シェアハウスと一人暮らしの契約の違い!入居審査や初期費用・退去費用はかかるの?


個人的には一人暮らしは気楽で好きですが、お金がなかったり寂しがり屋の人にとってはシェアハウスを選択するというのも一つの手です。

シェアハウスは基本的に何人かと同じ屋根の下で共同生活を強いられますが個別の部屋があったり、最低限のプライバシーは守られるので慣れるとこちらの方が良いという人も結構います。

一人暮らしで部屋を借りるには入居審査があり住むにしても初期費用がかかったり割と大変です。

その辺シェアハウスはどうなのか、今回は契約の違いについてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

シェアハウスの初期費用について

入居審査後にキャンセルは出来ない?違約金や審査後の家賃交渉について

通常部屋を借りる際には必ず初期費用というものがかかります。

具体的には以下。

  • 前家賃
  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 鍵交換費
  • 事務手数料
  • オプション料
  • 保証会社利用料等

大体家賃6万円の物件に住むとしたら最低でも20万円~30万円ほどかかると言われてます。

この金額は正直かなりの額なので簡単に引っ越しすることも出来ないのが一人暮らしの現状です。

さてここからが本題。

シェアハウスの場合にももちろん初期費用というものはかかりますが基本的に敷金・礼金・仲介手数料はかかりません。

実質的に必要になってくるお金は引っ越し代金と前家賃のみとなるので一人暮らしと比べると相当安く住むことが出来るのが魅力です。

もちろんシェアハウスの物件全てがそうであるというわけではありませんが、大体物件の8割ほどはこの体系になっています。

シェアハウスに住もうとする人の多くはお金に困っている場合が多いので当然と言えば当然ですね。

一人暮らしの初期費用内訳詳細はこちら!

家賃はどのぐらい安い?

家賃

当然ながら一人暮らしをするよりもシェアハウスの方が家賃も安いです。

シェアハウスというのはリビングやお風呂場、トイレは共用となっており、部屋の一つが個室として自分にあてがわれている感じです。

イメージとしては実家の感覚に近いかもしれません。

住む場所によって家賃はことなりますが、今回は東京の池袋を例にとってみましょう。

まずは賃貸(一人暮らし)の場合。

ホームズの賃貸相場データによると一人暮らし(1R・1K・1DKのアパート&マンション)の相場は8.94万円!

実際はここまで高くないような気がしますが、それでも7万円ぐらいは平気でかかります。

一方、シェアハウスの場合は家賃相場サイトがなく正確なデータはありませんが見たところ5万円~6万円前後です。

※検索サイト「イーゲストハウス」等参照

ものによっては4万円台という物件も見つけることができました。

シェアハウスも普通の物件と同様に駅からの距離や部屋自体の広さ、古さによって値段は結構変わります。

比較すると家賃は軽く2万円以上の差があることがわかります。

そのぐらい一人暮らしとシェアハウスでは家賃に差があるということです。確かに不便な面も多いシェアハウスですが人と住むのに抵抗がなく、お金を貯めたいという思いがある人にとってはかなりおすすめです。

スポンサードリンク

入居審査はあるの?

無職が入居審査を通りやすくするための7つのテクニックと2つの予備プラン

シェアハウスの場合でも当然ながら入居審査はあります。

しかし、これも普通の賃貸物件とは少し形態が異なります。

簡単に言えばシェアハウスの入居審査は簡易的で緩いです。

多くの場合は大家や管理会社と面談を行い、家賃が払える能力があるかを見たり人柄を見て決めます。

入居申し込み用紙を記入する際に年収や職業なども知られることになりますが、例えアルバイトしかしていないフリーターでも平気で入居することは可能です。

これがシェアハウスも魅力でもあります。

シェアハウスの場合は正社員よりもフリーター等、収入が安定していない人の方が多く集まります。

例え現在無職であっても貯金があり、今後どのように収入を得ていくのか面談で伝えることが出来れば入居審査は通ります。

シェアハウスで入居審査に落とされる例は実際あまり耳にしません。

退去費用はかかるの?

入居日や退去日が中途半端な日付だと家賃は日割り計算?それとも月割?

一人暮らしの場合は部屋を出る時にクリーニング代(退去費用)というものがかかります。

相場は約3万円前後です。

シェアハウスの場合は物件によりけりですが入居時にデポジットという名目でお金を徴収しておいて退去時にそのお金をあてがうことが多いそうです。

また、入居して数ヶ月以内の退去に違約金が発生するものの、それ以降はいつ退去しても退去費用を請求されない場合もあります。

いずれにしても一人暮らしの退去費用よりは安いのでそこまで心配する必要もないかと思います。

一人暮らし・シェアハウスどっちがいいの?

お金の面や精神面等を考えると完全に一人暮らしをした方が良いと思います。

しかし、実際お金に困っていたり職業的に一人暮らしの入居審査が通らなそうという人にとってはシェアハウスは超おすすめ。

というかそれ以外に選択肢はありません。

シェアハウスで住所を確保しつつ、お金がちゃんと溜まったら改めて一人暮らしをするという流れが良いと思います。

初期費用もほとんどかからず、家具は備え付け、光熱費もかからないので共同生活が苦でなければシェアハウスは最高だと思います。

逆に、人見知りで他の人と仲良くできる気がしなかったり、自分だけの生活空間が欲しいという人にとっては苦痛しかないので普通に一人暮らしをした方が良さそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも参考になれば幸いです。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す