賃貸物件の駐車場無料のデメリットとは?月極駐車場とどっちがオトク?


大学生の一人暮らしにはあまり関係のない話かもしれませんが、すでに車を所有している人にとって駐車場は必須です。

賃貸物件を借りる時に物件によっては駐車場付きの場合がありますが、ほとんどの場合、賃貸とはまた別に駐車場代としていくらか毎月請求されます。

稀に駐車場無料の賃貸物件というのも存在しており、一見メリットしかないようにも感じられますが当然ながらデメリットもあります。

今回は賃貸駐車場無料のデメリットや地域の相場などなど駐車場に関することをご紹介していきます。

スポンサードリンク

駐車場無料のデメリットとは?

普通に駐車場を借りる場合は無料なんて100%あり得ません。

通常は月々駐車料金を払うことでその駐車スペースを自分のものとして使うことが出来ます。

これが月極駐車場というやつですね。

賃貸の場合、例えその物件が駐車場付きだったとしても基本的に別途で駐車料金を払わなければなりません。

数は少ないですが駐車場付きでその駐車場も無料という物件も存在します。

駐車場

例えばこの物件は設備項目に「駐車場1台無料」と書かれているので、契約すれば駐車料金を払わずに車を停めることが出来ます。

デメリットとしていくつか挙げていきます。

  • 人が入らない不人気物件の可能性が高い
  • 駐車場代が賃料に含まれている
  • 車を所有していなければ意味がない

もし本当に人気のある物件なら、わざわざ駐車場代を無料にしなくても人は集まります。

そうできない理由としては「付加価値がないと人が入らない物件」の可能性があるからです。

さらに、駐車場代を無料と謳っていても実際本当に無料というわけではなく、賃料に含まれている場合も考えられます。

これは相場からある程度算出することが出来ますが、含まれているかどうかは借主側にはわからないことが多いですね。

もう一つ根本的なことを言ってしまうと車を持っていなければ意味がないということです。

まぁこれに関してはデメリットってわけでもないですが、駐車場を使わない人にとっては無料であろうが有料だろうが意味がないということです。それで賃料に含まれていたら完全にデメリット。

ただ、車を持っていなくて車を使わない場合でも友人がよく遊びに来るような人だったら友人の車を駐車場に停めておけますし、自力での引っ越しの時に駐車場所に困らなくて良いというメリットもあります。

スポンサードリンク

月極駐車場と賃貸の備え付き駐車場どっちがオトク?

賃貸物件の駐車場の場合は敷地内にある場合が多く、備え付きでない場合は自分で月極駐車場を探さなくてはなりません。

月極駐車場って割とよく見かけますが、実際どちらの方がオトクなのか気になったので調べてみました。

東京に絞って探そうと思いましたが、都内の場合は備え付きではないことが多いのであえて埼玉県内で比較してみます。

相場に関しては全国の月極駐車場を探せるサイト「カーパーキング」のデータを元にしています。

ちなみに東京都の月極駐車場の平均相場は約30,000円です。

埼玉県の川越市の月極駐車場の平均相場は約10,000円。

一方駐車場代は5,000~高くて8,000円でした。

こちらは賃貸サイト「スモッカ」に掲載されている物件を一つ一つ調べた結果です。

予想していた通り、賃貸物件に備え付けられている駐車場の場合は普通の月極駐車場代よりも安いことがわかりました。

今回は埼玉の川越で比較しましたが、これは全国どこでも同じ結果になると思われます。

駐車場代無料で探すべきではない理由とは

車を所有している人は出来れば無料の物件に住みたいですよね。

ただ、残念ながら無料の物件というのは本当に数が少なくて仮に住む場所で見つけられたとしてもその他の条件が希望にそぐわない可能性が高いです。

探すべきではないというわけではないですが、探してもあまり意味がないということですね。

一方都内以外であれば駐車場が備え付きになっている物件も多いのでとりあえず駐車場付き物件で検索するのが賢いと思います。

駐車場代を加味して高いと思った場合は営業マンの方に交渉を持ちかけてみましょう。「駐車場も借りたいと思っているのですが、そうなると月の出費が多くなるのでなんとかなりませんか?」と相談してみてください。

場合によってはこの交渉で賃料が安くなったり、上手いこといくと駐車場代を無料にしてくれることもあります。

これは珍しい話ではなく、割と交渉次第ではよくある話なのでぜひ諦めずに交渉してみることをお勧めします。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す