一人暮らしするにはいくら貯金が必要?部屋を借りる最低貯金額の目安


最近一人暮らしをしていてコツコツと貯金をし始めているわけですが、やはり実家と違って一人暮らしだと貯まりにくいですね。

通常部屋を借りる時には初期費用や生活費を考えるとある程度の貯金がないと一人暮らしはできません。

もちろん現在の職業が社会人なのか学生なのか、フリーターなのか無職なのかにもよって必要な貯金額って違ってくると思います。

そこで今回は一人暮らしするのに必要なお金の目安について細かく解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

初期費用ってどのぐらいかかる?

部屋を借りるとなった時にまず最初に心配しなければならないのが初期費用です。

これはどう頑張ってもかかるお金なので最低でもこのお金がないと部屋を借りることができません。

一般的な賃貸物件の初期費用の目安は家賃の5ヶ月分~6ヶ月分と言われています。

例えば家賃7万円の物件なら35万円~42万円ほどです。

ただ、実際に私が契約した物件で家賃6ヶ月分取られたことはありません。

初期費用を10万円以下に徹底的に抑える方法とは?

だいたい目安は4ヶ月分ほどで最大でも5ヶ月分あれば一人暮らしの場合は問題ないかと思います。

初期費用は前家賃、敷金、礼金、仲介手数料、火災保険料等が含まれています。

詳しい内訳や解説については「都内で部屋を借りるといくらかかるのか」を参考にしみてください。

初期費用=契約時にかかるお金と考えてください。

家具・家電の購入代金は含まれません。

家具家電一式そろえると大体いくらかかるか計算してみた

都内、もしくは都内にアクセスの良い地域で一人暮らしをすると家賃は平均で7万円前後。

つまり必要な貯金額は28万円~35万円ほどあれば最低限問題なく部屋を借りても良いでしょう。

ただこれは職についている場合ですので無職や定職についていない場合は家賃が払えなくなるのでもっと必要になってきます。

スポンサードリンク

フリーターやフリーランスの場合の必要貯金額

社会人の場合は上記のような初期費用さえ持っていれば後先考えなくても一人暮らしを検討して良いでしょう。

しかし、フリーターやフリーランス(自営業)の場合は事情が少し変わってきます。

定職についていない場合は安定した給料が得られないことが多いので家賃が突然払えなくなる可能性も考慮しなければなりません。

初期費用を全て払った状態で家賃の半年分ぐらいは余裕を持っていた方が不安もなく部屋を借りることができるのでおすすめ。

家賃が7万円だとすれば初期費用約30万円+42万円=72万円前後あると安定します。

実際、社会人ではない場合は審査の時に現在の貯金残高について聞かれることもあります。

この時に初期費用しかないのでは審査は通らないと思っておいてください。

自営業やフリーランスが部屋を借りるには?

現在職がない(無職)の場合の必要貯金額

無職の場合は収入がないので当然ながら必要になってくる貯金も他とは違いかなり多いです。

目安は全て込々で家賃24ヶ月~25ヶ月分が必要ということが言われています。

これは単に生活に不安があるからということではなく、そもそも貯金がないと部屋を借りられないというのが大きいです。

審査が通らなければ元も子もありません。

家賃7万円なら初期費用30万円と合わせて168万円前後あれば審査が通ることが多いです。

もちろん同じ家賃でも物件によって管理会社や保証会社は異なるため審査基準は変わってきます。

168万円と聞くとかなり膨大ですが、収入がない以上は大家側も家賃滞納を恐れるので審査が通らない理由も納得できるかと思います。

ちなみに本当は無職ではなくフリーランスで活動していて収入を証明できないという人もこれに当てはまります。

仮に家賃5万円でも125万円ですからね、元々働いていた人ならまだしも20代の若者にとってはかなりの大金です。

賃貸契約審査でアリバイ会社を利用すると?

貯金=不安を解消するもの

これは一人暮らしに限った話ではありませんが、部屋を借りていると毎月一気にお金が減ってきてしまいます。

貯金ギリギリで一人暮らしをしようとすると最初は良いにしても精神的に良くないので、その結果ストレスも溜まりやすくなります。

私は性格上かなり慎重派なので「もしお金が稼げなくなったら」ということを考えると上記に挙げたような金額は最低限欲しいと思っています。

お金に固執しないのはいいことですが、一人暮らしは苦しい生活をしてまでするものでもないのでしっかりと計画を立て、自分の目標金額を貯金してから部屋を借りることをおすすめします。

あくまで上記に挙げた金額は目安であり、人によって異なりますし、物件によっても審査が変わるので参考程度に見て頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す