同棲する際の部屋の広さやおすすめの間取り!貯金や生活費はいくら必要か


同棲の部屋の広さのおすすめはこれ!貯金や生活費はいくら必要か

現在一人暮らしをしていても恋人ができ、長く付き合うこととなれば当然同棲した方が家賃的にも部屋の広さ的にもメリットが大きいです。

そこで今回は同棲した時の部屋の広さ、おすすめの間取りやどのぐらいの貯金が必要か、生活費は二人だといくらかかるのかをまとめてみました!

スポンサードリンク

おすすめの部屋の広さ

一概におすすめの部屋の広さといってもその人の職業や用途によって異なります。

賃貸サイトの検索カテゴリーというのを見てみると不動産サイトによってはカップルというものがあり、それによると1DK、1LDK、2DKが同棲するにあたっておすすめのようです。

今回は1DK~2LDKそれぞれの間取りを詳しく解説していきます。

1DKがおすすめのカップル

同棲の部屋の広さのおすすめはこれ!貯金や生活費はいくら必要か

正直1DKというのはあまりおすすめできません。

1LDKと比較するとキッチンがある部屋が少し狭く、広くても6畳ほどしかありません。

 

確かにご飯を食べるだけなら問題ないですが、もし寝室と居間を分けるとするとそこにテレビやソファーを置くとかなり窮屈になってしまいます。

部屋の広さはともかく、家賃を抑えたいというカップルにおすすめなのかもしれません。

今まで二人でワンルームなど狭い部屋に住んでいたのであれば問題ありませんが、お互いが一人暮らし、もしくは実家暮らしから同棲という流れだと窮屈と感じるので後悔する可能性は高いと思います。

1LDKがおすすめのカップル

同棲の部屋の広さのおすすめはこれ!貯金や生活費はいくら必要か

一般的なカップルなら1LDKが一番おすすめ!

というのもリビングダイニングキッチン(LDK)が広いので、例えばテーブルを置くだけでなくテレビやソファーを余裕をもって置くことができます。

基本的に寝る以外での生活の中心はここになるでしょう。

寝室はしっかり寝室として使うことができますし、多くのカップルは1LDKにしています。

一人の時間は確保しにくいかもしれませんが、生活する上でほとんど支障はないと言えます。

たまに8畳ほどでLDKと書かれている物件もあるので部屋を決める際は注意が必要です。

8畳でも問題ないと言えば問題ありませんが、キッチン込みなので10畳ほどは欲しいところです。

2DKがおすすめのカップル

同棲の部屋の広さのおすすめはこれ!貯金や生活費はいくら必要か

キッチン周りの広さを抑えつつ、その他に部屋が2つあるので一人の時間が欲しい人や寝室は別にしたいというカップルにおすすめの間取りとなっています。

同棲しつつも自分の生活と恋人の生活を分けるスペースを確保したい方には2DKが良いかもしれません。

家賃は1LDKよりやや高め。

ちなみに私が検索したところ1LDKは新築も多いのですが、2DK以上だと新築物件はかなり減ってしまいました。

せっかくだから新しい部屋に住みたいという人には部屋を探すこと自体が難しいかもしれません。

2LDK以上がおすすめのカップル

同棲の部屋の広さのおすすめはこれ!貯金や生活費はいくら必要か

2LDK以上になってくるとかなり広い印象を受けると思います。

実質部屋が3つあるようなもんですからね!

例えば彼氏が仕事部屋が一つ欲しいという場合や来客用として部屋を使用することも可能です。

メリットも大きいですが、家賃的な負担が大きく、掃除するのが少々手間なのがデメリットかな。

2DKまでなら物件数も多いのですが、2LDKになると途端に物件数が少なくなり、希望の物件と巡り合える可能性も低くなります。

お金に余裕があり、なおかつとにかく広い部屋に住みたい、生活空間を分けてみたいというカップルにはおすすめです。

3LDKとかになるともうファミリー向けです(笑)

私は結構広いところに住んでみたいと思ったので探してみましたがやはり家賃はそれなりに高いですよw

それと新築や準新築の部屋でない場合、一部屋が畳になっている物件が多いのが特徴。

畳がどうしても嫌という場合は必然的に新しく建てられた物件を選ぶことになります。

スポンサードリンク

個人的におすすめの間取り

私もかつて同棲する際にかなり調べたりして悩みましたが、結果から言うと2DKが一番良いような気がします。

2DKなら部屋を分けることが出来るので一緒に住んでいてマンネリしにくい環境が作れますし、プライベートスペースを作ることで「一人の時間がない」といったストレスに悩まされることもありません。

2LDKまでになってしまうと家賃的にも負担が大きく、1DKだと二人で住むには少し狭い。

となれば1LDKか2DKとなりますが、1LDKだと自分の部屋を作れないので一番後悔が少ないのは2DKと言えます。

もちろんそのカップルの中の良さや付き合っている年数によっても変わってくるので参考程度にとどめておいてください。

貯金や生活費はいくら必要か

必要な貯金額

一人暮らしをする際に必要な貯金、初期費用は大体30万円という話を以前しましたが、2人となるとそれ以上かかります。

家賃も光熱費も高くなりますからね。

部屋の広さによって大きく異なりますが仮に東京での同棲と仮定すると・・・

  • 家賃・・・90,000円
  • 敷金・・・180,000円
  • 礼金・・・90,000円
  • 仲介手数料・・・90,000円
  • 火災保険・・・15,000円

家賃90,000円の場所に住むと合計で465,000円かかります。

つまり500,000円ほど貯金があれば同棲が可能ということです。

 

ちなみにこの計算は少々多めに見積もっているので、礼金が0だったり敷金が1ヵ月分だとすると300,000円ほどで済みます。

貯金が多いことに越した事ないですが、部屋の広さで敷金礼金は変わってくるので注意してください。

50万円あればとりあえず問題ないという意味で貯金の目標金額にしてみてください。

必要な生活費用

続いて生活費はいくらかかるのか。

  • 家賃・・・90,000円
  • 光熱費・・・15,000円
  • インターネット代・・・4000円
  • 携帯代(2人分)・・・12,000円
  • 食費・・・40,000円

東京での同棲を仮定した場合合計で最低でも二人で161,000円必要となります。

ここに交通費・交際費などなどかかるので月々二人の所得が200,000円以上ないとちょっときついかもしれませんね。

住む地域や部屋の広さで家賃は大きくことなります。

人によっては二人の生活費が100000円以下で大丈夫な人もいるでしょうし、200000円以上かかっている人もいると思います。

自分達の所得によって住む部屋を見極めてください。

最後に

もちろん間取りや貯金も大切ですが同棲となると入居審査が一人暮らしの時よりも厳しくなる傾向があるようです。

同棲の場合の審査や保証人について

色々と理由はありますが、この入居審査が通らないと住みたい物件には住めないのでもし現在職に就いていない場合は引っ越しまでに取りあえず手に職をつけることも重要です。

契約書類の内容と入居申し込み書記入の注意点

入居審査関連については当サイトでも詳しくまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す