一人暮らしの部屋を探す最適な時期・タイミングはいつ?安く借りたいなら必見!


一人暮らしの部屋を探す最適な時期・タイミングはいつ?安く借りたいなら必見!

一人暮らしを始めるきっかとなるのは、大学に進学したり、社会人になったり、急な転勤だったりと様々です。

タイミングは基本的に自分で選ぶことができませんが、引っ越しの時期に最適なタイミングあることはご存知でしょうか?

今回は部屋を探す最適な時期やタイミングはいつなのかご紹介します!

スポンサードリンク

一人暮らしが多い時期

まずは世間的にどういうタイミングで一人暮らしをする人が多いのか見ていきます。

1.大学進学

大学に進学が決まり春からいよいよ大学生になる。

大学というのは地方から都内の学校に通う方も多いので、交通の便を考えると一人暮らしをするという方が多いでしょうね。

時期で言うと3月頃から部屋を決めるという方が多いみたいです。

私の場合は大学に入って入居したのは5月でしたが、これは少数派なようです。

大学に入る前にあらかじめ一人暮らしをしておいた方が準備等を考えると良いのでしょう。

また、地方から都内近辺に引っ越す人も多いので当然ながら入学前に入居することになります。

大学生の一人暮らし!親からの生活費の仕送り額は平均いくら?

2.新社会人

大学でたとえ一人暮らしをしている人であっても会社との距離が遠かったり、もともと寮にいる人の多くは大学卒業とともに引っ越します。

大学の時と同じ場所に住んでいるという方は全体の1割にも満たないのではないでしょうか。

こちらも同じく3月頃から多くの方が引っ越しの準備を始めます。

ちなみに入居審査では「内定証明書」の提示を求められることがあり、申込書にはその会社に入った場合の推定年収を明記します。

内定証明書がない場合は収入見込みの証明ができないため、部屋を借りられない可能性もあります。

賃貸契約の審査時に職業や年収など嘘の申告をすると・・・

3.転勤・同棲など

唯一引っ越しの時期があいまいなのが転勤や同棲。

転勤はともかくとして彼女や彼氏ができて一緒に住むということになった場合、引っ越しのタイミングは自分達で決めることができます。

このほかにもフリーターなども同様にいつ一人暮らしを始めるかを決めることができます。

同棲の審査は通常よりも厳しいということが言われていますがこれはもし破局したときのことを貸主が心配しているため。

同棲=広い部屋=家賃が高くなるので審査が厳しくなるのは同棲するからというよりは家賃が高くなるからという認識が正しいです。

ちなみに一人暮らし用の物件で同棲をすることは規約上NGとなっていますが、世間的にはそういった形で同棲する人も多いです。

大家に内緒にしていてそれが仮にばれてしまったとしても夜騒いで隣人に迷惑をかけたり、家賃を滞納していなければ文句を言われることは滅多にありません。

同棲予定の場合はこの辺のページも参考にしてみてください。

4.契約更新の時期

基本的に賃貸物件は2年毎に契約更新の時期が訪れます。

契約更新は特に再審査は必要ありませんが、新たに家賃1ヶ月分と火災保険料が余計に請求されるため、これを機に引っ越す人も非常に多いです。

引っ越す時期が1~3月に集中しており、ちょうど契約が切れるのもこの時期になるため不動産屋にとって1~3月は繁忙期です。

ちなみに引っ越し先の申込書には引っ越し理由を明記する部分がありますが「契約更新時期のため」と理由を書くのがベストです。

大家が2年契約満了後に更新拒絶することはできるの?

スポンサードリンク

最適なタイミングはいつ?

部屋を探すにあたっていつが一番最適な時期なのか。

上記で示したことを踏まえるとやはり1月~3月頃は同じように部屋を探す人が多いので出来たら避けるべきです。

 

多くの人が不動産仲介業者を頼るということは同時に部屋の取り合いにもなります。

仲介業者はそこまで努力することなく契約させることができるので、基本的にあまり親身になってくれません。

例えば、部屋探しと言えば家賃交渉が出来ることでもお馴染みですが、このピークの時期、つまり3月に家賃を交渉することはほとんど不可能です。

実際私もなんとか頼み込んでようやく1000円負けてもらえたぐらいです。

 

いい物件もすぐに取られてしまったり、考える時間がなく、物件選びに失敗する可能性も高いといえるでしょう。

 

では、逆に一番空いているのは?

データによると1年を通して一番客足が途絶えるのが5~7月頃。

ピークを過ぎてみんな部屋を決めてしまったのでほとんどこの時期に部屋を決めるという人はいません。

しかし、これはかなりのチャンス!!

向こうにとっては契約がしずらいということは、逆に言えば来る客を何としてでも契約させたいという気持ちがあります。

家賃交渉にはすんなり応じてくれますし、良い物件も次々と提示してくれます。

この時期に家賃交渉をすればピーク時の3倍は値切れると思ってください。

家賃交渉の仕方については別の記事で説明していますのでそちらを参照してください。

これを踏まえると閑散期である5~7月に引っ越すのがベストと言えそうですが残念ながら同時に物件数も少ないので希望に合った物件が見つからない可能性も高くなります。

1~3月は繁忙期となりますが、入れ替えが激しいので物件情報も1年間で最も多いです。

以上のことを踏まえると個人的には12月から探し始め1月~2月上旬に引っ越すのがベストだと思います。

長くなってしまったので最後にまとめます。

【家賃交渉をしやすい時期】

  • 5~7月

【最悪なタイミング】

  • 3月

【物件数が最も多い時期】

  • 1~3月

【ベストなタイミング】

  • 12月~2月

否応なしに引っ越しのタイミングが決まっている方はどうしようもないかもしれませんが、少し時期をずらすだけでいい物件に巡り合え、家賃を抑えることにも繋がるので是非参考にしてみてください。

効率的に部屋を探すには?

部屋を探す時に一番面倒なのがネットで自分で探していて空き室か問い合わせたら空き室、でも実際店舗に行ってみると「埋まっている」と回答されることです。

実際私も何度も経験がありますし、おとり物件っぽい物件情報も多数出回っています。

スーモやホームズ等の不動産情報サイトを利用すると必ず空き室確認できるようにページが作られていますがこの空き室情報はあまり信用しない方がいいです。

それよりはイエプラやイエッティ等の中立の立場にあるサイトを通じて空き室確認するのが結果的に効率的に部屋を探せます。

イエプラというのはネットで部屋を探してもらえるサービスで、空き室確認、家賃交渉等もチャットを通じて行うことができます。

イエプラの仲介手数料は?口コミや評判が本当か実際に使ってみた感想まとめ

イエプラのホームページへ

利用は全て無料ですし、URLを送るだけで空き室を確認して貰えるのでこういったサービスを利用するのも一つの手かと思います。

イエプラを実際に使ってみた感想まとめ

参考までにどうぞ。

おすすめコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す