入居してからでも家賃交渉はできるの?交渉の出来る時期とできない時期とは


これまでにもいくつか家賃交渉に関する記事を書いてきましたが、やはり部屋を借りるにあたって一番ネックになるのが家賃ですよね。

住んでいると1ヶ月に1度万札が簡単になくなってしまうので精神的にも嫌になります。

1000円でも安くなれば年間でかなり変わってくるので家賃交渉は成功させたいところです。

今回は交渉の仕方というより、入居後の家賃交渉はできるかどうかという話をしていきたいと思います。

スポンサードリンク

一番家賃交渉しやすいのは入居前

最も家賃交渉がしやすい時期は入居する前です。

これは当然と言えば当然ですね。

部屋を決める時に家賃が思ったよりも高く、悩んでいると営業マンの方から「家賃を下げれないか確認してみましょうか?」と言ってくることもあります。

また、そうでない場合でもこちらから「もう少し安くなりませんか?」と尋ねることで大家側となんとか交渉しようとしてくれます。

実はこの家賃交渉についてはあらかじめどのぐらい下げられるのか大家との間である程度決められていて、電話で確認するのはあくまで確認のためである場合が多いです。

人気な物件は家賃交渉に応じずとも入居者が入るので下げにくいですね。

この辺は営業マンの裁量だったります。

逆に人気のない物件は早く入居させたいので多少家賃を下げてでも入居者を集めます。

家賃交渉をする時は始めからすこし多めに希望を伝えておくことが重要です。

入居前に家賃交渉を行いやすい理由としては「家賃が下がらないようなら他の物件にします」と強気に出ることができるため。

人気のない物件は家賃が下がるって本当?

入居中の家賃交渉はできるの?

実際にすでに契約をしてしまった後で家賃を下げられないか交渉するのはかなり難しいです。

契約に合意してしまっている以上、もし大家が家賃交渉に応じなくても「すでに入居してしまっているし、退去した方がお金がかかるから大丈夫」と思われています。

実際、こちらも例えば入居3ヶ月で家賃下がらないから退去するか、とはなりませんし、初期費用や引っ越し金額を考えると損でしかありませんからね。

基本的に入居中の家賃交渉は難しいと考えておいてください。

ただ、100%できないというわけではありません。

契約というのはお互いの合意の上のものなので、例え一度契約を結んでいたとしても再契約をすることは可能です。

家賃交渉でいくらまで下げられる?

入居中でも家賃交渉しやすい時期がある

ただ、入居中でも唯一家賃交渉を行いやすい時期というのは存在します。

それが【契約更新】の時期です。

通常賃貸物件は2年毎に契約更新をします。

入居してから2年経つと契約を更新するかどうかの通知が送られてきて、更新する場合は火災保険料や更新するためのお金が必要になってきます。

通常よりも少しお金がかかると思っておいてください。

だからこそ多くの人はこの更新日を境に引っ越しをしようと考えます。

大家から見れば引っ越さないで更新して欲しいというのが本音です。

また、契約が一度切れるので改めて家賃の交渉を行いやすいという面もあります。

この時に「引っ越そうか悩んでいるんですが、家賃を下げてもらうことはできませんか?」と交渉を持ちかけてみてください。

ダメ元で交渉を持ちかけてみて上手くいけばそのまま住むもよし、だめだったら本当に引っ越してしまうというのもありです。こちらに一切の損はありませんし、場合によっては得できるかもしれないので一度やってみることをおすすめします。

ちなみにこの交渉にも人気物件かそうでないかによって交渉成功率は変わってきます。

スポンサードリンク

入居中に自分の住んでいる物件の家賃を調べてみよう

あまりやる人はいませんが、もし家賃交渉をするのであれば一度自分が住んでいる物件の家賃を調べてみましょう。

やり方は至って簡単です。

ネットで自分が住んでいる地域名やアパート・マンション名を入力するだけです。同じ物件内で空き室があれば必ずヒットします。

自分が何年もそこに住んでいるのであれば他の部屋の家賃価格が下がっている可能性があり、もし仮に下がっていたとしたらこれは交渉材料になります。

「他の部屋の家賃が下がっているようなので私が住んでいる部屋の家賃を同じにしてもらえませんか?」と言ってみると良いでしょう。

隣人トラブル等を利用する

入居中に家賃交渉を行う方法は他にもあります。

例えば住んでいる部屋の隣がバカみたいにうるさくて困っている場合。

交渉する前に何度か管理会社に連絡をしておき、「夜寝れなくて困っている」ことを伝えておきましょう。

こういったトラブルが原因で部屋を出ていってしまう人も実際はかなり多いのでこのトラブルを逆手に取り「あまりにも迷惑なので家賃を下げてもらえませんか?下げてもらえるようであれば引き続き住まわせてもらいます」など交渉を持ちかけてみるのも一つの手。

騒音でなくとも、迷惑になる行為が多発している、部屋のトラブルが多いなども交渉のきっかけとなります。

家賃が下がることを期待しない方が良い

色々と家賃交渉の仕方について紹介してきましたが、基本的に大家は家賃を下げることを嫌います。

下げてしまえばその分単純に大家が手にするお金も少なくなってしまいますからね、それは嫌ですよね。

特に入居中の交渉というのはほとんど応じてもらえないことの方が良いと思っておいた方がいいですね。更新日は別ですが。

あまり期待せずに可能性があるなら持ちかけてみるというスタンスで行ってみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す