一人暮らしにおすすめの間取りとは?1R・1K・1DK・1LDKの特徴をまとめてみた


部屋には人数によってそれぞれ必要な間取り、つまり広さは異なってきます。

これはある程度好みの問題となってきますが一人暮らしの場合は「1R、1K、1DK、1LDK」の中から選んでいくことになるかと思います。

初めて一人暮らしする場合にはワンルームや1Kを選ぶと思いますがそれぞれメリットやデメリットもあるので今回はその人の生活や生活パターン別にどんな間取りがおすすめか紹介していきます。

スポンサードリンク

一人暮らしにおすすめの間取りと相性

1.ワンルーム

ワンルームというのはその名の通り1つの部屋で完結している物件のことです。

簡単に言うとキッチンと部屋部分に仕切りがないのが特徴ですね。

ワンルームは数ある間取りの中でも最も家賃が安いのが最大の魅力。

一方、仕切りがないため自炊を多くする人にとっては料理の臭いが部屋に充満したり、夏場・冬場の冷暖房で困ることもあります。

仕切りがないと部屋の温度を調節するのにも時間がかかります。

【ワンルームがおすすめの人】

  • とにかく家賃を抑えたい人
  • 自炊なんてあまりする予定のない人
  • 取りあえず寝られれば良いと思っている人
  • ずぼらな人

2.1K

1Kというのは一つの部屋とK(キッチン)がある物件のこと。

それぞれ部屋が独立しているため多くの場合は部屋とキッチンの間に仕切りが設けられていますが、必ず仕切りがあるというわけでもないそうです。

私が最初に一人暮らしをした時にも1Kを選びましたが、仕切りがあることでワンルームよりも快適な生活を送ることが出来ます。

キッチンと部屋がしっかりと分けられていることで例えば脱衣所がない部屋に恋人を呼んでもなんとか対応することが出来たりします。

料理を作っても臭いが部屋までくることはありませんし、キッチンは料理をする場所=虫が発生しやすいイメージがあるので個人的には仕切りを設けてしっかりと分けたいと思って選びました。

【1Kがおすすめな人】

  • 自炊をしたいと思っている人
  • キッチンと部屋を分けたい人
  • 家賃を抑えたい人
  • 人が来たときにドアを開けて部屋を見られたくない人
  • 暑がり・寒がりな人

ワンルームと1Kで迷う人はかなり多いと思いますし、実際この2つが一人暮らしの間取りで一番人気です。

仕切りを付けるかどうかで家賃も数千円変わるので難しいところですが、個人的には1Kの方が好きです。

1Kとワンルームどっちが良い?

3.1DK

1DK

1DKというのは一つの部屋とダイニングキッチンのある物件のことです。

キッチンスペースが少し広めに作られているのが特徴です。

実際何畳以上がダイニングキッチンと呼ぶかという定義はありませんが少なくとも4畳以上はないとダイニングとは呼べません。

キッチンスペースが広く確保できるため、自炊を多くする人にとっては最適な間取りです。

部屋によってはキッチン部分にテーブルを置いてダイニングで食事を取ることもできますし、そうでない場合も大きめの食器棚を置いたり用途に合わせて使うことができます。

本当に部屋が2つある感じなので広く感じると思います。

【1DKがおすすめな人】

  • 自炊が大好きな人
  • キッチンスペースを広く取りたい人
  • 生活空間と食事空間を分けたい人

本当に料理が好きな人は1Kだと狭くて実際不便に感じるので1DKを選んだ方が良いですね。

その分家賃もまた高くなるのでその辺が難しいところです。

一人暮らしでよく使う調味料や食材・コスパ最強料理まとめ

4.1LDK

1LDKというのは一つの部屋とリビングダイニングキッチンのある物件のこと。

キッチン部分がとても広く作られていますが、ここまでくるとどちらかというと料理&生活空間+寝室という使い方になります。

ワンルームにもう一つ部屋が付いていると言った方がわかりやすいかもしれませんね。

リビングダイニングも同様に広さの定義はありませんが、一般的には8畳以上設けられていることが多いです。

芸能人で一人暮らしをしている人の場合は1LDKなのにリビングダイニングキッチンが24畳とかとてつもない広さだったりします。

リビングがあるとソファを置いても広々と使えます。

また、寝室を別に設けることができるため、友人をよく招く人にとってはとても使いやすいです。

同棲する人でも1LDKを選ぶ人が多いので一人暮らしにはやや広すぎる感も否めません。

【1LDKがおすすめな人】

  • 友人が多く、人を家に招きたい人
  • 恋人と同棲してみたい人
  • 荷物がかなり多い人

普通に初めての一人暮らしで1LDKを選ぶ人はかなり少ないと思います。

家賃もワンルームを比べるとかなり高くなってくるのでお金に少し余裕がないといけません。

また、ちょっと寂しがり気質のある人だと部屋が広すぎて寂しくなってしまうかもしれません。

恋人を作って同棲したい願望のある人には超おすすめの間取りです。

スポンサードリンク

基本的にはワンルームか1K

一人暮らしの部屋は1Kとワンルームどっちが良いのか

今回は一人暮らしが住む間取りの特徴について紹介しましたが、おそらく普通の人はワンルームか1Kを選ぶと思います。

ある程度お金に余裕が出てきて、30代で独身とかだと1LDKに住む人も多くなりますが、逆に学生ならワンルームでも十分です。

広すぎると寂しさを感じやすいですし掃除も大変になります。

かといって狭すぎてもストレスが溜まりやすくなるので考えものです。

自分が1日の中でどれぐらいの時間を家で過ごすのかによって決める必要があります。帰って寝るだけならワンルームで十分。家で仕事する人なら少し広めでないと仕事がはかどらないかも。

自分の性格や生活リズム、そして給料などを考慮して部屋を選ぶと失敗するリスクも減らすことができます。

自分の条件に合った部屋を探すには?

自分が広い部屋がいいのか、それともワンルームで十分なのかを知ったところで希望に沿った物件を見つけられなければ意味がありません。

不動産に直接行って探してもらうとその不動産が持っている物件しか紹介してもらえなかったり、利益が良い物件を紹介されるのであまりおすすめできません。

基本的にはネットで条件を絞り込んで探して問い合せ、不動産へ持ち込みすると良いと思います。

もっといいのはネットで専門スタッフに部屋を探してもらえるイエプラやイエッティ等のサービスの利用。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

この手のサービスが以前話題になっていましたが、チャットでのやり取りが基本なのでしつこい営業はありませんし、物件の持ち込み(URLを送るだけ)で空き室か確認してもらえたり、チャット越しに家賃交渉もできるのでかなり使い勝手がいいです。

イエプラのホームページへ

サービスといっても普通に部屋を探す時と同様利用料はかからないので試しにこういったものを利用するのもありだと思います。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す