未公開物件と非公開物件の違いとは?誰よりも早く良物件を探す3つのコツ


掘り出し物件を探すには周囲よりも早く物件情報を手にすることが大切です。

しかし、それをするにはネット上で自分で物件を探したところですぐにライバルにも見つかるため例え見つけられても先を越されて押さえられてしまう可能性もあります。

そもそも未公開物件と非公開物件って何が違うの?というところから実際に未公開となっている物件を探すコツについて具体的にご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

非公開物件と未公開物件の違いとは

結果から言うと非公開物件と言われていても未公開物件と言われていてもどちらも同じ意味合いがあります。

非公開物件というのは公の場(ネット等)に掲載されていない物件のことですが、この物件は不動産屋に行っても見つかりません。

例えば自分が物件を一つ持っていたとしてそれをネット、不動産問わず物件情報の掲載を行わなければ完全なる非公開となっている物件です。

未公開物件も同様にネット上で簡単に探すことはできませんが、例えばネットにない物件が不動産屋で紹介されるというのはよくある話。

これがいわゆる未公開物件というやつで公に晒していないけど紹介することは可能な物件という意味合いがあります。

まぁ明確なちがいはないですし、物件を探す時に困るようなことではないので知っておく意味もあまりないような気がします。

スポンサードリンク

未公開物件(非公開物件)を探す方法

1.不動産屋に直接行ってみる

未公開なので自分で検索して簡単に見つかるような物件は未公開とは言えません。とうかそれは不特定多数に公開されている物件ってことですからね。

しかし、実際には物件を掲載するまでには情報としてのタイムラグがあります。

○○日にその物件が空く→不動産屋が知る→タイムラグ→掲載

という流れがあります。

だったら不動産屋に直接行って聞けばまだネットに載っていない新鮮な物件情報をいち早く知ることが出来るというわけです。

その情報は自分しか知れないわけじゃないですが、少なくともネットより早く知ることができます。

2.マイナーな不動産サイトを利用する

わざわざ不動産屋にいくのが面倒だと考えている人も多いでしょう。

そういう人は少しマイナーな不動産サイトを利用してみてください。

通常、多くの人はアパマンショップ、エイブル、いい部屋ネットなど大手の不動産サイトを利用し、物件を検索します。

しかし、この状態だと他にも数多くのユーザーがいるので良い物件というのは見つからない、見つけたとしてもすでに契約が決まっているものばかりです。

実際に部屋探しをしてみるとわかりますが、持ち込んだ物件は高い確率ですでに成約が決まってしまっています。

なのでマイナーな不動産サイト、ニッチな不動産サイトを利用してみましょう。

これまでいろんな物件を見てきたという人でも見たことのない物件情報を100%見つけることができます。

ただ、この方法も未公開物件とは呼べないこと、そしてニッチなサイトは家賃価格が高いことが多く、条件に沿わない場合もあるので注意してください。

3.お部屋探されサービスを使う

正式名所ではありませんが、ネット上で専門スタッフの方に部屋を探してもらうという、いわゆる「お部屋探されサービス」というものがあります。

最近では大手不動産もチャット式のお部屋探されサービスを取り入れてきていますが、今現在のところ「イエプラ」や「ietty」が有名。

お部屋探されアプリietty・ノマド・イエプラの違いを比較してみた

基本的に利用は全て無料で、条件を伝えれば勝手にスタッフが物件を探してきてくれ、チャット式なので細かい要望も伝えることができます。

また、イエプラやiettyのようなサービスは不動産屋に直接行って探してもらうのと同じ感覚でやり取りが行えるので当然ながらネットでまだ掲載されていない物件も紹介してもらうことが可能。

特に未公開物件を探したい、掘り出し物件を人より探したいという人にはかなりおすすめ。

実際に不動産屋に行くことなく最新の物件を教えてくれるのでかなり利便性は高いと思います。

実際に私も使ったことがあるので興味のある方はそちらも合わせてどうぞ。

個人的には総合的にイエプラが一番やり取りも早くて使いやすいと思いました。

イエプラのホームページはこちら!

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す