量の多い所では車の音です。

人間、だいたいの音には慣れますがトラックや電車などの振動音は慣れないそうで、中にはノイローゼになる人もいるほどなので選ぶときは慎重に。

【対策】

なるべく踏切近くや大通りは避けるべきですね。

もし大通りに住むようであれば地図アプリを使って交通量を調べてみると良いと思います。

最悪夜の交通量がほとんどないのであれば睡眠を妨害されることもないので問題ありません。

まとめ

やっぱり後悔しやすいのは音に関することが多いですね。

実際に住むまではどのぐらい音が聞こえるのかわかりませんし、隣人が騒ぐタイプかどうかもわかりません。

家賃をあまり考えないのであればアパートよりもマンション、具体的には鉄筋コンクリートマンションが一番です。

ただ、あまりに家賃を高く設定しすぎるとそれはそれで悩みの種の一つとなるためどれを取るかしっかりと優先順位はつけておくべきですね。

家賃は毎月大きな額を一瞬で持っていかれるのでちょっと憂鬱になります。

最後に

どんな物件にしても後悔というかちょっと嫌だなと思える部分は出てくるかと思います。それでも住めば都と言われるように大抵のことには慣れますし、最終的にはその物件も悪くないと感じるようになります。

無理して高い家賃の部屋に住んだり、逆にボロアパートに住むのだけは辞めた方が良いと思います。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す