リフォーム・リノベーション済みの賃貸マンションは築年数が古くても本当に大丈夫か調べてみた


部屋を探す時に誰しも思うことですが、内装が綺麗で駅からなるべく近く、部屋は綺麗で快適な物件にできれば住みたいですよね。

ただこういう物件は基本的に家賃が高くて借りる際にはちょっと手が出しにくいのも事実です。

そんな中でも内装がリノベーションされていて家賃が比較的低い築年数の経っている物件はちょっと魅力的に見えますが、実際のところ本当に大丈夫なのか色々と調査してまとめてみましたので参考にしてみてください。

スポンサードリンク

リフォーム・リノベーション物件の違い

明確な違いについて言える人は実際少ないと思いますが、リフォームとリノベーション物件は微妙に意味合いが異なります。

リフォームとは建物を新築の状態に戻すことを基本としています。例えば入居者が2年住んで退去した時に老朽化した部分の工事を行うのはリフォームです。

古い建物の場合、例えば1970年の物件はその当時の新築に戻すという意味合いになるのでリフォーム済だからといって現在の新築とは全く異なるので注意しましょう。風呂釜とかキッチン部分とかいくら戻しても古さは感じてしまいますからね。

リノベーションとは大規模工事をすることによりその物件を新築以上の状態にすることを言います。

先ほど挙げた1970年の物件の風呂場やキッチンを2017年の最新のものに変えたら、これはもうリノベーションです。

つまり、物件を探した時にリフォームと書かれているよりはリノベーション済みと書かれている方が良いというわけです。

基本的に築年数が30年以上の物件はリノベーションされていることが多いのであまり気にする必要もないかもしれません。

正確にはリノベーションは一度部屋内の壁とかを取っ払った工事を行うものらしいのですが、不動産業界での使われ方は上記が多くなっています。

例えばリノベーションと書かれているのに押入れはそのままの状態とか、壁部分は建設当時のままとかになっているなら正しくはリフォームということです。

この辺はマメ知識程度なので覚えておく必要はないかもしれませんね。リフォームよりもリノベーションの方が凄いということだけ覚えておきましょう。

リノベーション物件の気になる疑問

実際に住むにあたっていくつか気になる部分があったのでまとめてみました。

1.配管は古いまま?

いくら見た目が綺麗になっていても見えない部分も工事されているかというとちょっと疑問が残ります。

生活にかかせない水道水、もっと言えば配管部分って工事が難しそうですよね・・・

表面的なクロスやフローリングなどはピカピカにきれいになっていても、設備配管はそのまま、という物件は決して珍しいことではありません。

参照元:Yahoo!不動産

配管が古ければ、うがいをしたりお米を炊くときに使う時にも抵抗感があるのでかなり嫌ですが、管理がしっかりしている物件の場合は15年ほどに1度修繕工事等を行うそうです。

また、水質に関する検査は定期的に行っているのであまりにも酷いということは日本ではほぼないと考えて良いでしょう。

法廷検査で、水質を維持する義務がマンションの管理組合や賃貸なら大家さんにありますので、受水槽の清掃は、しているはずです。

参照元:Yahoo!不動産

築年数が古い物件の何が問題かというと平成年の物件との技術の差。

平成に建てられた物件は配管が錆びるような素材は使わないのだとか。

2.古い物件は虫が出るって本当?

個人的に一番気になっていたのはこの部分です。

虫嫌いにとっては一度でも虫は見たくないものですが古い物件=虫が出やすいというイメージはどうしてもぬぐえません。

マンション・ラボが調査したアンケート結果によると、確かに築年数が古くなればなるほど虫の出現率が増えることが判明しています。

しかし、築10年程度の物件と築40年以上の物件の虫出現率が同じなので、めちゃくちゃ多いというわけでもなさそうです。

しかもゴキブリの出現率はそこまで高くないので虫を懸念して古い物件を選択しないというのは間違いかもしれませんね。

もし本当に虫が無理なら新築物件がおすすめ。それ以外は割と変わりません。

木造アパート<鉄筋コンクリートマンション、低層階<高層階。

1階に飲食店が入っているような物件はかなり虫の発生率は高いので選ばないようにしましょう。

住人が多い集合住宅、団地は当然発生率も増えます。

部屋の虫よけ対策グッズ総まとめ

3.防音性はどうなの?

古い物件のマンションの場合は鉄筋コンクリートが圧倒的に多いです。

逆に少し1990年以降だと鉄骨造のマンションが増えています。

鉄筋コンクリートと鉄骨造は防音性に雲泥の差があるので注意してください。

ちなみに壁がコンクリートの物件は、古い物件が多いです。
これは、技術の進歩により、壁をコンクリートで埋めなくても建物の耐震性等がクリアできる建築技術ができたからです。

参照元:Yahoo!不動産

古い物件は防音性もしっかりしています。ただ、壁はともかくとして床面は昔の施工方法により通常よりも薄かったりするそうなので一長一短かな、とは思います。

とりあえず鉄筋コンクリートマンションなら他の構造よりも確実に防音性は高いので選択としては間違っていません。

鉄筋コンクリートマンションに実際に住んでみた結果

スポンサードリンク

内見時のチェックポイント

やはり築年数が古いということはそれだけ慎重に選ぶ必要があります。内見でチェックしておきたいポイントについてまとめておきました。

  1. キッチン下の給排水管(ビス止めされているがドライバーで開けられる)
  2. 窓部分の開閉(古いと開閉がスムーズでない場合がある)
  3. エアコンが新しいかどうか
  4. 水回り部分が綺麗かどうか

1に関しては配管が古いかどうかをチェックする唯一の方法です。ただ、こんなことをしなくても不動産の方に聞いてみるだけで確認してくれますので面倒ならやる必要はありません。

3に関しては虫の出現率と電気代に関わる問題です。

虫はエアコンの通気口等から侵入することがよくありますし、古いエアコンは異常に電気代を食います。やはり新しくなっていた方が安心です。

最後に4ですがこれは一目見れば新しいかどうかは判断できるかと思います。

リノベーションの際に一番お金のかかるのがこの水回り、具体的にはキッチン部分と風呂場部分です。

特に古い物件だと浴槽は四角で配管はむき出し・・・なんてこともあるので個人的には結構気になるところです。

しっかりと水回りにもお金をかけてリノベーションされている物件というのは=管理も行き届いていることが多いので今後の問題にも関わってきます。

最後に

古い物件は敬遠されがちですが、だからこそ家賃も相場よりも1万円以上安かったり結構掘り出し物件です。

見つけたら写真だけで判断せずにしっかりと内見を行い、気になる部分は積極的に不動産の方に質問してみると良いでしょう。

内装がフルリノベーションされてるならねらい目です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す