一人暮らしの平均専有面積や目安!何平米だと狭い?部屋の広さは6畳以上?


初めて一人暮らしをする場合はわざわざ専有面積なんて気にする人はそういないと思いますが、専有面積=部屋の広さなので意外と重要です!

今回は一人暮らし(1R、1K、1DK)の平均的な専有面積や実際どのぐらいが狭いと感じるのか、広いと感じるのかについて少し具体的な話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

一人暮らしの専有面積平均は?

専有面積とは簡単に言うと部屋内部にある床面積の合計のこと。

部屋内部となるのでバルコニーやベランダは専有面積には含まれません。

実際にキャッシュバック賃貸でいくつか物件を調べてみました。

1

例えば新宿にあるマンションの一室だとこんな感じです。

21㎡~23㎡ぐらいですね。

21㎡の間取りはこんな感じです。

間取り1

洋室が6.25畳とやや広めでおそらくキッチンは2畳、もしくは3畳ほどだと思います。

アパートでも検索してみました。

アパート

間取り2

18㎡ですが、洋室は6畳と平均的で風呂トイレ別、キッチンも狭いというわけではなさそう。

SUUMOの調べによると20代で一人暮らしの平均専有面積は27.4㎡だそうです。

私が独自に調べた情報と結構差があることがわかります。

おそらくこれは1DKの部屋に住んでいる人やそれ以上の間取りに住んでいる人のデータもまとめているので普通よりも専有面積の平均が広くなっていると思われます。

中央値はおそらく20~22㎡ぐらいだと思います。

普通に考えて一人暮らしで27㎡ってかなり広いですよ。

実際どのぐらいあれば良い?

平均うんぬんの話は置いておいて、実際どのぐらいの専有面積があれば狭いと感じずに快適に暮らせるか考えてみます。

極端ですが10㎡だと部屋が3畳とかそういうレベルになってしまいます。

快適な部屋の広さは最低でも6畳は欲しい所です。

6畳の専有面積は約10㎡です。

プラスしてお風呂、トイレ、キッチンの面積も加味しなければなりません。

16

この部屋が約16㎡です。

悪くはありませんが部屋が6畳以下でなおかつ風呂トイレ別なのでちょっと快適とは行きませんね。

そう考えると実際には最低でも18㎡以上ないと厳しいかもしれません。

もちろんこれは風呂トイレ別かユニットか、収納があるのかないのか、こういう細かな間取りによっても変わってきます。

あくまで目安ですが部屋を選ぶ時は18㎡以上、20㎡あればなかなか快適な一人暮らし生活が送れると思います。

逆に17㎡以下だと狭い!!と感じる可能性が高くなるので選ぶ時の目安にしてみてください。

狭い部屋を広く見せる家具の配置や色のレイアウト術

アパートよりマンションの方が広い?

必ずしもそうとは限りませんが、調べてみたところアパートよりもマンションの方が専有面積は広い傾向があります。

これはバストイレ別の物件やキッチンが広めに作られている物件がマンションの方が多いからです。

キッチンの広さは自炊するなら結構重要なポイントとなりますが、トイレやお風呂が広くても実際には1日で数分しかいない場所なので狭くても問題ないです。

マンションを選ぶ場合は専有面積というよりもやはり防音性を重視したい人向けですね。

同じ家賃なら広さと機能面どっちを取るべき?

それなりに家賃も高くなるのでこれは自分の給料と相談すべきでしょう。

家賃を抑えて広い部屋に住みたいという場合はアパートで検索するようにしてください。

アパートとマンションの「鉄骨造」の意味の違いとは?

結局専有面積より部屋の広さが第一

なんだかんだで専有面積というのはあくまでも目安に過ぎません。

部屋が6畳以上であれば普通に過ごすことが出来ますし、キッチンは2畳ほどあれば問題ありません。

畳数がわからない場合は内見する時に営業マンの方に直接聞いてみると良いでしょう。

目安として見るなら18㎡以上、20㎡ほどが理想です。

これ以下だと狭いと感じますし、これ以上広くても家賃が高くなるのでコスパ的には良くないかもしれません。

個人的見解も多いので人によっては狭い、広いと感じる部分は違うと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す