賃貸の仲介手数料は最大いくら?交渉可能?無料や半額になる仕組みを解説


初めて一人暮らしをする方にとっては聞きなれない言葉かもしれませんが、部屋を借りる際には基本的に仲介手数料というものがかかります。

この仲介手数料というものは結構厄介で負担額が大きかったり、物件によっては無料や半額になる場合もあります。

そこで今回は改めて仲介手数料とはどんなものなのか、なぜ無料や半額になる場合があるのか解説していきたいと思います。

意外と知っておくと今後賃貸物件を借りる時に役に立つかもしれません。

では、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

仲介手数料って最大いくらかかる?

そもそも仲介手数料というのはその名の通り物件を借りる時に仲介する不動産に支払う手数料のことです。

物件を持っているのが大家、しかし入居する人を探すのが大変・・・だから不動産に頼んで集客を行ってもらう、この手伝い料金が俗にいう仲介手数料というやつです。

 

基本的に仲介手数料というのは多くの場合家賃の1ヶ月分かかります。

正確には税込みとなるので家賃+8%初期費用としてかかることになります。

初期費用の内訳例はこちら!

例えば家賃6万円の物件の仲介手数料は64,800円かかります。

宅地建物取引業法により、不動産会社が受け取ることのできる仲介手数料には上限があります。したがって、不動産会社が上限を超える仲介手数料を受け取った場合は、法令違反となります。

参照元:不動産ジャパン

この上限が賃貸の場合、家賃の1ヶ月分という決まりとなっているのでどんなことがあろうとそれ以上請求させることはありません。もしあったら違法ですからね。

初期費用はこれだけじゃなく前家賃や敷金礼金なども含まれますので簡単に見積もっても20万円ぐらい必要になってきます。

初期費用を10万円以下に抑える方法とは?

無料や半額の物件も存在する

先ほどは基本的に家賃の1ヶ月分かかるという話をしましたが、あくまでこれは基本です。

もちろん仲介手数料が無料の物件もあれば半額の物件も存在します。

例えば壁が薄いと噂に挙がるレオパレスですが、レオパレスが紹介している物件は全て自社物件です。

自社物件とはレオパレス自身が建設・建築を行っている物件のこと。

なので大家というものが存在せず、当然ながら仲介手数料も取られません。

レオパレスの評価・口コミ・評判はこちら!

続いて、大手不動産の一つであるエイブル。

エイブルが紹介している物件の仲介手数料は全て半額です。

家賃6万円なら3万円(税抜計算)分が仲介手数料となります。

仲介手数料が1ヶ月分かかる物件と比べると数万円もオトクになるため、非常に魅力的です。

エイブルの評価・口コミ・評判はこちら!

他の不動産も物件によっては仲介手数料が0円だったりするのでネットで検索する際は物件詳細をよく見てみるようにしましょう。

書いてない場合は基本的に家賃1ヶ月分取られると思っておいてください。

私のサイトでは20以上の不動産の仲介手数料を調べていますのでよかったらご覧ください。

不動産一覧【目次ページ】

仲介手数料が無料や半額になる仕組みとは?

ここまで知る必要もないかもしれませんが、念のために説明します。

仲介手数料というのは基本的に借主から手数料として不動産の懐に入ります。

しかし、実際は物件によって人気・不人気が存在するため人を入れようと思ったら何かしら対策を講じなければなりません。

家賃を下げたり、礼金を0円にしたり・・・この延長上に仲介手数料0円というものがあります。

「0円にしたら仲介してる不動産意味ないんじゃ?」と思うかもしれませんが、不動産は仲介手数料の他にも広告費として大家側から家賃1ヶ月分、ないしは2ヶ月分徴収しています。また、仲介手数料を0円にしても借主の代わりに大家が負担するケースもあります。

  • 普通の物件

通常

  • 仲介手数料0円の物件

2

必ずしもこの図式が当てはまるわけではありませんが、基本的に仲介手数料だと大家の負担が大きくなってしまいます。

つまり自社物件を除き、仲介手数料が0円等安くなっている物件というのは基本的に人気がなくて人が入りにくい物件と言えます。

ただ実際、人気がないのに仲介手数料1ヶ月分取っている物件も多いのでこれを見分けるのは難しいかもしれませんね。

仲介手数料って交渉できるの?

上記の説明でもわかるように仲介手数料も家賃や礼金と同様に交渉することは可能です。

ただ、もともと仲介手数料は金額も大きいので例えば6万円の物件が0円になることはほとんどありません。

不動産側としても交渉させるのは嫌がることも多いですし、難易度はやや高めな気がします。

交渉しやすい順で言えば、

礼金>家賃>>仲介手数料

といった順番でしょうね。

どれか一つでも交渉して安く出来れば御の字です。

冒頭でも言ったように仲介手数料は引っ越しの際にかなり負担となるのでなるべく半額、もしくは0円の物件を最初から選んだ方が良いでしょう。

家賃交渉の具体的なやり方

最後に

割とざっくりな説明でしたが、なんとなく仲介手数料についてはご理解いただけたかと思います。

個人的には物件を決める上で重要視していますし、1ヶ月分と無料ではほんとに差が出るので部屋探しの際はチェックしておきましょう。

私はアパマンショップを2度利用して家賃1ヶ月分を平気で払っていましたが、今は安い物件を優先的に見るようになりました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す