複数の物件を問い合わせるのは間違い?1つの不動産で複数件の内見は可能?


部屋を借りるまでの方法は店舗に直接行ったり、ネットで問い合せ→内見申し込みなど色々とあります。

ネットで検索して問い合わせる時ってだいたい複数件候補がある場合だと思いますが、実際これをやるとかなり面倒なことになります。

私も部屋探しでやってしまったことのある失敗ですのでその改善策について具体的にご紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

ネットで複数の物件を問い合わせるとどうなるのか

基本的に物件というのは大家がいて、それを管理している不動産、もしくは仲介業者がいて私達の元に「こういう物件ありますよ」という感じで紹介されています。

A、B、Cの物件があったとしたら同じようにa、b、cの不動産が存在します。

部屋を探している時って大抵候補をいくつかに絞って複数件内見の申し込みを行いますが、単純にこの物件全てを問い合い合わせようとすると面倒なことになります。

物件問い合わせaa

A物件はaの不動産で内見、B物件はbの不動産で内見、C物件はcの不動産で内見・・・といった感じに全ての物件を別の不動産で行うのでメールとか電話とかも含めかなり手間がかかります。

ただこれはよくある失敗例ですがもちろん改善策もあります。

スポンサードリンク

基本的に全ての物件はどの不動産でも紹介できる

意外と知らない人も多いと思いますが、基本的にネットに出ているような物件はどの不動産でも紹介できることが出来る仕組みになっているのが不動産業界。

難しいことを説明しても意味ないので省略しますが、不動産というのは大元のデータベースがあり、そこに全ての物件情報が集まるようなシステムがあります。

物件のデータベース

不動産屋がパソコンでカタカタして検索しているのはこのデータベースにアクセスしているため。ちなみに不動産屋のみ使用することが出来るので一般人が勝手にアクセスすることは不可能です。

「他社の物件も紹介できます!」というのはこういう構造があるためです。

ただ、先ほど「基本的に」と付け加えましたが当然紹介することの出来ない物件も存在します。

それが【専任媒介】という契約形態の物件。

専任媒介というのは簡単に言うと「契約した不動産以外は紹介しちゃだめですよ」というもので、部屋を借りる私達にとって意味はありませんが、不動産にとっては他社に人を取られないので安定して利益を確保することができます。

もう一つ契約形態の【一般媒介】というのはこの逆でどの不動産でも紹介することが可能な物件です。

ほとんどの物件は一般媒介で中には専任媒介もあるという認識で良いと思います。

物件情報に契約形態について書かれている場合があるので、部屋探しの際は念のためチェックしておくと良いでしょう。

効率よく問い合わせを行う

冒頭でも挙げた通り、一つ一つの物件に別々の不動産を利用するのは効率的ではありません。

まず1つの物件について問い合わせを行ったらその不動産から連絡が来るので「他にも見たい物件がいくつかあるんですけど・・・」と伝えてみてください。

その後、URL等をメールに記載して空き室かどうか確認が取れれば複数の物件でも1つの不動産でスムーズに内見することが出来ます。

不動産を選ぶ基準ですが、値段を重視するならいい部屋ネットやエイブルに紹介してもらうのが良いでしょう。

理由は仲介手数料が安いからです。エイブルの場合は全て家賃の半分でいい部屋ネットは0~50%です。

仲介手数料1ヶ月取る不動産は「結局オプション代とかで持ってくから意味ない」なんてことを言ってきますが苦しい言い訳です。

アドバイスを貰いながら部屋探しをしたいなら

不動産の選び方としてはサービス重視か費用重視かによって変わってきますが、こちらの立場でちゃんと考えてくれる不動産は少ないです。

相手も仕事ですから仕方のないことですが、どこも契約させようさせようと必死。審査が通りにくそうなら契約できないとみて適当にあしらわれることもあります。

そういう意味合いで今現在しっかりとこちらの立場になり、アドバイスやサポートを行ってくれるところはイエプラです。

イエプラはネットで専門スタッフに部屋を探してもらうサービスで、基本的にチャットでやり取りすることになりますが家賃交渉にも積極的で審査に通るか相談に乗ってくれたり、通りやすい物件を探してくれたりします。

イエプラを実際に利用してみた感想まとめ

全て無料で利用できますので何か気になることがあればこういうサービスを利用してみるのも一つの手です。

イエプラのホームページはこちら!

ぜひ参考にしてみてください。

その他の一人暮らしコラム

スポンサードリンク

トップページへ

人気のページはこちら!

コメントを残す