カップル必見!同棲でよくあるトラブルとは?部屋を借りる前の注意点!


長く付き合っていると「2人で一緒に住もう!」という流れになることもあります。

確かにお互い一人暮らしをしているよりも2人で家賃を出し合い、広い部屋に住んだ方が経済的にも間違いなくオトクです。

しかし、安易な同棲やルームシェアはトラブルにも繋がります。

そこで今回は今後同棲や友人とのルームシェアを考えている方のためによくあるトラブルや借りる前の注意点についてまとめてみましたので是非一度チェックしておいてください。

スポンサードリンク

2人で部屋を借りる際の注意点

通常、一人暮らしなら契約者は自分一人だけなので問題ありませんが、同棲やルームシェアだと少し勝手が違います。

2人で住む場合は契約者が2人になり、保証会社を使わないのであれば連帯保証人も2人分必要になります。

同棲は契約者も連帯保証人も2人必要?

これが結構仲介業者的にも手間だそうで、片方だけ契約者にしてもう一人を同居人として契約を進める場合もあります。

明確には契約者が1人分なのに2人が住むことは規約違反になりますが、実際問題こういうカップルは非常に多いです。

例えば片方だけフリーターで安定した収入を得ていないなどの状況になってくると審査も通りにくくなるので仕方なく収入の多い名義で借りることもあります。

こうなってくると家賃が払えない等の責任は全て契約者に降りかかります。入居後に2人の関係が悪化して片方が契約していない方が勝手に出て行った場合も支払いの義務は契約者にあります。

今まで家賃を折半して払っていたのであればこれはかなり痛手。

こういうトラブルにより結果的に家賃が払えなくなる危険性があるので同棲を嫌がる家主は多いそうです。

未然に防ぐためには両方契約者として部屋を借りるか、契約していない方に前もって数ヶ月分の家賃を払ってもらった方が良いでしょう。

スポンサードリンク

入居後によくある同棲・ルームシェアのトラブル

 

  • 光熱費問題

最初の予定では家賃・光熱費を折半する予定で部屋を借りていても生活していく上でどちらかが不満に感じてくることは多いです。

例えば、家にいる時間が長い方が電気代を多く使いますし、電気や暖房機器の消し忘れ癖がある人がいれば不満に感じるでしょう。

明らかに自分の方が光熱費を使っていないのに折半になるのもバカバカしくなってきます。

  • 食費問題

同棲やルームシェアをすると言っても冷蔵庫を2つ置くことは少ないかと思います。

こういう場合、どちらが食費を払うのかというのも事前に話し合っておかないとトラブルの原因になります。

例えばせっかく自分が料理をするために買っておいた食材をいつの間にか食べられてしまう・・・とかまぁ喧嘩の原因になってしまいますからね。

同棲の場合は食費として共通のお財布を作っておき、毎月○○円ずつ食費として出すというのも一つの手です。

食べ物の恨みは意外と怖い。

  • 一緒にいすぎてイライラする問題

もともとは両想いだったからこそ付き合い、そして同棲すると思いますが、一人の時間が欲しいという人は一緒にいる時間が長すぎると相手にイライラするようになります。

同棲の間取りとしては1LDKが家賃的にも良いとされていますが部屋は絶対に2人の部屋は分けておいた方が良いです。

最適なのは2DK。6畳程度のリビングがあり各自の部屋があると生活リズムがお互いに違ってもストレスを感じにくい生活を送ることが出来ます。

  • 片方掃除しない問題

人には向き不向きがありますが、片方ばかりが掃除を頑張り、片方ばかり部屋を散らかすという場合もあります。

当然片づける側としてはイライラするのも当たり前です。

料理にしてもそうですが、例えば料理を作る人とお皿を洗う人を分けるとか掃除の担当曜日を決めるとかある程度決めておかないと喧嘩の原因になります。

同棲するからと言って高い家賃の部屋は借りないこと

今までお互い家賃6万円のところに住んでいたからといって同棲するなら家賃12万円ぐらいのところを借りようとするのは間違いです。

確かに単純計算した出費は変わりませんが、同棲すると何が起こるかわかりません。

冒頭でも言ったように喧嘩して片方が出て行ってしまったり、一人暮らしよりも家賃が払えない状況になりやすいです。

さらに広い部屋の場合は契約アンペア数が違うため電気代も基本料金が高く、使えば使うほど単価も上がっていきます。

この辺は「冬の電気代平均はいくら?」にも書いていますが、電気代には3段階あり、使えば使うほど単価が上がる仕組みになっているので注意しましょう。

同棲をする場合、家賃は一人暮らしの1.5倍程度が適正です。

6万円のところで一人暮らししていたら9万円までが妥当なライン。それ以上は辞めておきましょう。

最後に

いくら二人の仲が良いと言っても入居後に何が起こるかわからないのが同棲やルームシェアです。

事前にいくつか2人で決めごとをして置かないと家賃や光熱費を滞納することにも繋がりますので注意してください。

少しでも参考になれば幸いです

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す